電撃文庫MAGAZINE Vol.64 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.64の感想です。
denmaga64.jpg
の前に入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

先日


 サイト当てにメールが来た。
 その内容に、最終選考に残ったので改めて弟子にしてくれというものがあった。
 何年も前に同じことを言っていた人がいた。恐らく、同一人物なのだろう。
 私の弟子になりたいなどという奇特な者が何人もいるとは思いがたい。
 まぁ違うかもしれないけど。
 弟子にしてくださいと言っていた若者が、今や最終選考に残る。
 よく励んだものだな、と心から感心する。
 同時に、変遷も感じた。
 雑誌の連載……というのもおかしいけれどそれが終わったことも含めて、小説家としての私に残された時間というのは思いの外、少ないのかもしれない。
 どれくらいかというと、甲陽鎮撫隊が出撃したくらいかもしれない。
 それはさておき、もうすぐ配信される(はず)missingというゲームがなかなか楽しそうですね。楽しいといいですね。
 あとやがて君になるのアニメを観ていたらいきなり俺の名前が見えて目を疑いました。
 堂々と出てましたが関係はあるようでないようで少しあるようで肝心の本がまだ出てません。
 まだ関係者ぶりづらいので、出たら買ってみてね!

そんなこと言うのやめてくださいよ……
泣きますよ? 引くくらい泣きますよ?
冗談っぽいならまだしも、ガチっぽいのが不安で仕方ありません……
どうやらこの書き方からするに電マガでの掲載休止は今回限りってわけではなく、前回で最後だったってことのようですね……
『甲陽鎮撫隊』って何? と恐る恐るググってみたら、速攻壊滅してるじゃないですか!!
冗談でも言って良いことと悪いことがありますよ!!
それはさておくな!!
今はゲームの話なんてしてる場合じゃない!!
嘘だけどってつけ忘れてるぞ!! ちゃんと言え!!
……言ってくださいよぉっ!!
『小説家としての私に残された時間というのは思いの外、少ないのかもしれない。』じゃねーですよ!!
何格好つけてるんですか!! もっと足掻いてくださいよ!! 
何諦め受け入れムードに浸っちゃってるんですか!!
あなたが書く主人公たちはみんなどんなに惨めでも、どんなにどん底にあっても決して諦めずに足掻いて足掻いて足掻き続けて、最後には必ず幸せを掴み取っていたじゃないですか……!!
このままフェードアウトなんてお天道様が許しても、この天野寂が……見逃しませんよ!!
入間さんはそれで良くても、私が困るんです。
私は!! 入間さんの小説が読めない人生を生きていけない自信があります!!
書き続けてもらうためだったら脅迫まがいのことも辞さない覚悟です。なんたって命懸かってますから。
だから……お願いですから、そんな風にご自身を過小評価しないでください。
少なくともここに一人、あなたの新作を待ち続けている読者がいるってことを忘れないでほしいです。



すごいポジティブに捉えると『バカが全裸でやってくる』が現実になりつつあるってことでもありますよね。
何人もいるとは思いがたいって言ってますけど、一問一答で結構いっぱいいましたよね笑
あの中の誰かなのかな?
本当にすごいことだと思います。
ぜひとも弟子候補から弟子にランクアップしてほしいものです。
その際は弱気になってる師匠のケツ思いっきり蹴り上げてやってください。
陰ながら応援してます。

ひょっとして、一人称が『私』から最後『俺』になっているのもわざとなのかな?
あえてだったら嬉しいな。

『やがて君になる』のアニメはまだ観てません。
いるまんの名前をチェックするためにも早く観ないと、ですね。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.10.10(Wed) PageTop

海賊本いるまおらんど!

11月10日発売予定『やがて君になる 佐伯沙弥香について』のカバーイラストが公開されました。
yagasaya
ご覧の通り、中学時代の沙弥香なので、高校が舞台の原作より過去の話ってことになりますね。
これなら原作未読でいきなりノベライズ読んでも全然問題ない感じになりそうです。

今月は電マガを買わないと言ったな、あれは嘘だ。

いや、コメント載るんじゃないですか入間さんんんんんんん!!!!!!
いっそのこと冒頭試し読みで掲載すればギネス記録も途切れずに良かったのに!!
というわけで、結局電マガを買うことになる天野であった……(と言いつつ、すごく嬉しいのは内緒)


今年の海賊本『電撃文庫創刊25周年記念! 公式海賊本 電撃あいらんど!』には入間人間のいの字もありませんでした……。
期待していた人も極々一部だと思いますが、一応ご報告しておきます。
かくいう私も通販が届くまで存在自体を完全に失念していました(オイ
去年に引き続きの入間さん不参加ですし、来年からはもう買わなくていいですかね……?

