おともだちゴッド ルギア

メディアワークス文庫公式HPが公開されました。

この世界を何も知らない彼女との出逢いが、わたしの毎日を変えていく。

きっと彼女は神様なんかじゃない
978-4-04-893319-3.jpg
『人は水の中でも、空の向こうでも息苦しくて生きられない。大地を愛せ』
 それが現在に至るまで受け継がれた部族の教え。だけどわたしは海を愛した。
 集落の嫌われ者なわたしは生け贄となって、海の底に沈む神の岩へ向かう。
 そこで出会ったのは、長い眠りから覚めたばかりの自称神様だった。
「私はあなたと旅に出たい。ずっと遠くに行きたい。この世界で、生きていたい」
 独りぼっちの少女と、無知な神様の少女の、ガール・ミーツ・ガール、ストーリー。

最初からこちらの大きいイラストだったらあんな見間違えもなかったろうに。誠に遺憾です(自分に対して)
タイトルロゴもインパクトあって、今風な感じで良いと思います。

そして、なんですかこのわくわくしかないあらすじは!!
『生贄にされた孤独な少女』と『目覚めたばかりで無知な神様』という少女&人外少女の組み合わせはなんとなく『おともだちロボ チョコ』を彷彿とさせますね!!
あちらも設定だけで言えばかなり面白かったので、今度はぜひとも綺麗に完結するお話を期待してしまいます!!
リベンジチャンス!! ですよ入間さん!!

『彼の大規模な移籍』を夢見て

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

衝撃の事実に愕然としていますが……なんとか頑張って感想書きます。

8月9日発売「電撃文庫MAGAZINE Vol.57」掲載の『安達としまむら』短編小説をぜひチェックしてください!

夏休みを終えた安達としまむらは、二学期の一大イベントのアレに参加することに……!

あだむらで確定しちゃいましたか。
内容からして8巻の第1章な感じでしょうね、ちと残念。
二学期の一大イベント……前巻のあとがきにもあった修学旅行ですかね。

・『きっと彼女は神様なんかじゃない』 カバーイラスト
m19_kanokami.jpg
フライさんだー! やったー!
夏にぴったりの清涼感溢れるイラストですね。びゅーちほ。
左の褐色銀髪の子が自称神様、右のいもーとちゃんゆるふわ黒髪娘が『わたし』っぽい気がしました。
左の娘が胸元全開に見えたのは私の心が汚れているからでしょうか。
ぺったんこだしまぁ、大丈夫か(なにも大丈夫じゃない)とか考えてましたが、よく見たら曲げた腕でした。猛省。
しかし、『少女妄想中。』、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛』、『きっと彼女は神様なんかじゃない』と今年刊行された作品の表紙がすべて女性2人というのは……10周年にして本格的にそっちの方向に舵を切った感があります。
もし、今年最後に出るのがあだむら8だった日には、2017年は女の子同士の表紙オンリーということに。
そっちの人では断じてありませんが、男が恋しいよいるまん……

☆入間さんからのコメント

はいこんにちは。入間です。
今更なのですが10周年のお祝いのメッセージ等々ありがとうございました。
なぜ今更かというと、メールが来ているのを知ったのがごくごく最近なのです。
というか今年来ていたメール内容を今頃知ったというか。
なんでそうなったかというと……まぁいろいろ事情があるのでしょう。
私にはさっぱり分かりませんがあるのでしょう。
人気投票とかも有志でやってくれたみたいですね。ありがとうございます。
出来る限りはこれからもがんばらせていただきます。
この度は反応が遅れて申し訳ありませんでした。
そういえば来月、台北でサイン会があります。
日本では需要がないのか呼ばれませんが、台湾ではあるのかもしれません。それとも数合わせ?
なんにせよ、サインしてきます。
向こうも暑そうです。

色々と思うところはあるのですが、とにもかくにも目を疑う一文が……

日本では需要がないのか呼ばれませんが、台湾ではあるのかもしれません。

えっちょっとまってうそでしょえっうそだうそだうそだといってよいるまん……………………………てか10周年にサイン会ないとか電撃文庫関係者各位正気ですか? ありえないでしょそんなん。
流石に台湾のサイン会は勝手が分からなすぎて諦めたのですが、行けってことですか?
台湾でやるのに日本ではやらないとかおかしいでしょ不条理でしょ許せないでしょ!
入間さんはこんなふざけた出版社見限ってさっさと他行くべきですよ!
入間の間のメールフォームも機能していないことが明らかになりましたし……というかなんで入間さんに謝らせてるわけ?
24時間冷房点けっぱなし派とか心底どうでもいい個人情報垂れ流す前にやることあるだろ?
いろいろ事情があったにせよ、結果的にただの怠慢でしかないからな?
はぁ~~~~~~~~~~~~~~ほんとがっかりです。
せっかく入間さんからコメントもらえたのに台無しにされて最悪の気分です。

似妹のグルメ

8月25日発売予定『きっと彼女は神様なんかじゃない』のあらすじが公開されました。

この世界を何も知らない「神様」との出逢いが、わたしの毎日を変えていく。

集落の嫌われ者だったわたしが海の底で見つけたのは、長い眠りから覚め たばかりの自称神様だった。
「お前は本当に神か?」
「多分、そう よ」
この世界を何も知らない彼女との出逢いが、わたしの毎日を変えていく。

比喩じゃなく本当に『神様』的な存在が登場するお話でしたか。
神ではないとしても、海の底で長い眠りについていたということは人ならざる者、あやかしの類ということですから。
デビュー10周年にして、いるまんもついに流行りに乗るようになったということでしょうか。
一時期のカフェブームは大分落ち着きましたが、あやかしブームは未だに続いていますからね。
同じMW文庫だと『神様の御用人』シリーズとかかなり売れてますし、波に乗れることを期待しましょう。
ブームと言えば、最近なにかとグルメものがブーム(特に漫画)なので、いるまんもにもうとのスピンオフでグルメ小説書きません?

『集落』という単語からなんとなく舞台が現代ではないっぽい雰囲気を感じます。
「お前は本当に神か?」というセリフもどちらかと言うと昔の話し方な気がします。

今作の主人公、まだ断定はできませんが、個人的にはほぼ間違いなく女性だと考えています。
根拠は一人称の“わたし”です。
漢字の“私”であれば男性である可能性も十分に考えられましたが、ひらがなの“わたし”となると前例からしてまずありえないでしょう。
別に女主人公が嫌ってわけではありませんが、10周年に1冊でいいから男主人公の物語が読みたいです入間さん。
おかげさまで女性同士の物語も以前に比べればかなり楽しめるようになりましたが、やっぱり私は異性ものが好きなので、それも10周年に1冊は読みたいです入間さん。
初期作品の男主人公みたいな女主人公が意中の相手に猛烈アタックするドストレートな恋愛小説とかどうですか入間さん。

ところで、あらすじから『槍持った女の子がなんやかんやする話』とは別物だと思うんですけど、槍少女の方はどうなったんですかね?
またお得意の自ボツでしょうか?
それとも、この次に電撃文庫から出す予定なんでしょうか?
次回更新時、入間の間でちゃんと説明してほしいところです。

全体的に気乗りしていないようなテンションですが、実際そんなことはなく、むしろその逆でテンションはかなり高いです。
正確にはだんだんと上がっていっている段階です。
だってですよ?
海の底=深海はいるまんの大好きなテーマじゃないですか!
これはもう、この時点で傑作が約束されたようなものじゃないですか!
海の底で眠っていただけで、小説の舞台は普通に陸上なんじゃないの? という冷静な指摘もなんのそのですよ!
タイトルが変わったことだけが残念ですが、それ以外は期待要素しかありません!
ちなみに290Pと文量もばっちり、楽しみーくん!
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード