ハイパーイルマ大戦 File.05 『異次元ラジオ』 感想

入間人間公式サイト・ハイパーイルマ大戦 File.05 『異次元ラジオ』感想です。

……の前に。
『タイトルいっぱい』って、さすがにこれはニッチすぎるでしょう!
自分以外に全部わかった人いるの? とちょっと大袈裟に騒いでみたくなるレヴェル。
この企画、本当イルマニア冥利に尽きますね!
\やっててよかったイルマニア!!/

というわけで、登場作品一覧です。

・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんシリーズ
・電波女と青春男シリーズ
・多摩湖さんと黄鶏くん
・犬の道
・道の犬
・N743327
・トカゲの王シリーズ
・ぼっちーズ
・返信
・バカが全裸でやってくるシリーズ
・大学の三丁目あたりで
・クロクロクロックシリーズ
・僕の小規模な奇跡
・茸姫
・未来を待った男
・六百六十円の事情
・六百六十円の事後
・ちょっと無敵、だいたいこども。
・探偵・花咲太郎シリーズ
・アラタなるセカイ

これだけ読んでいれば、全部網羅出来るはず……!

今回の感想なんですが、どこからどこまで引用するかの判断が難しい&文量が少ないということで全文引用させて頂きました。
問題ございましたら即座に消しますのでご一報ください。

Continue Reading

あんな声いいな、こんな声いいな♪

またまた久しぶりの更新になってしまいました。だってネタがないんだもん。
今回は苦し紛れにもし、入間作品がアニメ化した時のキャストでも考えてみました。
イルマニアファミリーの皆さんは大方がアニメ化反対派(もちろん自分もです)だとは思いますが、まぁかる~くネタ程度に流してもらえれば、と思います。
ぶっちゃけあまり真剣に考えていません。ほぼ適当に見たことのあるアニメのwikiを見ながらリンク辿りつつインスピレーションで決めていったので。
あ、地味に自分のアニメ歴がばれちゃいますね。別に構いませんが。
声優さんの名前見ても分からない方もいらっしゃると思い、頑張ってwikiへのリンクを全部貼っておきました(この作業がかなり大変でした。途中で何度心が折れそうになったことか……)ので、そこから「ああ、あの声やってる人か」みたいにお使い頂くと良いかもです。

余談ですけど、wikipediaって読み始めると止まらなくなります。
なんだかんだ読みふけっていたら、今日一日潰れました。
そのおかげで声優さんにについてかなり詳しくなったんじゃないかな、と。

最後に、こういうのってネタでも嫌いな方は嫌いだと思うので、そういう方は今すぐ回れ右お願いします。
全然おーけー気にしないよーって方のみ、続きからどうぞ。

Continue Reading

早稲田文学増刊 wasebunU30 『返信』 感想

初めに、今回なんでこんなに更新が遅かったかというと、一度ほぼ書きあげたテキストを間違えて全消ししてしまったからだったりします。
はい、どーでもいい話終了。
もう既に機を逸しちゃった感がありますけど、もちろんお構いなしです。
英文と空気が読めないことに定評がある自分としては、ここは譲れないな、と。

まず、この紙の匂いがすごく良いです。なんか安心するというか落ち着くというか。
ちなみに、映画のパンフレットも同じ匂いがしますよね。
次は電子版になるかもしれないし、まだ何も分かりませんとあとがきにありましたけど、出来ればこのまま次も紙のままでやって欲しいです。
電子書籍を否定するわけではありませんが(むしろこれから先はこちらが主流になるのが自然な流れだと思います。と言っても自分は一度も利用したことがないんですけど)、自分は本はページを捲って読みたい派ですので。
古いと言われればそれまでですけど。

短篇競作、初めは全部一言ずつくらいコメントしようと思っていたんですけど、予想以上に肌に合わなくてやめにしました。
一応、全部目は通したんですがかなり疲れました。
携帯電波の時みたいに微妙に繋がってると思ってたのに、驚くほど無関係で肩すかしを味わいました。
でも、『笑い飛ばして、笑い飛ばしてよ』は結構良かったです。タイトルが好み。

残りの評論なんですけど、挑戦はしたものの国語の模試をやっているようで進まない進まない。疲労困憊を理由に辞退させて頂きました。
でも、『捏造の技法』はわりかし面白く読めました。
とりあえず、『あの子の考えることは変』を読書リストに追加しました。
本谷有希子さんの書かれる作品も好きなんですよね。
『生きてるだけで、愛。』とか訳分からんけど、なんか分かる気がして、あの独特の雰囲気が好きです。何言ってるか自分でも分からんですけど。

閑話休題。

それでは続きから本命のいるまん短篇『返信』の感想いきます。

Continue Reading

凡夫・天野寂は努めない

イルマニアの方へ、嬉しいお知らせが二つあります。


嬉しいお知らせその1。
「wasebunU30」をamazonで見つけてそれによると発売は2月3日のようです。
俄然、あと一週間じゃん!と滾ってまいりました。
amazonに載っているページ数を見ると184ページとのこと。
このページ数とコンテンツからしているまんの短編は10Pあれば良い方かなといった感じですね。
まぁ、極端な話、例えいるまんの綴った文章が一行だけでも読めるのならば、即断即決でなけなしの金を叩きますよ自分は。我が人生に一片の悔い無し、とか言って最期を迎えるのが夢のような嘘ですし。
それに、買ったらちゃんと他の作家さんの作品も読むんですけどね。

嬉しいお知らせその2。
『探偵・花咲太郎は覆さない』の表紙&あらすじが公開されました。

ぼくの名前は花咲太郎。「推理は省いてショートカット」が信条の、犬猫探し専門探偵だ(しかもロリコン)。にもかかわらず、最愛の美少女トウキは殺人事件を勝手に運んでくる。オネガイヤメテー。これは、そんな僕らの探偵物語だ。

え? これあらすじですか? と問いたくなる何も伝えないっぷりが逆に心地よいです。
表紙はまた左さんですが、黒地に赤いシルエットとくると、みーまー1の裏表紙を思い出さずにはいられません。
またたっくさん人がお亡くなりになりそうな雰囲気ぷんぷん。オネガイヤメテー。
新刊情報のとこをクリックして一番最初に表示されるのが地味に嬉しかったり。
単に作者名のあいうえお順だったとしてもやっぱりなんか嬉しいなぁ、うん。

以上、イルマリアン必見!嬉しいお知らせでした。

来年も変わらぬ超ハイペースいるまん

早稲田文学増刊号「wasebunU30」という文芸誌にいるまんの短編が載るそうです。

小説*短篇競作=「変身」
google化する社会の変身譚。

とのことで

返信       
             入間入間

とのことです。
ちなみに発行予定日:2010年2月上旬、定価:980円(税込)です。
た、高い……どうにか資金作りせねば……

メディアワークス文庫
2/25発売
探偵・花咲太郎は閃かないぞ (仮) 【著:入間人間】

こちらも相変わらずお早い、てか早過ぎです。
また仮題のようですが、なんか念押してきましたねw
この小説に探偵っぽい推理とか期待するなよ、みたいな。
普通にシリーズとして続くっぽいですね、嬉しい限り。

そして、なんと3月に電波4も出ちゃうみたいです。

電波女と青春男(4)
著/入間人間 イラスト/ブリキ
電波女になる前のエリオ、リューシさんと前川さんの淡い初恋、エロ本購入大作戦を決行する俺!?
うー、俺たちの恥ずかしい過去を綴った短編集登場、らしい。

短編集といっても電撃MAGAZINEの短編を纏めたっていうことではなさそうですね、このあらすじを読む限りは。
エリオの過去話がやはり来ました。一番気になるところです。
でも、リューシさんと前川さんの話はやっぱ前の短編っぽい感じもしますね。
真は……うん、勝手に頑張れ。

とまぁ、来年もアクセル全開なご様子ないるまん。
でもほんと、御身体だけには気をつけてくださいってなんか毎回同じこといってますね。
なにはともあれ今は、ただただみーまー9の発売を待つばかりです。
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
2/26更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード