電撃文庫MAGAZINE Vol.56 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.56の感想です。
demaga56.jpg
の前に入間人間公式サイト『入間の間』が更新されましたので、そちらの感想を。

10周年に際して


 なんと小説家になってから本日で(実は違う)十年が経ってしまいました。えぇいつ経ったの? と驚くばかりなのですが、ほっといてめっちゃ伸びた髪を見ると、あ、けっこう経ってるなこれと思いました。髪の先端が腰まで届きますからね。お前落ち武者みたいにロン毛にして浴衣着てそのへん歩き回る小説家になるよへへっへーいとか二十年前の自分に言っても確実に信用しないと思われます。十五年前も無理。十年前もロン毛のとこで疑うでしょう。小説家になって十年は食っていけるよのとこだけは、信用すると思います。
 よくやってこられたなーとは、ちょっと思いますが。
 今日は嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの十周年でもありますね。それを記念して、11巻が出ます。みんなこの作品を覚えていますでしょうか? 私は正直あまり覚えていません。他にも色々書いてきましたので、さすがに忘れていることも多いです。ので、多少の矛盾とかあっても気にしないで勢いで読んでください。気になったらごめんなさい。
 ちなみに前作キャラもちょろちょろと出てきますが、人選は私の覚えていた範囲での人たちです。分かりやすいね!
 そんな感じです。
 百年経ったら今の地球上の人類はほとんど入れ替わる。私の知る人類は今日、十分の一が塗り変わった。どこがだろうと細かく探していくと、意外に思うほどたくさんのことが変わっている。そうして変化に驚いている間も、天井が少しずつ下りてくる。どこに行っても最後は逃げられなくて潰される。人生と寿命ってそんな感じだと思いますが、どこまで歩いて死ぬかを目指すくらいはできるので、今日も綺麗なものや素敵な青空を見るために生きていこうと思います。まぁ私が死んだって地球や周りはなくなりませんからね。だから気にしない。
 次は電波女の十周年でしょうか。……ところでそれって、いつよ?
 あ、十年を記念した短編が今月発売の電撃文庫マガジンに掲載されています。
 興味がありましたらよろしくね。
 ここまで応援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

紛うことなき黒髪ロングじゃないですか、あざといさすがいるまんあざとい(※個人差があります)
10年前から自信家なところは変わっていないと。
うむ、実にいるまんである。

予防線を張ってくるなんて男らしくないぞ!
書いてくれただけで嬉しいのは嘘偽りない本音ですけど、10周年記念と銘打ったのなら、覚えていない部分を思い出すために読み返すくらいはしましょうよ! なるべく矛盾が出ないようにしてくださいよ!
デビュー当時からそういうスタイルなら諦めも付きますが、そうじゃないじゃないですか。
全く矛盾がなかったとは言いませんけど、昔は細部に至るまで整合性の鬼だったじゃないですか。
昔は出来ていたのに今は出来ないって、はっきり言って「手抜きしました」宣言に等しいと思います。
「いや、俺も年を取ったから……」なんて言い訳は通用しませんよ。まだまだそんな歳じゃないし! ピチピチの30代だし!
と多少の矛盾が気になる勢の天野さんは思っちゃうわけです。
まぁ、実際はそこまで酷くはなかったですけどね。
ただ、どうしても矛盾にしか思えない箇所もあったのでやっぱりすごく気になりました。
あと、個人的にはそういった矛盾点もどうにかこじつけて繋がらないかと考えたりするのが楽しいので、こういう風に事前に予防線を張られると最初から楽しみが奪われるのでやめてほしいというのもあります。

電波女10周年は2019年1月です。
もう2年切ってます。
あっという間にやってきますよ。
でも、ブリキさん大丈夫? という一抹の不安は拭えません。

お詫び
6/1から10まで毎日更新すると宣言しておきながら全然更新出来ませんでした。
有言不実行、本当に申し訳ありません。
言い訳としましては、人気投票の集計に予想より大分時間がかかってしまったからです。
みーまー11発売前になんとしても終わらせておかなければならなかったので、そちらを優先させた次第でございます。
今後は出来ない宣言はしないようにしますので、お許しください。

Continue Reading

クリスマスの翌日編 感想

入間人間公式サイト『入間の間』掲載“クリスマスの翌日編”の感想です。

クリスマス翌日、ある姉妹がお話しておりました……

Continue Reading

あいあいとうさまと×しの双子

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

・『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛』カバーイラスト

◆嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛
mima11.jpg
あの「みーくん」と「まーちゃん」のその後と彼らの子供たちの運命が描かれる――。
【入間人間デビュー10周年特別作品】

 あるところ、ある時代に双子の姉妹がいました。
 姉は妹をこう評します。「わたしと比べたら馬鹿」
 妹は姉をこう評します。「よくできた姉様」
 姉の方は父親によく似ています。「勘弁して」
 妹の方は笑うと母親に瓜二つです。「あっはっは」
 いつの頃からか、妹の存在を認識できなくなった姉。
 悪党を探して殺すために金属バットを持ち歩く妹。
 両親とそっくりで、嘘つきで壊れた二人。
 歪んだ双子の姉妹の、交わらない日常。
 そんな彼女たちが住む町で起きた連続殺人事件。
 そして、双子の姉は言いました。
「うちの妹が犯人よ」と。
 ――ねえ、まーちゃん。今度は僕たちの子供の話だってさ。

……………………………………………あっ






僕は死んだ。







以下、天国からお送りいたします。

まいちゃん(左)は正統派黒髪まーちゃんといった面持ちでお手々に持ってる物騒なアイテムは見なかったことにすれば間違いないく天使ですね、うん。
あゆちゃん(右)はちょっと髪色が明るいこと以外私の理想の女の子の具現化過ぎて10年振りに一目惚れせざるを得ません。
天に召されたことに特に後悔はないのですが、一つ挙げるとすれば「あいあい義父様! あゆさんを僕にください!」って言って返り討ちにされたい人生でした。
まぁ、右腕の動かないあっきゅんなんぞに負ける気はしないんですけどね。
でも、あっきゅんを倒したと思ったら背後から突然お義母様と義妹さんにずがごしゃされ、未来の嫁になるはずだった人にトドメを刺される、そんな幕引きを夢見ていた時期が私にもありました。
閑話休題。
“あい”と“マユ”から1字ずつ取った名前と同様に、容姿も両親の特徴を半分ずつ受け継いでいますね。
顔は父親譲り、肌と髪色は母親譲りの姉・あゆ。
顔は母親譲り、肌と髪色は父親譲りの妹・まい。
ここで朗報です。
設定上(設定言うな)、マユは染めてるだけで地毛は黒髪なので、あゆちゃんも染めてるだけで本当は黒髪ロングなんですよ!!
というか真っ黒々助なまいちゃんが隣りにいるから明るく見えるだけで正真正銘黒ロン美少女女子高生なんですよ!!!!!
え、iの表紙のまーちゃんも茶髪じゃないかって?
左さんがそんなミスをするわけないでしょう?
小学生の時から染めてたに決まってるじゃないですかはははh……そもそもあれは黒なんですよ左さんの中ではあれが黒のはずだし仮にそうでなくても私が黒と言ったら黒なんです!!(早口

『あまり似ていない姉妹がいて』の描写通り、全然似ていない双子なので、流石にこれで入れ替わりトリックは無理そうです。
ただ、左がまいちゃんで右があゆちゃんだとほぼ決めてかかっている私ですが、それがもう罠にかかっている気がしないでもありません。
なんかミスリードの匂いがぷんぷんするんですよね、このイラスト。
いや、イラストっていうかあらすじからして確実にミスリードはあるんですけど、恋する彼女の前科を鑑みるにこのイラストにも絶対何か仕込んでいるだろうなと。
とりあえず、あゆちゃんが右手を後ろに隠していますが、これ絶対裏表紙で物騒なもん持ってるパターンですね間違いない。
包帯は2巻表紙のセルフオマージュ的な意味合いも強いでしょうけど、これのおかげで益々『脇を締めてコンパクトに振り抜く』の主人公がまいちゃんを騙るあゆちゃんにしか見えなくなってきました。ただ、その場合矛盾が出て来るんですよねぇううむ。
発売まで後2週間。
待ち遠しすぎてどうにかなりそう通り越して死んでしまいそうです(もう既に死んでいることに気づくまで後5秒

・入間人間10周年読み切り『10年ジャンプ』

十年前、彼は小説家として第一歩を踏み出した。
小説を書き続けてきて、それなりに世間で受け入れられてきた。
そんな彼がいまだにうだうだと悩む、いつもの日常。

バカ全裸の10年後じゃないですかーやったー!
5周年のときの『五年前 五年後 五年間』の10周年バージョンですね! たっのしみー!!
タイトルは『少年ジャンプ』のもじりっぽいので“中年”と“10年”をかけているんですかね?(失礼
てかみーまーだけでもキャパオーバーなのに6/9ヤバすぎじゃないですか!!
今月短編なくて連続記録途切れてしまったのは残念ですが、来月の盛りだくさんっぷりを考えると全然許せる! むしろ、猶予をくれて感謝する構え!

物書きいるまんと小慣れたひとまん 頂点の起源は底辺

記念すべき入間さんのデビュー10周年まで残すところ後1ヶ月となりました!
というわけで、入間さんへのお祝いも兼ねまして人気投票を開催します!

入間人間創作10周年記念人気投票 “頂点の起源は底辺”

今回はリンク先の投票フォームに詳細を載せてあるのでここで補足することは特にありません。
項目無制限だからって調子に乗って増やしすぎた感はありますが、必ずしも全部埋める必要はありませんので、お気軽に埋められるだけ埋めて投票して頂けたらなと。

それから、今回は入間の間を通して入間さんに投票結果をお伝えしようと思っています。
結果を知らされて嬉しいかはともかく、たくさんの投票があったという事実には喜んで頂けると思うので、みなさん投票よろしくお願いします!!

また、過去の人気投票では途中経過を逐一発表していましたが、今回はサプライズ的要素も持たせたいので、最終投票結果のみの発表を予定しています。
やっぱり一番に報告したいのは入間さんですからね。
あわよくば入間の間のコメントで触れてくれるかもなんて下心はありません。マヂで。

ちなみに入間の間で行われた人気投票を含む全人気投票の歴代1位は不動のみーまーだったりします。
ただ、今回は人気投票自体が3年振りですし、ファン層も結構入れ替わってそうなので、いよいよ玉座を明け渡すことになるやもしれませんね。
え、みーまー11発売直前に開催すること自体が出来レースなんじゃないかって?
そんな人聞きの悪い。
せめて既定路線と言っていただきたいものです。
あーどの作品が1位になるんだろーなー、楽しみだなー(棒)

Continue Reading

MemA:Twins

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

・少女妄想中。『それぞれが、そのあとを』
これ絶対『銀の手は消えない』パロがやりたかっただけでしょ!!
でも、パロと分かっていても素晴らしいから困る(困らない)
あと、ガールズ・オン・ザ・ランのラスト一行が酷くてめっちゃ笑いました。
なんかいい感じに締めてる風なのもツボ。

なんで最後におはようなんですか!
なんで私が起き抜けに入間の間をチェックしているとわかったんですか! おはようございます!

 はいどうもこんにちは、こんばんは。おはようございます、入間人間です。
 書くことないならゲームの話するか宣伝でもしてと言われました。まるで人が小説書いているかゲームしてるだけの人間みたいな扱いじゃないか。まったくその通りなのですが。
 取りあえず直近で言うと4月の雑誌に掲載されているのはみーでまーなアレの宣伝みたいなものというか先行掲載というかまあ関連したものです。6月に向けての露骨なやつです。
 一応続編では確かにあってZでグレートでAOなわけで前作主人公も出ます。前作? というのもおかしいというか、それで表現的に正しいのか微妙ですが、他の登場人物も少し出ます。いっぱいは出ません。多分。新旧キャラ勢揃いで大暴れ、みたいなのではないと思います。
 話としては双子の姉妹とかがなんやかんやする話です。多分どっちもおかしいです。
 イェーイ。
 書くにあたって約10年ぶりに1巻読んでみたんですけど、文章軽いですね。良くも悪くも。大して考えないで思いつきを書いてる感じがあります。思いついたギャグはどんなに下らなくてもとりあえず言っちゃう系だったのでしょう。そこは今とあまり変わらないな。
 あと今回は短編も書いてみました。少女妄想中のちょっとしたその後みたいなものです。
 当たり前ですが本編読んでないとさっぱり分からないと思います。
 あとまだゲームはやってません。そろそろニーアとかスパロボクリアしたいね。
 少女妄想中の元、というか影響受けたゲームとか色々語ろうかなと思いましたが、コメント結構書けたのでまたその内にします。ネタがなくなったら書きます。ではまた。

みーでまーなアレの宣伝めいた先行掲載的な何かが4月の電マガに載ると。
ふわっふわな説明ですけど効果は覿面ですね。
みーでまーなファンを絶対買わねばという気概に満たしてきます。
Zはドラゴンボール、AOがエウレカで、グレートっていうのはマジンガーZでいいのかな?
双子の姉妹がなんやかんやってそれはつまり2冊同時発売という解釈でよろしいか?(よろしくない
真面目な話、今までの文庫未収録短編やら掌編やらをまとめて1冊にした本を出してほしいという思いは強いです。
今回この10周年という好機を逃せば、今後実現することはおそらくないでしょうから、ぜひともお願いしたいところです。
同時発売でなくとも、近しいタイミングで出ないかなー難しいかなーと日々妄想中。

そうかな、軽いかな?
個人的にはむしろ最近の方が昔より軽い気がします。良くも悪くも。
思いついたギャグをとりあえず言っちゃう系なところにシンパシーを感じつつも、やっぱり叔母さんのモデル(というと大袈裟ですけど)は入間さんだったんだと思いました。

まだゲームやれていないのは気の毒ですが、みーでまーなアレのためだからね仕方ないね(ニッコリ
ニーアオートマタ超絶最高だったからなー早くいるまんのプレイ感想聞きたいなーと、敬愛する作家が大好きなゲームをやる間も惜しんで新作の執筆に勤しんでいるというのに、発売から1ヶ月が経とうとしている『少女妄想中。』の感想記事を放置し2Bの美尻をひたすら追いかけ回しているクズクズのクズ、すなわちイッツミー。
いや、最初はちょっとだけ、さきっぽだけ遊んですぐに感想に戻るつもりだったんですよ。でも、無理でしょあんなん。続きめっちゃ気になるもん。キリのイイとこ。キリのイイとこ。ってキリのイイとこなんかねーもん。気づいたらずっぷり奥までのめり込んじゃってるわけですよ。これもすべてニーアオートマタが面白すぎるのが悪いんですよ!!
……などと供述しており以下略。
はい、ニーアはほぼ完クリしたのでDAZE2に戻る前に感想書きます。嘘じゃないッス。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード