僕の小規模な自殺 感想

イルマクロースからのクリスマスプレゼント『僕の小規模な自殺』の感想です。

僕の小規模な自殺 (メディアワークス文庫)僕の小規模な自殺 (メディアワークス文庫)
(2013/12/25)
入間人間

商品詳細を見る

人類VS彼女

 しがない大学生の俺のもとに、未来からの使者が来た。ただしその姿はニワトリだったが。そのニワトリが言う。『三年後に彼女は死ぬ』と。
 「彼女」とは、熊谷藍のことで、俺のすべてだ。その彼女が、死ぬだって……? だが机をつついてコケコケうるさいそいつはこうも言う、『未来を変えろ』と。
 どちらも真に受けた俺は、病魔に犯されて死んでしまうという彼女のために、三年間を捧げる決意をする。 そして俺は、彼女の前に立ちこういった。
 まずはランニングと食事制限だ!

2013年を締め括るに相応しい、今年の最高傑作でした。

Continue Reading

電波女の本編終了後 感想

入間人間公式サイト『入間の間』掲載『電波女の本編終了後』感想です。

久しぶりにヤツらが帰ってきた!?

novel_s013.jpg
『ヤツらがが』って誤字ってますね。

Continue Reading

MACROSS NAKED

またまたちょこちょこ溜まった小ネタをまとめてみましたよっと。

・ハダカ・リー
井田さんがまたもややってくださいました!
barusami.jpg

フゥ…

カイショー、ですよね? 多分そう。
深夜&徹夜は人を狂わせる……素晴らしい! と感動したのも束の間……
ダンシンカイショーからの
zenranka.jpg

もう3時か…とりあえず今夜は徹夜決定だな…

バヵッ☆
バカがランカでやってくるwwwww
これが噂のゼンランカ!! 完全に不意打ちでしたwww 深夜のテンションは現代科学をもってして説明不能のシロモノだというのか……
全裸は置いといて、僕とカイショーにゼンライオンをデュエットしてほしくなりました。

生き残りたい まだ生きてたい(必死)
小説(キミ)を愛してる
本気のハダカ 見せ付けるまで
僕/私 止まらない

CDデビュー待ってまーす!

・コミック版・バカが全裸でやってくるPV
漫画版・バカ全裸の公式PVがwww

大の男が二人揃ってイチャイチャすんなwww
これでもっとバカ全裸ファンが増えるといいな!

・綾崎隼さんも絶賛!
『花鳥風月シリーズ』、『ノーブルチルドレンシリーズ』、『INNOCENT DESPERADO』など、メディアワークス文庫で絶賛活躍中の綾崎隼さんが恋する彼女シリーズを褒めていらっしゃいましたのでご紹介。

原稿を送って、ようやく入間人間さんの『昨日は彼女も恋してた』&『明日も彼女は恋をする』を読んだんですが、衝撃的過ぎて頭がどうにかなりそうでした。担当編集が絶賛していたのでずっと気になっていたのですが、マジで凄かったです。未読の方はぜひ。

『昨日は彼女も恋してた』&『明日も彼女は恋をする』について誰かと語りたいけど、周りで読んでいる人が分からないので、次の打ち合わせで編集に色々と聞いてみよう……。もっと早く読んでおけば良かった……。放心するくらい凄かったです……。

マジで凄いですよね! 放心するくらい凄いですよね!
ってわけなので、未読の方はぜひ!
読まなきゃハドソン!

ちなみに綾崎さんはバカ全裸も面白いと仰ってました。
ってわけなので、未読の方はぜひ!

・6人目の勇者
アルティマエース最新号に『アラタなるセカイ』過去編の6人目の後ろ姿が載ってました。
初出? と思ってPV見返したらちらっとですが、出ていました。
この女の子が『左京山』ですね、多分。
なんとなく、ゆずゆずっぽい容姿でおとなしそうな雰囲気ですが、6人目・イレギュラーな存在ということはただ者ではないはず。
というか、あのページ数で本当に収拾つけられるんでしょうか……

ラスト一個は『彼女を好きになる12の方法』のネタバレを含むので続きから。

Continue Reading

かつくら vol.3 2012夏 入間人間インタビュー 感想

遅くなりましたが、小説ファン・ブック『かつくら vol.3 2012夏』に掲載されたいるまんのインタビューの感想です。
かつくら vol.3 2012夏かつくら vol.3 2012夏
(2012/07/24)
桜雲社

商品詳細を見る

文量としては『5M』に次ぐ長さでした。五段組で約4ページちょい。
やっぱり今までのと重複してる部分もありますが、少しずつ違ってるとこや、初めて聞けたコメントもあったりと非常に満足のいく内容でした。
早い話が、幸せでした。
それでは、さっそく感想に入りたいと思います。

Continue Reading

明日も彼女は恋をする 感想

メディアワークス文庫8冊目となる『明日も彼女は恋をする』感想です。

どんな時も、あなたのために。
明日も彼女は恋をする

koiwosuru.jpg
 『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。歩いている。わたしが、進んでいる。
 自分の足で。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。まるで別の星へ飛んできてしまったようだった。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。

今作の感想についてはネタバレで著しく楽しみが削がれてしまうやもしれませんので、未読の方は是非、ご一読になってからこの感想を読んで頂きたいと思います。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
2/26更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード