バカが全裸で待っている

来ました、やっと来ました、メディアワークス文庫新刊情報。
昨日から自分に何度開かせる気だよってくらい中々更新されなくて、F5連打していましたが、ちょっと昼寝している隙にででーんと更新されていました!やったね!
それではお待ちかねのバカが全裸でやってくるあらすじです。
バカが全裸でやってくる

この作品はフィクションであり、
実在する作家・小説賞・団体とは一切関係ありません。
バカが全裸でやってくる

入間人間

599円 (税込) 書き下ろし

 バカが全裸でやってくる。僕の夢は小説家だ。そのための努力もしてるし、誰よりもその思いは強い。しかし努力と環境では、才能は覆せない日々が続いていた。お話をつくることを覚えた子供の頃のあの日から、僕には小説しかなかった。けれど僕は天才じゃなかった。小説家になりたくて、でも夢が迷子になりそうで。苦悩する僕のもとにやってきたのは、全裸のバカだった――。
 大学の新歓コンパ。そこにバカが全裸でやってきた。そして、これが僕の夢を叶えるきっかけになった。こんなこと、誰が想像できた? 現実は、僕の夢である『小説家』が描く物語よりも、奇妙だった。


タイトルからまるで内容が予想出来なかった全裸バカですが、やっべぇですね、めちゃくちゃ面白そうな予感しかしないです。
興奮のあまりさっき食べた鰻が滝登りの如く、逆流してきそうです。
小説家を夢見る青年が主人公……はっ、これはもしやいるまんの実体験!?などと暑さにとろけるブレインですけど、
この作品はフィクションであり、
実在する作家・小説賞・団体とは一切関係ありません。

の部分がなんかもう逆に関係ありますけど何か?と言っているようにしか見えません。
まぁ、でもいるまんは天才だからやっぱ違うかーと以下略。

表紙も「おお、これは文句なしに一般向け!」と高らかに宣言するような、かの有名な全裸像ダビデ像が表紙の本が表紙になっていてなんともおしゃれ感漂いますね。
本の中に本が入っていてこれがいわゆる無限ループというやつですね違いますね。
一抹の不安としては、バカ=全裸ということでしょうから、こんな風にダビデくんを使ってミケランジェロさんに怒られないかどうか心配です。
そして、英題までつけちゃったりなんかして、んもーいるまんったら、ぐろーばるすたんだーど!
Naked stupid man is coming here
発売まであと一ヶ月、バカは全裸で待っている=全裸待機がイルマニアの努め。

同じくメディアワークス文庫から8月に刊行される魔界探偵 冥王星O トイボックスのTあらすじ。
魔界探偵 冥王星O トイボックスのT

メディアワークス文庫×講談社ノベルズ、
『NECK』から生まれた驚異のコラボレーション!
魔界探偵 冥王星O
トイボックスのT

越前魔太郎

599円 (税込) 書き下ろし

 目を覚ました。巨大な篭の中で。扉には、大きな南京錠が二つ。
 わたし、閉じこめられてるのか。赤ちゃん用のおもちゃに囲まれて、篭の隅には、仮面をかぶった大男がいた。
 ……これなに?
 それと、今更だけど、わたし、誰? ……そうか。わたし、記憶喪失か。いや、分かってたけどね、本当は。
 さて。またあの気持ちいい夢に耽溺しよう。
 さあ、早くわたしに、狂った男の記憶を注入して。
 ソリッドシチュエーションホラー登場!


ラノベ風味の表紙ですけど、個人的には好きな感じです。
この絵師さん、多分pixivで見たことある人だと思うんですけど、違うかなぁ。
このあらすじから分かるのは、監禁&記憶喪失ものってことですね、中々面白そうです、楽しみ。
まだ発売してもいないのにこんな話をするのもなんですが、本書担当は色んな噂から御影瑛路さんらしい(あとがきでそんなようなことを仄めかされていたそうです)んですけど、一緒に出る俺のコンビニの作者・峰月 皓さんのプロフィールとこの越前魔太郎のプロフィールが全く同じなのは単なるミスなのか、はたまたネタばらしなのか。
ミスの可能性が高そうですけど、もしミスじゃなかったとしたら同時二冊刊行……峰月さん中々すごそうな人っぽいですね。
7/28 追記:やっぱりミスだったみたいです。今覗いたら修正されていました。謎の覆面作家と言っているのに、9月には舞城王太郎による『冥王星O』を発売。と謎でもなんでもなくなってる気もしますが、気にしたら負けですね。

そしてそして、講談社ノベルスより9/6発売、舞城さんのターンは『魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD』!
ダブルDって……その手があったか!!と一人勝手にしてやられてました。
最後(かどうかはまだ不明ですが)を飾るに相応しそうなごっついサブタイを付けて来ましたね。
ちなみにちょっと前に『獣の樹』と『NECK』を読んだんですけど、これがまた面白くて。
特に『NECK』の舞台がめちゃくちゃ観たくなっちゃって今度DVDが出るそうなので買っちまおうかと財布くんと検討中でございます。

ね、面白そうじゃないですか?いや、面白いんですよ。
ホラーのようなコメディのようなあやふやな雰囲気が笑いを誘いまくりな作品なわけです。大爆笑シチューです。
そんなわけで?来月発売の短編集『イキルキス』がものっそい楽しみです。
舞城さんの短編集大好きなんですよね、ピコーン!とか我が家のトトロとかが個人的にお気に入り。

来月は全裸にラジオに電マガ短編に映画情報に大忙しで入間充な月になりそうです。
いいのだろうか、こんなに幸せで。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード