たまやさんとかぎやくん

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

先月は花火を久しぶりに見ました。


 色よりも音と衝撃すげーなーと、壁が揺れるのを感じて一緒に揺れました。
 暑いのはもちろん好きではないのですが、季節としては夏が一番好きです。
 ので、油断するとみんな夏の季節のお話になってしまうのです。よくないですね。
 だから来月の作品は少し雪を降らせてみました。どうだ。なにがだ。
 今月というか今ちょっと忙しいので、今回はこれくらいで。
 また次回。
 あ、今月発売の雑誌に短編載せてます。上に参りますな感じの話です。
 イラスト担当していただいた方、ありがとうございます。本で出さないとお礼を言うとこがないですからね。
 今度こそまた次回。

生で見る花火は花火自体を間近で見られるのはもちろんですが、音を全身で感じられるのが醍醐味ですよね。
確かに入間作品は夏ばっかりですね笑
でも、入間さんの書く夏は大好きなので別に夏ばっかりで全然OKですけどね!
新作に雪ですか……入間作品で雪っていうと『いもーとらいふ』のラストが浮かびます。
忙しいのは良きかな良きかな。
あ、今月のあれが以前仰っていた『上に行ったり下に行ったりする話』だったんですね。
……嘘ではありませんが、改めて言われても全然ピンと来ません。
正直、その説明はどうかと……上に参ります、がコンセプトだったのでしょうか?
雛川まつりさんのイラストもいい感じなので、まだの方はぜひ。
(前回のガールズ・オン・ザ・ランはイラストレーターが変更になり、雑誌のみでのイラストになってしまったので、今回も同様に貴重なイラストとなるかも?)


電撃文庫公式サイトがリニューアルされました。
全体的にシンプルで見やすくなったと思います。
一番の改善ポイントは店舗別特典一覧を掲載してくれるようになったところですね!
これは本当に素晴らしいです!!

リニューアルされたばかりで更新が追いついていないだけかもしれませんが、来月新刊のあらすじがショートver.のままなのはリニューアル後の仕様なんでしょうか?
仕様だとしたら改悪なんですが……2ヶ月先の新刊情報も個別ページなしのタイトルのみになってますし、ここらへんは今まで通りにしてほしいところです。

というわけで、電撃文庫公式サイトから入間の間より高画質なカバーイラストです。
sekaowa
電マガなら更に高画質で見られます(宣伝)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.08.10(Fri) PageTop

電撃文庫MAGAZINE Vol.63 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.63の感想です。
denmaga63.jpg

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.08.09(Thu) PageTop

ほんの数年しかかかりませんでした

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

本とは関係ない話。


 3歳になる甥がいるのですが、親の都合等でこちらに泊まることになると大層喜ぶそうです。
 祖父さんたちが甘やかすからですね。
 そういえば自分も昔は、祖父さんたちの家に泊まるの好きだったなぁとふと思い出しました。
 ちなみに甥は赤ん坊の頃、私の本によく噛みついてたそうです。おい。
 まぁ特に関係ない話ですが、短編書きました。よければどうぞ。
 あと9月に本が出ます。なんちゃってSFです。いつものですね。
 よかったらこちらもどうぞ。ではまた来月。

そんなこと言って叔父さんもたっぷり甘やかしてそう(和み
食べちゃいたいくらい叔父さんの本が大好きな甥っ子、かわいいじゃないですか! かわいすぎるじゃないですか!!
それはそうと、こちらに泊まることになると祖父さんたちが甘やかすから喜ぶということは入間さん両親と一緒に引っ越されていたんですね。
しかし、そうするとこれまでの発言と食い違う部分があるような……入間さんのお金で家を建てたってことなんですかね?
ひょっとしてご結婚なされたのかと邪推していたので、ちょっぴり残念ではありますが、ハルくんが可愛いからまぁ、いいか!

前回は同日に電撃文庫HPで情報公開された新作情報がなくてなんでなん? って思いましたが、今回はどこよりも早く新作イラストお披露目してくれてやっぱりいるまんは有能だと思いました、まる!
ただその代わりに、ここ最近ずっとやってくれていた電撃文庫MAGAZINEの短編予告がありませんでした。
まぁ、たまにはうっかりいるまんも良き良き。

・『世界の終わりの庭で』カバーイラスト
d13_sekaino001.jpg
あらすじにある謎の美少女の方ですかね?
と細かいこと抜きにして、最高すぎません?
美少女もさることながら、背景の描き込みがすごい!
このイラストだけで世界観が伝わってきますね!
むしろ、もうちょっとカメラ引いて背景メインにしてもいいかなって思っちゃうレベル。
まぁ、電撃文庫なのでキャラメインにしないとダメなんでしょうけど。

今までのイラストでは特に感じたことありませんでしたが、、このイラストに関してはそこはかとなく左さんリスペクトを感じました…!!
とにかくめちゃくちゃ好きっ……!!

・たった数年くらいかかりました
たった数年(ほぼ9年)かかったかぁ……うーん、有能!(露骨なまでのヤシロ贔屓
でも、億単位の寿命持ってるヤシロからしたら数年なんてそれこそ一瞬の出来事でしょうし、たった数年という表現は正しいのでしょう。むしろ、ほんの数年でもいいくらいですね。
それはさておき、しょーさんは大学生になってる年齢のはずだけど、そちらとの絡みも見たかったな。いや、過去形ダメ、見たいな!(チラッ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.07.25(Wed) PageTop

有機生命体ジャックの入間なる紹介

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

毎月書いてると


 絵日記とか書かされていた頃を思い出しますね。
 毎日の繰り返しすぎて特別書くことがないぜ。
 そこをなにか面白いこと書けよ本職なんだしと言われたらもう仰る通りなのですが。
 でも小学生の頃とか感想文なんてほとんど書けない子供だったんですよ。
 よく仕事できてるな今。
 あ、来月の雑誌に短編書いてます。
 上に行ったり下に行ったりする話です。
 よろしければよろしく。
 次回はなにか短編でも書こうと思います。ではまた。

絵日記書いてた幼き頃の入間さん想像して和みました笑
で、お兄さんに書いてもらってたと。かわいいかよ。

上に行ったり下に行ったりする話ってなんでしょうね?
とりあえず、シリーズではなく完全新作短編かな?
次回の更新の短編共々楽しみです。

という感じで今回も新刊情報がなく、9月の電撃文庫も諦めかけていたのですが、久々の朗報が!!

◆世界の終わりの庭で

著者/入間人間 イラスト/つくぐ

2018年9月7日発売

遠い未来、遠い惑星、黄昏を迎えた世界。スクラップ屋に勤務する機械人形の少女と、遺跡から発掘された謎の美少女。変わり者二人の出会いから語られる、彼方の物語。遥か昔に交わされた約束の行く末を今振り返ろう。

新作きたーーーーーーーーー!!!!!!!
来ましたよ皆さん! 待望の新作です!!
とりあえず、タイトルもあらすじもめっちゃ好み!!
しかもしかもイラストつくぐさんじゃないですかやったーーーーーー!!!!!
補足しておくと、つくぐさんは発売中の電マガに掲載中のイラストストーリーのイラストを描かれている方です。
ちなみに今日からHPでイラストと合わせて全文無料公開されています。
未読の方は要チェックです!!

illust×story第41回 つくぐ&入間人間

またまたまたまた百合っぽいのはこの際もういいでしょう!
上の『ひらひらに、ふわふわと、輝いて。』でも分かるように入間さん×終末もの=最高の方程式が成り立つのでこれは期待が止まりませんね!!
『おともだちロボ チョコ』や『ふわふわさんがふる』の系譜っぽいのも個人的にはすごく楽しみです♪
最後の一文『遥か昔に交わされた約束の行く末を今振り返ろう。』は『虹色エイリアン』を思い出させられました。
いやーもう本当楽しみすぎて参っちゃいますねこりゃ!

ちなみにタイトルは『機械生命体ティフォンの遙かなる生涯(仮)』から『世界の終わりの庭で』になったようです。
個人的に変更後の方が断然好みです。
それはさておき、機械生命体って聞くとやっぱり『ふわふわさんがふる』を思い出します。
ジャンク屋の機械人形=機械生命体ティフォンってことだと思いますが、入間作品でこういう名前はすごく珍しいので新鮮な感じがします。
ネーミングから結構本格的なSFになってそうでわくわくさんです。
それから、生涯ってことはシリーズものの可能性もほぼないと考えていいでしょう。安心安心。
でも、生涯なんだからそこそこのボリュームはやはりほしいところ。
最低でも『虹色エイリアン』くらいの分厚さがいいなっ!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.07.10(Tue) PageTop

入間半端ないって

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

話せることはあるのですが


 今の段階で話すと多分問題になるのでお茶を濁す感じにしておきます。
 とりあえず新作に取り組んでいます。
 あと9月くらいに新作出ますのでよろしくお願いします。
 次のは6月末締め切りの予定です。予定だぞ!
 絞ってます。主に脳を。脳がいてぇー。がんばります。ではまた来月。
 それと11周年のお祝いにメール頂きました。ありがとうございます。
 世界にサンキュー。

いるまん半端ないって!
気になる話題ちらつかせといてめっちゃお茶濁すもん……
そんなんできひんやん普通、そんなんできる? 話してや、話せるんやったら……

話せることはある=別に口止めされているわけではない
今の段階で話すと多分問題になる=この書き方だと悪い意味のように思えてしまうのは私だけでしょうか?
ぱっと思いついたのは某シリーズのイラストレーターが変更になったのかな? でした。完全なる邪推ですが。
悪い方悪い方に考えず、良い意味で問題になるんだ! と前向きに捉えておいた方が精神衛生上よろしいですね。

これもまた書き方で引っかかったのですが、今取り組んでいる新作≠9月くらいに出る新作っていうことですよね?
で、その今取り組んでいる新作の締切予定が6月末ってこと?
となると以前の発言からそれは安達としまむら最新作ってことになるはずですけど、それならなぜそうと言わず単に新作としか言わないんでしょうか?
ちゃんと取り組んでますよって明言するだけでもファンは安心するんですけどね……。
っと、いかんいかん、またネガティブシンキングになってますね。

ここは素直に9月に新作が読めることを喜ぶべきとき!!
イヤッッホォォォオオォオウ!!!!!! 5ヶ月振りの新作だぜ!!!!!
9月くらいってことは8月のメディアワークス文庫の可能性はなくもないですよね!
8/25はほぼ9月みたいなもんですし!!(よーし、ようやくポジティブ脳になってきた!!
その次の新刊も6月末締切ってことはその後すぐ刊行されそうですね!!
超久々の連続刊行かな! 後半ブースト来い!!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.06.25(Mon) PageTop


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム