電撃文庫MAGAZINE 2019年3月号 感想

ご無沙汰しております。
前回の入間の間の更新日はKHⅢの発売日と被っていたので大事を取ってお休みしました。
最高オブ最高だったって話はまたどこかでするとして、今回は入間の間2回分の更新と電撃文庫MAGAZINE 2019年3月号の感想です。

2019年1月25日(金)
年が明けたぜ!


 今度こそ。
 明けましておめでとうございます。
 年賀状送って頂いた方、ありがとうございます。
 引っ越してもう少し経つと一周年なのですが、未だに家の住所を覚えていません。迷子になったとき困りますね。外あんまり歩かないけどね!
 そんな感じで元気ですこんにちは。
 安達としまむらガンガン書いてます!嘘ですすいません今は書いてません。
 ただ先に言っておくと8巻は最終巻ではありません。もう少し続きます。
 よろしくね。
 あと雑誌に連作短編も載せますのでよろしくお願いします。登場人物がもれなく不安定なラブコメです。安定していたらただのラブですからね。それはそれで素晴らしいですね。でもそんなことにはならない。最初は普通ですが、すぐにおかしくなります。まるで書いてるやつの精神状態そのままだ。
 宣伝くらいしか現状書くことないぜ!
 いえもう少し経てばまた書くことも出てくるはずなんですけど……。
 それと短編書きました。簡単な話にする予定だったのですが少し長くなりそうなので前後編となります。今回は前編ね。後編は次の更新です。
 そんなこんなでした。ではまた。

さらっと8巻が最終巻ではないと重大発表されてますね。
う~ん、ぽんぽん出してくれるならいいんですけど、またず~っと待たされるくらいなら早めに締めてほしいところではあります。
9巻以降どれだけ続くかわかりませんが、みーまー超えも視野に入って来ましたね。

今月の電マガで連作短編第一話読ませて頂きましたが、まさに不安定なラブコメでした。
個人的には登場人物というか展開が不安定だなって思いましたけど。
これがいるまんの精神状態だとしたら結構ヤバイ気がしますです。

2019年2月8日(金)
こないだ


 免許更新のためにやむなく、何年かぶりに洋服を着たんですよ。
 信じられないくらい辛かったです。
 肌と服の間に余裕がないわ、くそ熱いわ、と自由のすべてを失った気分でした。
 みんなよくこんなの着て生活してるな! と本気で思ってしまいました。
 それと浴衣よりすごく熱いし、なるほど洋服が流行ったわけだと実感しました。
 私は一体何時代から来たのでしょう。
 そんなこんなでこんにちは。
 書くことがないということは平和ってことですね。
 最近はアレやったりこれやったりしています。
 そうした細々としたものをこなして、いつの日にか良い知らせをお届けできるといいですね。いやいつかっていうか、今年中の話なんですけど。
 いいことあるんでしょうか。ええ多分あります。なかったらやってられませんね。
 それとすっごく久しぶりに打ち合わせに呼ばれました。
 呼ばれましたというかこれ書いてるときはまだ行ってないんですけど。
 会社の場所わかんねぇ!忘れた!電車乗るの一年くらいぶり!と楽しい要素満載です。
 イエーィ。
 あと短編の後編です。こんな感じの緩いやつを一冊年内に出せるといいですね。
 ではまた。

免許更新に浴衣で行っちゃいけないんですか?(素朴な疑問)
まぁ、TPOを弁えるのも大事ですもんね。
相変わらずユカティスト(ねぇよそんな単語)として日々過ごされているようで嬉しい限りなんですけど、いるまんそのうちハルくん(甥っ子)に「ひとまおじさんはなんでいつもおまつりのかっこうしてるの?」って言われる日が来そうですねっ!
もしかしたらもう来てたりして笑

一年ぶりってことは引っ越してから初めてな感じじゃないですか!
せっかく近くなったのにあんま意味ねぇ!
でも、今回はすぐ着くので余った時間でブラブラできますね!
あ、私は無駄にブラブラするくらいなら早くお家に帰りたい派です。

・ねことほし・前編・後編
本当緩い感じでした。
突如長田君とかいう謎すぎる宇宙生物が出てきましたが、また別の作品か何かで再登場しそうな予感。
繰り返しになりますが、エリオがちゃんと母親してるのを見るとなんか嬉しくなりますね。
denmaga66.jpg
・海とカナリア 第1話『ラブコメサイコォー』

不登校の女子小学生と一緒に学校をサボって海で遊んだり水族館でデートしたり。
親戚でも兄妹でもない。
組み合わせとして、やや不適切?

ある日、鯨の死体が流れ着いた海辺の町で二人を取り巻くのは他愛のない日常か、それとも……。

第1話としては最高の滑り出しなんじゃないかと思います。
城ヶ崎君(小学五年生)マジかわいい。
すごく続きが気になるので今度こそ間を空けず連載してほしいです。
つくぐさんのイラストもびゅーちほ。
今後にめっちゃ期待できるので、これは近いうちにちゃんとした感想を書く予定です。

・あとがきがわりに……「冬の時期あるあるでひと言」でひと言
ひと言でひと言て、重複しとるやないかーい!

静電気の季節! ですね!(タイトル言いたかっただけ)
季節で一番冬が好きですけど、寒いのは苦手なので手放しに好きとは言い難いんだよなーってのは常々思います。
好きだからってそのすべてを肯定しているわけじゃない、好きだからこそ受け入れられないこともある、そういう一括りにできない複雑さが私は好きです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2019.02.10(Sun) PageTop

俺たち、10歳になった。

あけましておめでとうございます。

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。
新年早々めっちゃ長文でめっちゃ嬉しいんですけど、長すぎるので今回は小分けにしていこうと思います。

年が明けました


 まぁこれ書いているのクリスマスなんですけどね。

あけましておめでとうございます。
次回更新分もちゃんと書き上げておくとは流石プロ(?)

 東京に近くなってしまったので、お年玉を渡すことが避けられなくなってしまいました。

お兄さんは首都圏住まいっぽいですね。
いいじゃないですか、可愛い甥っ子にお年玉上げられるなんて。この幸せ者め!

年末はFFTAを遊び直していました。

FFTAは積んでるんですよね……タクティクスオウガにドハマリしたのでやったら絶対めちゃくちゃ時間吸われるので中々手が出せないでいます。

 主人公のマーシュ君はすごいやつですね。
 彼だって現実に不満がないわけじゃない。思うところはたくさんある。
 それでも世界を元に戻そうとする。
 欲しいとイヤだだけではどうにもならないと、嫌になるほど分かっているからなんですね。

なんかすごい含むところのあるコメントに聞こえます。
人生、嫌なことがあっても、ある程度は不満抱えて生きてかなきゃいけませんもんね。

 さて早速本出すぜ、と言いたいのが諸々の事情もあって新刊を出せるのは春頃になりそうです。すみません。

イラストレーター変えればよくないですか? 白身魚さんも忙しいですかね?
こういうところで(原稿を既に書き上げた)入間さんが謝らざるを得ない状況になってるのがすごく気に食わないです。

その間にも、つまりナウに別の書いていますので、途中から刊行数が増えていくと思います。ので、少しだけお待ちください。

別の=佐伯パイセンのことかなと思いましたが、

 今年は主にアレとコレを出していくことになると思います。
 なんて書いていたらもう発表されていた……はい、安達としまむらとやがて君になるが出ます。どちらも少し暑くなる頃にはお届けできると思いますので、よろしくお願いします。やがて君になるは引き続いて佐伯先輩が主人公です。どうなるんでしょうね。

ここでどうなるんでしょうねと発言しているのでまだ書き始めていないっぽいですね。
全く別の作品だったら嬉しいですし、刊行数も加速度的に増えそうですね!

 とりあえず、望まれて続編が出るっていうのは素晴らしいと思います。

ええ、本当に(深々と頷きながら)

 そしてそれを手に取り、目にしたその日がいつもより少し楽しい一日となったのなら、それ以上に幸せなことはないと思います。
 誰かの一日をよりよくする。
 一冊の本にできることとしては最上ではないでしょうか。
 それは本に限らず、誰かの言葉だったり、美人のチャンネーを一目見て幸せになったり、一個350円のリンゴってマジで美味いなだったり。周りのなにかに与えられる。
 そうやって、たくさんの何かで毎日がいい日になるのが一番ですね。
 ほら、人も物もたくさんありますから、一年分くらいはなんとかなりそうじゃないですか。もちろん、嫌なこともある。嫌なやつもいる。
 でも嫌なことと良いことを比べたら、良いことが300ちょっとくらい上回る。
 そんな一年を送りたい。
 そのために、世界には誰かが必要だと思いました。

美人のチャンネーはともかく、名言過ぎて素直に感動しました。

 よし年始めにいいこと言ったぞ。

のに、この一言で台無し(笑)

 もちろん、こんな耳触りの良い発言も一週間後には忘れて別のこと考えています。
 でも毎日同じことだけ考えているのって健康に悪そうじゃないですか。
 だからこれでいいんだと思います。
 その時々にそう思ったことは確かなのだから。
 そんな感じでした。今年もよろしくお願いします。

毎日生まれ変わっている的なアレですねアレ(適当)
今年の活躍も楽しみにしてます!

 今年はいいことがあると思います。
 あるといいな。
 あるに決まっている。
 具体的にはアレがアレだったり。
 具体的ってなんだ。

ただの思わせぶりな発言なのか本当に何かあるのか判断に迷いますな、むむむ。
まぁ、ポジティブシンキングマンなので何かあると期待しておきます!お手軽に幸せ!

 あと、電波女が今日で丁度10周年ですね。めでてぇこった。

10周年おめでとうございます!!
もしかして、いるまんすら忘れてるんじゃないかと不安だったなんてことないんだからね!!

 関わった人たちもまったく覚えていないだろうから、自分だけでも祝っておきます。
 よくやっているなぁと思います。自分も、作品も。

こらこら、一言二言余計です(笑)
そういうとこだぞ、いるまん。

 お祝いに一冊書きたかったのですが今日には間に合わなかったので、年内のどこかで出したいと思っています。こちらもよろしくお願いします。

実際に出せなかったとしても、『出したいと思っている』と言ってくれただけでめちゃくちゃ嬉しいです。
もちろん、発言された以上期待しまくりますけど、無理せず頑張ってくださいね。ひゃっほーい!!

 次回の更新ではその電波ちゃんの短編でも書こうと思います。
 なに書こう……。

そろそろマリオ(仮)ちゃんの名前お披露目エピソードとかいいじゃないでしょーか!と愚行する次第であります!!

というわけで、本年もよろしくお願いします。
願わくば、2019年が入間ファンの皆様にとって良き一年となりますように。

Trackback [0] | Comment [2] | Category [入間人間] | 2019.01.10(Thu) PageTop

またまた君になる

電撃文庫公式Twitterアカウントにて唐突に(!?)新作情報が告知されました!

なんと『やがて君になる 佐伯沙弥香について』の続刊が決定とのことです。
そういえば記事にするのすっかり忘れてましたし、入間の間で入間さんが触れるかと思っていたのに全く触れられませんでしたが、『もうひとつの命』以来となる重版がかかっていました。
電撃文庫の作品ページでもしっかり『重版!』って書かれてたりします。
ちなみに重版の告知があったその日に更新されてました。最近の電撃文庫HPは仕事が早い。
オリコンの数字は残念ながら1週しか出ませんでしたが、その後もじわ売れして伸びているのかもしれませんね。嬉しい限りです。
初版発行部数の半分売れたら重版決定するとかしないとかいうのをどこかで見たことがあるような気がするのですが、だとすると初版は2万部くらいだったんですかね?
発売後、そもそも店に在庫がないってツイートもちょくちょく見かけたので次は売り逃しを少しでも減らせるよう初版部数増やしてほしいところです。
ただ、アニメ絶賛放映中のタイミングっていうのも大きかったと思うので、それを考慮すると1巻と同じくらいの部数に落ち着きそうな気もします。
気になる内容は1年生編になっているようです。
まぁ、順当ですね。
これは3巻で実現するかなっ!!(しません

ここまでの情報を見て「……え? 来年1発目は『安達としまむら8』じゃなかったの? また後回しにされるの?」と眉間にシワを寄せたそこのあなた。
安心してください、沙弥香は空気を読める女の子ですよ。
発表まで大変長らくお待たせしすぎだし、発売まで遠すぎません?
いや、ちゃんと発売されるっていう事実は嬉しいんですけど、来年1発目が初夏って……昨日の更新で前半ちょっと寂しいかもって言ってましたけど、ちょっとじゃなくない?
初夏って早くても5,6月ってことですよね?
両方共初夏発売ということは5月に安達としまむら8、6月に佐伯沙弥香について2が出る流れなんでしょう。
もしかすると同時発売って可能性もありますけど、出来れば1冊ずつ出してもらいたいです。
1冊ずつちゃんとじっくり楽しみたいので。

ところで、11/22の更新で『安達としまむらの原稿書き上げた』と仰っているにも関わらず、発売が来年初夏というのはもう明らかにイラストの問題としか考えられませんよね?
これだけかかるということはイラストレーターは変更せずにのんさんが続投するということなんでしょうけど、多忙でスケジュール厳しいのなら変更するかいっそのことイラストなしでいいのでなるべく早く出してほしいって思うのは私だけでしょうか?
ライトノベルという媒体である以上、イラストも欠かせない要素だというのは分かりますが、刊行ペースも同じくらい大事な要素だと思います。
『トカゲの王』の時のようにイラストに関する問題が足枷になって好調なシリーズがおじゃんになるのはもう勘弁してほしいんですよ……(もう半分くらいなってますけど)

あと、これはワガママなんですけど、出来ればこういう情報は入間の間で初告知してほしいです。
ぶっちゃけ、今日発表するなら昨日入間の間で告知してよかったと思います。
文字数稼げて入間さんの負担も少し減らせますし、何より公式サイトなのに情報遅れてるってどないやねんっていう。
更新が月2回だけしかないので、昨日告知しないと入間の間しかチェックしてない人には来年まで情報が届きません。
入間の間を更新している人(流石に入間さんはコメントを提供しているだけだと信じてます)にはなるべくホットな情報発信を心がけて頂きたい所存です。
とまぁ、こんなところで何を書いても意味ないんですけど。

何気に来年も百合2連続が確定して複雑な心境ではありますが、2月発売の電マガで始まるボーイミーツガールっぽい待望の新作に期待しつつ、初夏を待ち侘びる構えであります。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.12.26(Wed) PageTop

SSSS.KABUKIMAN

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

最近のワタクシは


 歌舞伎役者ですかとよく聞かれる。もう少し皆様の期待に応えるべくそれらしいスタイルでお外を歩いた方がよろしいだろうか。まずは髪を振り回して歩いてみよう。
 そんなカブキマンの私はさておき、一年がそろそろ終わります。
 今年もありがとうございました。
 ただ引っ越し等々があったのもありますが冊数が少し寂しかったですね。
 来年はがんばりますと言いたいのですが、来年も前半はちょっと寂しいかもしれません。ただ後半は賑やかになっていく気配がなきにしもあらずなので、変わらぬご愛好をどうかよろしくお願いいたします。いや本当がんばりますというか、多分フレキシブルにがんばらないといけないので。
 あとクリスマス味のする短編を書きました。
 クリスマスがどんな味するかは家庭によりますよね。
 カレー味とか。
 ではよいお年を。

ガンプラ王の審査員からカブキマンにクラスチェンジしましたねw
髪を振り回すのは普通に怖いのでやめましょう。
期待に応えるなら隈取するのが一番かと!!(似合いそう超見たい

・もうひとりの魔女
・世界の終わりの庭で
・やがて君になる 佐伯沙弥香について

平成最後の本年は上記3冊、内1冊はノベライズとイルマニア史上最も寂しい年でした。
ただ、数こそ少ないですが、どれも素晴らしい内容だったので満足度は高いです。
個人的には『世界の終わりの庭で』がダントツでトップ、次が『もうひとりの魔女』、そして『やがて君になる 佐伯沙弥香について』の順にお気に入りです。
『世界の終わりの庭で』は入間さんが自画自賛するだけあって『少女妄想中。』以来の傑作だったと思います。

来年前半も寂しいのは大変寂しいですが、個人的に超待望のKHⅢが出るのでなんとかなると思いますのでご心配なく!(最初から誰もしてねぇよ
この感じだとあだむら8は3月にも出なそうな感じですね。
今年も4月が最初の1冊でしたし、来年も早くて4月以降かなぁ……
2019年は後半のフレキシブルいるまんに期待ですねっ!!

今年の我が家のクリスマスイブは炊き込みご飯と豚汁でした。
ちなみに私が作りました。和食最高。
あ、でも、ちゃんとケーキも食べたぜ。いぇい。

・『始まりと終わりと始まりと終わりと始まりと終わりと始まりと…………』
タイトルでみーまーを期待したのは私だけじゃないはず。
前回の更新で誰の短編書こうってコメントに対して密かに『世界の終わりの庭で』の誰か来ないかと期待してましたが、来ませんでしたね……まぁ、あの星にクリスマスないでしょうし、仕方ないです。

はい、というわけで『少女妄想中。』でしたとさ。

期待は外れましたが、これはこれで素晴らしかったです……!
本当、幸せそうな叔母さんを見てるだけで温かい気持ちになれますよね。

ハッピーメイ~セリスマス!!


今年もありがとうございました。
来年はもっともっとよろしくお願いします!
良いお年を!!

Trackback [0] | Comment [2] | Category [入間人間] | 2018.12.25(Tue) PageTop

電撃文庫MAGAZINE 2019年1月号 感想

電撃文庫MAGAZINE 2019年1月号の感想です。
なぜか今号から号数がなくなったようです。謎です。
denmaga65.jpg
その前に入間人間公式サイト『入間の間』が更新されましたので、そちらから。

昔好きだったキャラクター


 をふとした時に思い出して、今どうなんだろうって少し調べてみるとまだ細々と活動している。季節毎に壁紙だって配っていて、その中ではとても楽しそうで。
 そういうのを知ると悲しかったり嬉しかったりと痛切に複雑な思いが去来しますね。
 胸の中がげっそりするようなあれが苦手です。苦手ですが好きです。
 まぁそんな話は特に関係ないのですが、雑誌の2月号からは新しい話を載せていこうと思います。
 連作で内容は簡単に言うとラブコメです。
 多分。
 タイトルにラブコメとかつけてもいいくらいには。
 17歳男子と11歳女子がキャッキャする話だと思います。
 恐らく。
 次回はクリスマス編の短編掲載予定です。誰の書こう。
 あとほっといた髪がまた伸びました。獅子王司よりも長いと思います。
 長くても煩わしさを感じなくなったのはいつの頃からだっただろう…。
 昔は確実にあり、辿ってきたはずなのにいつからかぼやけてしまう。
 忘れないでいたいこともたくさんあったはずなのに、いつの間にかどうでもよくなって記憶から失われている。まるで最初からなかったように。
 ちなみに新作とはまったく関係ありません。
 ああそれと今月号に安達としまむら載ってます。よろしく。

くーまんのことかな?
調べたら壁紙じゃないけどTwitterで月に2~3回くらい細々とイラストを投稿しているようです。
苦手だけど好きですって感覚はよくわかります。
個人的には入間作品はそれに近い感情にさせられるものが多々ある気がします。

新作! 連作! 今度こそはちゃんと続きますか?
もうそればっかりが気になってしまうのが嫌なので、間隔開けずに続けて完結させてくださいね。
内容は『17歳男子と11歳女子がキャッキャするラブコメ』ですか……太郎が見た夢だったってオチかな?
久々にガッツリ男主人公の話になりそうですごく楽しみです!
もちろん、ヒロイン視点の可能性も大いにありえますけど。

クリスマス短編♪
ぜひぜひ、小規模バカップルでお願いしますなんでもしますから。

司よりも長いってかなりローーーーーングですねw
(司知らない人のために画像載せておきます↓)
tukasa
霊長類最強の男の上をいくいるまん……つまり、哺乳類最強の男ですね!!(哺乳類だとなんか強そうに聞こえないw

» read more...
Trackback [0] | Comment [2] | Category [入間人間] | 2018.12.10(Mon) PageTop