電撃祭のサイン会の規模がかなり縮小されてしまい、今後おそらく入間さんのサイン会が開催されることはもうないでしょう。
非常に残念ではありますが、今振り返っても、最後のサイン会に当たったのは本当に幸運だったなって。
あの日の幸せを噛み締めて、私はまだ生きていける。
大丈夫。まだ、大丈夫。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.10.08(Mon) PageTop

電撃文庫MAGAZINEギネス記録の終止符

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

次号


 の雑誌に拙作は掲載されません。
 10年近く続けてきましたがそれもここで途切れました。
 いつかは終わるわけでそれがこの時だったのでしょう。
 そういうわけでもしも拙作が目当ての場合は次号を購読する意味はありません。
 今まで期待して買っていただいた方はありがとうございました。
 まぁ、我がことながらよく続けてきたとは思います。

マジですか……
ちょっと、いやかなりショックが大きいですこれは……
当たり前のようにそこにあったものが突然消えてしまった喪失感……
貴重な貴重な2ヶ月に一度の楽しみが……
近年の刊行ペースでもこれがあるからなんとか入間分を摂取できていたのに……
せっかくここまでずっと続けてきたのになぜ……?
本当にもったいないし、すごくすごく残念です……

はい、ネガティブな感想はここまで!

入間さん、お疲れ様でした!
プロローグ2『うそつきみーくんと優しい恋日先生』から始まり、Vol.63『さかやさんとさっかやさん』まで実に10年半、計64回一度も休むことなく素敵な短編の数々を本当に本当にありがとうございました!!

次回が休みなだけで、次次回からはまた普通に掲載されるかもしれませんしね!
こうして発売前にきちんと告知してくれたのもありがたいです。
買った後に載ってないことに気づいたときには更にショックが大きかったでしょうから……

でも、10年もずっと買い続けてきた雑誌を次から買わないってのはなんか変な感じですね。
載ってないって分かってるのに買ってしまいそうな気がします。
まぁ、嘘だけど。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.09.25(Tue) PageTop

別にこうなる予定はあるかもしれない10周年

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

今回はスーパーサプライズがありました!!
が、当ブログは通常運行でまずはいるまんのコメントから。

こんにちは。


 先月の更新を見返したら似たようなこと続けて言ってました。大丈夫か俺。
 言い訳すると月末の方の更新は半分寝ぼけて書きました。
 そういうわけで今回は内容に若干気を付けて書こうと思いました。
 新刊発売してます。あと新刊の告知出てるのかな? ノベライズ担当してます。まだ書けなかったら消えてますこのあたり。
 それと超短い短編書きました。お暇なら読んでみてください。
 しかしあれだよな。百年経ったら人類ほとんど入れ替わってるって、すごいことだよな。
 そんなことをぼんやり考えたりしなかったりしていました。
 というわけです。また次回。

本人がデジャブを感じてたんなら私がデジャブを感じるのも無理はないですね笑
寝ぼけてたなら仕方ないですね、うん。許しますとも。
4月に仄めかされた仕事の依頼はこのノベライズのことだったんですね。

 宣伝終わりまして最近の話をしますと、先日、仕事が来ました。
 来るのは珍しいですね。近々発表できる……のかな? そのあたりは分かりません。

その後も散々焦らされましたからね~(入間さんが焦らしているわけではないですけど)

そういえば前回仕事が来て近々発表できるかなとか言っていましたが、発表できるの少し先みたいでした。これは恥ずかしい。とはいえ仕事はやりますので、その時が来たらよろしくお願いします。

話せることはあるのですが


 今の段階で話すと多分問題になるのでお茶を濁す感じにしておきます。
 とりあえず新作に取り組んでいます。

そして、唐突に話題変わりすぎです!w
新作はかなりスケールの大きい話でしたけど、入間さんが普段ぼんやり考えたりしなかったりしていることがそこはかとなく反映されたりされなかったりしているんだろうなぁとそんなことを考えたり考えたりしていました。
『今度こそまた次回』じゃなかった! 前回と前々回やっぱ確信犯でしょ!!


11月の電撃文庫新刊情報が公開されました!!

◆やがて君になる 佐伯沙弥香について

著/入間人間
原作・イラスト/仲谷鳰

2018年11月10日発売予定

『こういう私にしたのは、あなたのくせに』
ここにあるのは自分への納得。
私は、女の子に恋することしかできないんだって――。
ままならない想いに揺れ動く少女、
佐伯沙弥香の恋を描くもう一つのガールズストーリー。

10月よりアニメ放送開始の大人気ガールズストーリー
『やがて君になる』のスピンオフ小説を入間人間が書き下ろします!

なんとあの『少女妄想中。』のゴールデンタッグが再び!!
『やがて君になる』は百合を勉強する参考文献として手に取ったのですが、何を隠そう一番好きなキャラが沙弥香なんですよね。
そうです、私が予知者です(黙れ
正直、終末シリーズの一件でもうノベライズはやってほしくないなって気持ちが強いんですけど、これなら素直に読んでみたいなって喜べました。
10月からはじめるアニメ放送中に発売とタイミングもばっちりですし、たくさん売れるといいなっ!!
というわけで、原作未読の方は11月までに必ず目を通しておきましょう。
幸い、そんなに巻数も出ていないのでさらっと読めちゃうと思います。
かくいう私も途中で止まってしまっているので、ノベライズ発売までに最新刊に追いついておかねばなりません。


・別にこうなる予定はないかもしれない10年後
よかった、すごいよかったんですよ、内容は。
でも、素直に喜べない自分がいます……。
だって、だってさ、なにこのエピローグ?
次(=世界の終わりの庭で)の次に安達としまむらの新刊を出す予定だって言ってましたよね?
『やがて君になる』のノベライズ自体は嬉しいんですよ?
でも、『安達としまむら8』を先に出すのが筋ってもんじゃないんですか?
もちろん、入間さんが出したくても出せない理由があるのかもしれませんし、先程も触れたようにアニメ放映中のタイミングで刊行したいという大人の事情があるのだろうこともわかります。
それでも!!
もうまるっと2年ですよ……?
穿った見方かもしれませんが、私にはこの短編がせめてもの償い、そして実質上のあだむら打ち切り宣告に思えてなりません。
一応、『世界の終わりの庭で』の次にこの短編と捉えることもできるので、新刊としては出ていないものの順番だけで言えば宣言通りと言えなくもありませんが、そんなトンチが通じるほど私も甘くはないです。
私だって本当は新刊情報に純粋にバンザーイ!ってしたいのに……
とはいえ確定したわけではありません!
ここまで来たらとことん待ってやろうじゃないですか、え゛ぇ゛!(半ギレ


来年本当に電波女10周年記念本が出るとしたら

・ 9月 世界の終わりの庭で
・11月 やがて君になる 佐伯沙弥香について
・ 1月 電波女と青春男10周年記念本

と久々の隔月入間人間が帰ってきますね!
偶数月の電マガを含めれば実質月間入間人間の凱旋!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.09.07(Fri) PageTop

世終庭

おひさしぶりです。
ついに3日後に迫った久々の新作『世界の終わりの庭で』発売日。
本当だったら一週間ほど前の入間の間の更新や電撃文庫HP新作試し読みが来たら記事を書くつもりだったのですが、前者はほとんど内容がなく、後者に至ってはそもそもなくなってしまい、完全にモチベを失ってしまっていました。
しかし、店舗特典情報で一気に元気を取り戻したので、ここ1ヶ月の間にあった個別に記事にするほどではない細かな情報を一挙にまとめていこうと思います。

・『入間の間』(8/24)更新分

こんにちは。


 こんな所を学生さんが見ているかは分かりませんが、夏休みもそろそろ終わりますね。
 私は夏休みも関係なくなって久しいですが、蝉の声が段々と減っていくのはいつも名残惜しさのようなものを感じます。季節的にはやはり夏が好きなんですね。
 光の具合とかがいいんですよね、なにか。多分。
 そのせいで、意識しないと作品の舞台が夏ばかりになってしまいます。
 それはそれとして、来月は新刊が出ます。電撃文庫で出すのは久しぶりじゃないでしょうか。よろしくお願いします。ちなみに作中季節は夏じゃないです。イエィ。
 ではまた来月。次はなにか書こうと思います。
 今度こそまた次回。

あまりにも前回のコメントと内容が被っていてデジャブかな? とループ感覚を味わったのは私だけでしょうか。
『今度こそまた次回。 』が今後の決め台詞になるとはこのとき知る由もなかった……とか意味不明なことを書くしかないくらい、コメントに困る更新内容でした。
でも、律儀に更新してくれるいるまんには感謝しかありません。

・『世界の終わりの庭で』カバーイラスト ロゴ入りver.
owaniwa550.jpg
カメラ引くどころかほぼバストアップみたくなっちゃってる!? せっかく背景が綺麗なのに…と思わなくもないのですが、タイトルロゴ含めて素晴らしい表紙だと思います。
キャラ切り抜きの背景なしもそれはそれで良いんですけど、個人的にはやっぱり背景まで描き込んであるイラストの方が好みです。
ロゴもイラストや世界観にマッチしていてかなりいい感じなんじゃないでしょうか。
このロゴを見ちゃうと本作の略称は『世終庭』一択ですね!
略称というか略記なので声に出すことはありませんけど、あえて読みを当てるとしたら『せしゅうてい』ですかね?(昔の皇帝みたい
ただ、ラノベっぽい略称は『のので』とかになりそうです。個人的にはあんま好きじゃありません。

・電撃文庫新作(発売前)試し読み
電撃文庫HPがリニューアルされ、試し読みがBOOK☆WALKERに飛ばされるようになっていたので、発売前の試し読みはなくなるのかな? とちょっと心配だったのですが、残念ながらその通りだったようです。
これは仕様上仕方のないことだと思うので、特に改悪だー! とか言うつもりはないんですけど(まぁ、実際改悪ですが)、電撃文庫HPでできないなら入間の間でやればいいのでは? と思うわけですよ。
事実過去に何度か冒頭試し読みみたいなことやってますし、入間さんは短編を書く手間を省け、読者は一足先に試し読みできて満足できる、最良の選択肢なのは明白です。
というわけで、次回作からは入間の間で先行試し読みやりましょう入間さん!!

・『世界の終わりの庭で』店舗特典
なんと今回入間作品初(多分)の3店舗書き下ろしリーフレットがやってきました!!
ポストカードやしおりと違って店舗特典系小説は逃すと二度と読めない可能性が高いですし、ファンとしてこれは全部コンプするっきゃないですね!!

・アニメイト:A6サイズ4Pリーフレット
sekaniwaani.jpg

・メロンブックス:書き下ろし4Pリーフレット
sekaniwamero.jpg

・とらのあな:4Pリーフレット
sekaniwatora
とらのあなはまだ画像がありませんでした。
追記:画像更新されました!
とらのあなは更に特製しおりももらえるみたいです!!

sekaniwatorasio
この足先まで見えるイラストは貴重ですし、どれか1店舗選ぶとしたらとらのあなが一番お得かもしれませんね♪

アニメイトやとらのあなでリーフレット系の特典が付くのは非常に珍しいですね。
いつもメロンブックスかゲーマーズのイメージがあります。
実店舗がお近くにない方は特典の付く今のうちに通販で予約しておきましょう。

特典画像で本編で使われているイラストがチラ見えしちゃってますが、想像していたよりかなり現代チックな雰囲気になってますね。
アニメイト特典の右の子なんて完全にセーラー服着てますし、遠い未来、遠い惑星なんだよね? 世界観大丈夫? とちょっと不安になってきました笑
まぁ、入間さんのことだからどんなにSFチックな設定だとしても生活感あふれる地に足着きまくったお話になるんだろうなぁという揺るぎない安心感があるので心配無用だね! うんうん!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.09.04(Tue) PageTop


 発売カウントダウン!
yagasaya300
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム