僕の小規模な奇跡 感想

 記念すべきかどうかはまぁ置いといて、本ブログ感想第一弾となりますのは、こちらは紛れもなく記念すべき入間さんのハードカバーデビューを飾った『僕の小規模な奇跡』となりました。
ずーっといるまん(いきなり変なあだ名)を追い続けてきた自分からすると、ついにいるまんもハードカバーデビューかぁとなんかこう感慨深いものがありますね。
発売を知った時ももちろん嬉しかったですけど、本屋で平積みされてるのを実際にその目で見たときはちょっと感動しましたね。
自分が8日に買った時は新書コーナーとラノベコーナーにそれぞれ十冊以上ずつ積んであったんですけど、電撃文庫Magazineを10日に買いに言った時にどっちも残り二、三冊くらいになってるの見て表情には出しませんでしたが、内心ニヤニヤしまくっていたのは内緒です。

僕の小規模な奇跡僕の小規模な奇跡
(2009/10)
入間 人間

商品詳細を見る
『あなたのこと全く好きではないけど、付き合ってもいいわ。その代わりに、わたしをちゃんと守ってね。理想として、あなたが死んでもいいから』

もしも人生が単なる、運命の気まぐれというドミノ倒しの一枚だとしても。
僕は、彼女の為に生きる。
僕が彼女の為に生きたという結果が、いつの日か、遠い遠い全く別の物語に生まれ変わりますように。
これは、そんな青春物語だ。

さて、本作は電撃Magazineの付録として書き下ろされた同題の短編のその後のストーリーを描いた、みたいな感じになってます。
公式の紹介文と試し読みから全然関係の無い話だと勝手に思っていたので、プロローグ読んでて「あれ、これまんま短編じゃん」と少し予想外でした。まぁ、まんまではなく結構書きなおされてましたが。

内容紹介としましては、主人公的ポジションを務めるのはとある兄妹でそれぞれの一人称視点が交互に入れ替わりながら進んでいく形になっていますので、あらすじもどきは一人ずつに分けてお送り致します。

兄編:
大学の入学式で一目惚れした女の子にいきなり告白するも返事は当然完全ノー。
しかし、スーパーポジティブシンキングと彼女へのラブパワーで翌日、再アタックを試みる。
なんやかんやあって『好きじゃないけど、付き合ってもいいわ』と意味わかんないけど
彼女がそう言うんだから、取り敢えず喜んどこう。きゃほーい!

妹編:
人生色々あって引き籠りになっていた私だったが母の紹介で靴屋のバイトを始めることに。
毎日のように店に現れては靴を買っていくお得意様ことハンサム丸との交流が密かな楽しみだったり。
靴購入の動機を尋ねるくらいの仲に発展していたある日、なんとハンサム共和国に招待されてしまう。
どうしよう、私のパスポート期限切れだ。ぐはっ、胃が……。


それでは続きからネタバレ全開で語っていきます。
追記:文庫版の感想も書きました。

Continue Reading

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09 11
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード