入間はどこにも開がない

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

この期に及んで『ぼくらの16bit戦争 ―ラララ終末論。II―』の告知がないですと!?
前回なかった時点で遅過ぎるくらいなのに、今回のタイミングでもスルーとなると次回更新25日になりますが……発売2日前とかいくらなんでも宣伝する気なさすぎではないでしょうか。
せっかく続きが出るぞ! とテンション上がっていたのに、こんなにやる気のない公式の態度を見ていると萎えてきます。
はぁ……もう入間の間に期待するのは諦めます。
sasakureさんが大々的に発表してくれるのを祈るばかりです。

安達としまむら7のあらすじロングVer.&カバーイラストが公開されました。

安達としまむら7
adamura7rogoadamura7non

著者/入間人間 イラスト/のん

定価/(本体550円+税)

2016年11月10日発売

付き合うことになった安達としまむら。
二人の関係がちょっとだけ変わる、第7巻。


 しまむらと付き合うってことは、うーん、まず、い、一緒に登校するとか……でいいんだよね……。でも、何時に迎えに行けばいいのかな。自転車どうしよう……しまむらは歩きだし……早く学校始まらないかな。

 安達と付き合うことになったけど……、何か今までと変わるのかなー。……安達は変わるんだろうか。でも、付き合うってどうすればいいんだろ。うーんよくわかんないな。大丈夫なのかね。

 お祭りでの告白から、彼女と彼女になった二人。夏休みも明けて新学期。これまでとちょっと違う高校生活が始まる。

あらすじはう~ん、少なくとも最終巻ではなさそうです。
イラストの方は後2巻ぐらいしたらしまむらが完全な黒髪ロングになりそうですね!
あと、そろそろマフラーが恋しい季節になってきたかなと(そろそろそのネタやめたげて!

明日発売の電撃文庫MAGAZINE情報に関してはありがとうございます。

10月8日発売の「電撃文庫MAGAZINE」では新企画の短編を掲載中です!

タイトルは「入間人間異色短編シリーズ『光を断つ (上)』」!
イラストは悠久ポン酢さんが担当しております!

気になるあらすじはコチラです!

逃亡中の侍が山中で遭遇したのは、
水浴びをしていた浅葱色の少女。
彼女が振るう“光の剣”とは──。

マガジンでチェックだ!

異色短編というと『サムライ・デッドエンド』と同じカテゴライズで、あらすじも同じく剣客もののようなので、これは期待できそうです!
浅葱色の着物ではなく、水浴びをしていた=裸の状態で浅葱色というのは髪色のことなんですかね?
もしかして、エリオのご先祖様だったりするかもしれませんね。
まぁ、肌が浅葱色の可能性もまだ捨てきれませんけど。
時代ミュータント小説、ありだと思います。
上ってことは『お隣さん交流記』に引き続き上中下構成になりそうです。
下まで早くても4ヶ月かぁ……最近小出しが多いのでたまには完結まで一気に読みたいものです。

今号はもう一つ掌編が掲載予定であることを補足しておきます。
久々のillust×storyでイラストレーターは雛川まつりさんです。
i21b.jpg
去年の受賞者の中では一番好みの雰囲気だったので嬉し楽しみです。

というわけで、明日は電マガ求めて本屋へGO!

Continue Reading

電撃文庫公式海賊本『電撃すぷらっしゅ!』 感想

電撃文庫公式海賊本『電撃すぷらっしゅ!』の感想です。
dengekiSplash.jpg
去年の海賊本『電撃がーるず水着ふぇすてぃばる!』に比べ、お値段据え置きで30ページほど薄くなり、入間さんの掌編もなく、全然すぷらっしゅしていませんでした。

Continue Reading

祝9周年!!

入間さん、9周年おめでとうございます!!
というわけで、入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

短編等を除き書籍化した作品数は電撃文庫41冊、メディアワークス文庫18冊、単行本3冊(入間の間の中の人は終末シリーズは共著扱いにしたのかな?)、アラタなるセカイの計63冊。
平均すると丁度1年に7冊のペースで9年間突っ走ってきたことになります。
入間さんがここまで作家を続けてこられたのは、様々な要因あれど、一定以上のペースで本を出し続けてきたという実績が一番大きいと思います。
これまで本当に手広くどんなジャンルにも手を出してきた入間さん。
あれやこれやの試行錯誤でシリーズを乱立した結果、残念ながら打ち切りになってしまったシリーズもありました。
私自身、他のシリーズを放置して新しいシリーズを始めるのはもうやめてくださいと懇願に近い思いを抱いているのも事実ですし、結果として離れていったファンが少なくないだろうことも想像に難くありません。
それでも、そうだとしても、期間を開けず本を出し続けてきたからこそ、こうして今日という日を迎えられたのだと思っています。
これからも私は色々不満をぶち撒けるでしょう。
本気で新シリーズは始めてほしくありませんし、早く放置されているシリーズの続きを読みたいというのが偽りのない本心です。
でもそれ以上に、入間さんが歩みを止めてしまうのは嫌です。すごく嫌です。
もし仮にまるっと1年刊行がなかったとしたら、そのたった1年の間に過去の人になってしまうんじゃないか。
そんな馬鹿馬鹿しい喩え話を、私はでも、笑って流すことはできません。
これからも入間さんにはずっと、ずーっと書き続けてほしい、小説家でい続けてほしい。
そのために、ファンの意向に反しようがとにかく本を出し続けてほしい、とそう思います。

せっかくのおめでたい日にこんな愚痴愚痴と空気の読めない私ですが、要するに何が言いたいかと申しますと、「9年間、本当にありがとうございました。厚かましいようですが、これからも私に生きる糧を与え続けてください。よろしくお願いします」ということです。

・おともだちロボチョコⅡ『チョコ、大』
風呂敷を畳むかと思いきや、更に広げてきた…だと…?
一体いつになったら終わるんでしょうね? 全然先が見えないのですが。
まぁ、チョコがかわいいのでずーっと続けてもらって構いませんがね。

・安達としまむらif『もしも安達が初期路線を貫いていたら』
初期安達より更に素っ気ない気がしたのは私だけ?
【氷の彫像】の二つ名に偽りなし、ですね。

安達としまむら6 感想

“あだむら”は『安達はののむら』の略称説が浮上してきた『安達としまむら6』の感想です。

夏休み後半。安達のしまむらへの想いは高まり──。
女子高生二人の日常が、ほんの少し動き出す。

安達としまむら6p
 喧嘩の仲直りを経て、元の関係に戻ったかに見えた安達としまむら。しかし、安達のしまむらへの想いは、現状維持で満足することを許してくれず、流されるのでは無く、自ら先へ先へと進もうとしていた。
「しまむら、遊ぼう!」「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」
「そうなんだ……何泊?」「三泊四日の予定でございます」「じゃ、じゃあ。四日後、また来ても……」 「あー、じゃあ帰ったら電話するから」「待ってる」
 しまむらを待ちきれず、電話とメールで連絡をしてしまう安達。そんな様子に、しまむらの中でも安達への想いが変わりつつあった。そして迎えた花火大会の夜。浴衣を身に纏い、お祭りの喧噪の中を歩く二人。安達のしまむらへの想いは、花火とともに大きく舞い上がる。

Q.オーガニック的ななにかとは何か
A.百合

Continue Reading

NO LIFE NO SISTER

電撃文庫公式HPが更新されました。

いもーとらいふ(上)

著者/入間人間 イラスト/フライ

定価/未定

2016年7月9日発売

泣き虫で、根性がなくて、ぼーっとしてて、放っておけない可愛い存在。
――それは、妹。
シスコン&ブラコン兄妹の“一生”を描く真実の愛の物語。

っっっっっっしゃ!(渾身ガッツポーズ
続き気になりまくってたのでめっちゃ嬉しいです。
内容的にはMW文庫、イラスト的には電撃文庫だったので、どちらから出てもおかしくありませんでしたが、電撃ですか。
ということは彼女のイラストが見られるかもしれないってことですね? 頼みますよフライさん!

(上)ですと……?
巻数表記でないだけいいのですが、そういうことすると9666のときみたいに買い控えが起こるのではないかと心配になるのでやめてください><
上ってことは最長でも上中下の3冊で終わるってことでしょうけど、今のいるまんだと下がいつ出るのかわからないので素直に喜べません!
分厚くなってもいいから1冊で出して欲しかったなぁ……いや、いもーとらいふがいっぱい読めるのはすっごくすっごく嬉しんですよ?

あらすじはほとんど電マガの紹介文と同じですが、“一生”が強調されているところを見るとマジで死ぬまで、生涯を終えるところまでやるっぽいですね。
もう既に『たったひとつの、ねがい。』とは違う意味で盛大な表紙詐欺になりそうな予感震えが止まりません。
フライさんのイラストで手に取った人がガチで「うわぁ……」ってなるのを見るのが今から楽しみです。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
2/26更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード