電撃文庫MAGAZINE 2019年8月号 感想

電撃文庫MAGAZINE 2019年8月号の感想です。
denmaga68.jpg
季刊になってから1冊目、奇数月に電マガが出るのはやっぱり違和感があります。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2019.07.11(Thu) PageTop

電撃文庫MAGAZINE 2019年5月号 感想

電撃文庫MAGAZINE 2019年5月号の感想です。
denmaga67.jpg
の前にお約束の入間の間の更新について触れておきます。
前回スルーしたので2回分となっております。

2019年3月25日(月)
髪からいい匂いが


 するから女子力高いですねって言われました。
 それ多分浴衣の柔軟剤の香り。
 イェーイ!
 そんな女子力高めの私がお送りしますわ。
 そういえば安達としまむらがコミカライズするらしいですよ。前したよ!?
 いえ一応ちょっと前にまたするかもみたいなことは聞いていたのですが、掲載誌と作者様はこの間発表されて私も知りました。本当に原作者か俺。
 なにはともあれ再漫画化嬉しいですね。前の漫画も好きでしたけど。ちゃんと背景があれやこれやだったりしておっとなるとこ多かったですね。
 これでコミカライズは……えぇと何作目だ?
 数えられないくらいしているというのは幸いですね。
 これがアレやこれやのアレでした。残るはこれだけ。なにこれ。
 あと私は一人称が初登場したラオウぐらい安定していませんが適当なのです。ご容赦ください。
 引き続き忙しいのでこれにて。また来月。

柔軟剤もいい香りなんでしょうけど、普通に髪の方もフローラル漂ってそうなくらいには女子力高そう。
この殿方、ノリが完全に湯女ですわ。ええ、本当に(心底嬉しそうな顔で

冗談で言ってるなら笑い話なんですけど、ガチで詳細知らされてなかったら笑えないどころか純然たる闇ですよそれ……本当に大丈夫ですか入間さん。
ちゃんと聖地が再現されてたってことなんですかね?
地元民じゃないからおっとなれない悲しみ……。
コミカライズはみーまー、電波女、トカゲの王、バカ全裸、あだむらで新あだむらを入れると6作品になりますね。
(※アラタなるセカイやとりたま4コマも含めると少し増えますが微妙なラインなので割愛)

『これ』はもう『アニメ化』しかないっしょ! これご期待!

2019年4月10日(水)
年が新しく


 なりましたね。私の中では4月に一年が始まっているのです。
 それはそれとして、今年になってまだ一冊も出してないじゃないか! ……まぁ来月2冊出るからいいか。いいよな。
 そして本も出していないのですが、なぜか月末にお金がもらえたりします。なにそれ素敵に怖い。
 他に色々言いたいことはあるのですが、その辺は来月だ、来月。
 ああそうそう、今月も雑誌? が出るのかな? とりあえず出ているならなにか書いていますよろしく。
 割と好き勝手に書いているのでまぁまぁ面白いと思います。よろしく。
 次回の更新にはなにか書きたいと思います。多分。

てっきり4月で年号が変わったと勘違いしているのかと思いましたが、そんなわけないですよね。
平成が終わってしまうのは寂しい気持ちでいっぱいですが、思った以上に令和がしっくり来たのですぐ慣れてしまいそうです。

できれば等間隔に刊行してほしかったですけど、いいでしょう! 許します!!(何様なんだお前

怖いことなんてなにもないじゃないですかー! 素敵に素敵ですよ!
いるまんの血と汗と涙の結晶が振り込まれてるだけです。

他に言いたいことってなにかなー? きっとあれかなー? あれだろうなー?
真面目な話、アニメ化発表するなら最初に入間の間で入間さんに発表させてあげてほしいなと思います。
最近、入間の間で最新情報発表されることなくなっちゃいましたし、何かのイベントで告知されるならまだしも、電撃文庫の公式Twitterでさらっと発表するのはなんか違うと思うんですよね。
入間の間で発表して一体何人が気づくんだよって言われたらぐうの音も出ませんが、5分でいいから先に発表させてあげてもいいじゃん!! って思うわけですよぼかぁ!!

電マガの告知テキトーすぎる! 完全に他人事ですよこの人!
いやまぁ、作者が宣伝までやらなきゃいけないってのもアレといえばアレなんですけど。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2019.04.10(Wed) PageTop

電撃文庫MAGAZINE 2019年3月号 感想

ご無沙汰しております。
前回の入間の間の更新日はKHⅢの発売日と被っていたので大事を取ってお休みしました。
最高オブ最高だったって話はまたどこかでするとして、今回は入間の間2回分の更新と電撃文庫MAGAZINE 2019年3月号の感想です。

2019年1月25日(金)
年が明けたぜ!


 今度こそ。
 明けましておめでとうございます。
 年賀状送って頂いた方、ありがとうございます。
 引っ越してもう少し経つと一周年なのですが、未だに家の住所を覚えていません。迷子になったとき困りますね。外あんまり歩かないけどね!
 そんな感じで元気ですこんにちは。
 安達としまむらガンガン書いてます!嘘ですすいません今は書いてません。
 ただ先に言っておくと8巻は最終巻ではありません。もう少し続きます。
 よろしくね。
 あと雑誌に連作短編も載せますのでよろしくお願いします。登場人物がもれなく不安定なラブコメです。安定していたらただのラブですからね。それはそれで素晴らしいですね。でもそんなことにはならない。最初は普通ですが、すぐにおかしくなります。まるで書いてるやつの精神状態そのままだ。
 宣伝くらいしか現状書くことないぜ!
 いえもう少し経てばまた書くことも出てくるはずなんですけど……。
 それと短編書きました。簡単な話にする予定だったのですが少し長くなりそうなので前後編となります。今回は前編ね。後編は次の更新です。
 そんなこんなでした。ではまた。

さらっと8巻が最終巻ではないと重大発表されてますね。
う~ん、ぽんぽん出してくれるならいいんですけど、またず~っと待たされるくらいなら早めに締めてほしいところではあります。
9巻以降どれだけ続くかわかりませんが、みーまー超えも視野に入って来ましたね。

今月の電マガで連作短編第一話読ませて頂きましたが、まさに不安定なラブコメでした。
個人的には登場人物というか展開が不安定だなって思いましたけど。
これがいるまんの精神状態だとしたら結構ヤバイ気がしますです。

2019年2月8日(金)
こないだ


 免許更新のためにやむなく、何年かぶりに洋服を着たんですよ。
 信じられないくらい辛かったです。
 肌と服の間に余裕がないわ、くそ熱いわ、と自由のすべてを失った気分でした。
 みんなよくこんなの着て生活してるな! と本気で思ってしまいました。
 それと浴衣よりすごく熱いし、なるほど洋服が流行ったわけだと実感しました。
 私は一体何時代から来たのでしょう。
 そんなこんなでこんにちは。
 書くことがないということは平和ってことですね。
 最近はアレやったりこれやったりしています。
 そうした細々としたものをこなして、いつの日にか良い知らせをお届けできるといいですね。いやいつかっていうか、今年中の話なんですけど。
 いいことあるんでしょうか。ええ多分あります。なかったらやってられませんね。
 それとすっごく久しぶりに打ち合わせに呼ばれました。
 呼ばれましたというかこれ書いてるときはまだ行ってないんですけど。
 会社の場所わかんねぇ!忘れた!電車乗るの一年くらいぶり!と楽しい要素満載です。
 イエーィ。
 あと短編の後編です。こんな感じの緩いやつを一冊年内に出せるといいですね。
 ではまた。

免許更新に浴衣で行っちゃいけないんですか?(素朴な疑問)
まぁ、TPOを弁えるのも大事ですもんね。
相変わらずユカティスト(ねぇよそんな単語)として日々過ごされているようで嬉しい限りなんですけど、いるまんそのうちハルくん(甥っ子)に「ひとまおじさんはなんでいつもおまつりのかっこうしてるの?」って言われる日が来そうですねっ!
もしかしたらもう来てたりして笑

一年ぶりってことは引っ越してから初めてな感じじゃないですか!
せっかく近くなったのにあんま意味ねぇ!
でも、今回はすぐ着くので余った時間でブラブラできますね!
あ、私は無駄にブラブラするくらいなら早くお家に帰りたい派です。

・ねことほし・前編・後編
本当緩い感じでした。
突如長田君とかいう謎すぎる宇宙生物が出てきましたが、また別の作品か何かで再登場しそうな予感。
繰り返しになりますが、エリオがちゃんと母親してるのを見るとなんか嬉しくなりますね。
denmaga66.jpg
・海とカナリア 第1話『ラブコメサイコォー』

不登校の女子小学生と一緒に学校をサボって海で遊んだり水族館でデートしたり。
親戚でも兄妹でもない。
組み合わせとして、やや不適切?

ある日、鯨の死体が流れ着いた海辺の町で二人を取り巻くのは他愛のない日常か、それとも……。

第1話としては最高の滑り出しなんじゃないかと思います。
城ヶ崎君(小学五年生)マジかわいい。
すごく続きが気になるので今度こそ間を空けず連載してほしいです。
つくぐさんのイラストもびゅーちほ。
今後にめっちゃ期待できるので、これは近いうちにちゃんとした感想を書く予定です。

・あとがきがわりに……「冬の時期あるあるでひと言」でひと言
ひと言でひと言て、重複しとるやないかーい!

静電気の季節! ですね!(タイトル言いたかっただけ)
季節で一番冬が好きですけど、寒いのは苦手なので手放しに好きとは言い難いんだよなーってのは常々思います。
好きだからってそのすべてを肯定しているわけじゃない、好きだからこそ受け入れられないこともある、そういう一括りにできない複雑さが私は好きです。

Trackback [0] | Comment [2] | Category [入間人間] | 2019.02.10(Sun) PageTop

電撃文庫MAGAZINE 2019年1月号 感想

電撃文庫MAGAZINE 2019年1月号の感想です。
なぜか今号から号数がなくなったようです。謎です。
denmaga65.jpg
その前に入間人間公式サイト『入間の間』が更新されましたので、そちらから。

昔好きだったキャラクター


 をふとした時に思い出して、今どうなんだろうって少し調べてみるとまだ細々と活動している。季節毎に壁紙だって配っていて、その中ではとても楽しそうで。
 そういうのを知ると悲しかったり嬉しかったりと痛切に複雑な思いが去来しますね。
 胸の中がげっそりするようなあれが苦手です。苦手ですが好きです。
 まぁそんな話は特に関係ないのですが、雑誌の2月号からは新しい話を載せていこうと思います。
 連作で内容は簡単に言うとラブコメです。
 多分。
 タイトルにラブコメとかつけてもいいくらいには。
 17歳男子と11歳女子がキャッキャする話だと思います。
 恐らく。
 次回はクリスマス編の短編掲載予定です。誰の書こう。
 あとほっといた髪がまた伸びました。獅子王司よりも長いと思います。
 長くても煩わしさを感じなくなったのはいつの頃からだっただろう…。
 昔は確実にあり、辿ってきたはずなのにいつからかぼやけてしまう。
 忘れないでいたいこともたくさんあったはずなのに、いつの間にかどうでもよくなって記憶から失われている。まるで最初からなかったように。
 ちなみに新作とはまったく関係ありません。
 ああそれと今月号に安達としまむら載ってます。よろしく。

くーまんのことかな?
調べたら壁紙じゃないけどTwitterで月に2~3回くらい細々とイラストを投稿しているようです。
苦手だけど好きですって感覚はよくわかります。
個人的には入間作品はそれに近い感情にさせられるものが多々ある気がします。

新作! 連作! 今度こそはちゃんと続きますか?
もうそればっかりが気になってしまうのが嫌なので、間隔開けずに続けて完結させてくださいね。
内容は『17歳男子と11歳女子がキャッキャするラブコメ』ですか……太郎が見た夢だったってオチかな?
久々にガッツリ男主人公の話になりそうですごく楽しみです!
もちろん、ヒロイン視点の可能性も大いにありえますけど。

クリスマス短編♪
ぜひぜひ、小規模バカップルでお願いしますなんでもしますから。

司よりも長いってかなりローーーーーングですねw
(司知らない人のために画像載せておきます↓)
tukasa
霊長類最強の男の上をいくいるまん……つまり、哺乳類最強の男ですね!!(哺乳類だとなんか強そうに聞こえないw

» read more...
Trackback [0] | Comment [2] | Category [入間人間] | 2018.12.10(Mon) PageTop

電撃文庫MAGAZINE Vol.64 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.64の感想です。
denmaga64.jpg
の前に入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

先日


 サイト当てにメールが来た。
 その内容に、最終選考に残ったので改めて弟子にしてくれというものがあった。
 何年も前に同じことを言っていた人がいた。恐らく、同一人物なのだろう。
 私の弟子になりたいなどという奇特な者が何人もいるとは思いがたい。
 まぁ違うかもしれないけど。
 弟子にしてくださいと言っていた若者が、今や最終選考に残る。
 よく励んだものだな、と心から感心する。
 同時に、変遷も感じた。
 雑誌の連載……というのもおかしいけれどそれが終わったことも含めて、小説家としての私に残された時間というのは思いの外、少ないのかもしれない。
 どれくらいかというと、甲陽鎮撫隊が出撃したくらいかもしれない。
 それはさておき、もうすぐ配信される(はず)missingというゲームがなかなか楽しそうですね。楽しいといいですね。
 あとやがて君になるのアニメを観ていたらいきなり俺の名前が見えて目を疑いました。
 堂々と出てましたが関係はあるようでないようで少しあるようで肝心の本がまだ出てません。
 まだ関係者ぶりづらいので、出たら買ってみてね!

そんなこと言うのやめてくださいよ……
泣きますよ? 引くくらい泣きますよ?
冗談っぽいならまだしも、ガチっぽいのが不安で仕方ありません……
どうやらこの書き方からするに電マガでの掲載休止は今回限りってわけではなく、前回で最後だったってことのようですね……
『甲陽鎮撫隊』って何? と恐る恐るググってみたら、速攻壊滅してるじゃないですか!!
冗談でも言って良いことと悪いことがありますよ!!
それはさておくな!!
今はゲームの話なんてしてる場合じゃない!!
嘘だけどってつけ忘れてるぞ!! ちゃんと言え!!
……言ってくださいよぉっ!!
『小説家としての私に残された時間というのは思いの外、少ないのかもしれない。』じゃねーですよ!!
何格好つけてるんですか!! もっと足掻いてくださいよ!! 
何諦め受け入れムードに浸っちゃってるんですか!!
あなたが書く主人公たちはみんなどんなに惨めでも、どんなにどん底にあっても決して諦めずに足掻いて足掻いて足掻き続けて、最後には必ず幸せを掴み取っていたじゃないですか……!!
このままフェードアウトなんてお天道様が許しても、この天野寂が……見逃しませんよ!!
入間さんはそれで良くても、私が困るんです。
私は!! 入間さんの小説が読めない人生を生きていけない自信があります!!
書き続けてもらうためだったら脅迫まがいのことも辞さない覚悟です。なんたって命懸かってますから。
だから……お願いですから、そんな風にご自身を過小評価しないでください。
少なくともここに一人、あなたの新作を待ち続けている読者がいるってことを忘れないでほしいです。



すごいポジティブに捉えると『バカが全裸でやってくる』が現実になりつつあるってことでもありますよね。
何人もいるとは思いがたいって言ってますけど、一問一答で結構いっぱいいましたよね笑
あの中の誰かなのかな?
本当にすごいことだと思います。
ぜひとも弟子候補から弟子にランクアップしてほしいものです。
その際は弱気になってる師匠のケツ思いっきり蹴り上げてやってください。
陰ながら応援してます。

ひょっとして、一人称が『私』から最後『俺』になっているのもわざとなのかな?
あえてだったら嬉しいな。

『やがて君になる』のアニメはまだ観てません。
いるまんの名前をチェックするためにも早く観ないと、ですね。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.10.10(Wed) PageTop


 発売カウントダウン!
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム