はいじゃあ撮りますよ~、ぼっちーズ パシャ

エビバディセイ
いるまんハードカバーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!

■人気作『六百六十円の事情』コンビが贈る、入間人間の単行本

 ぼっちーズ

 著/入間人間 イラスト/宇木敦哉 予価/1,680円(税込)
 判型/四六判ハードカバー 発売予定日/2010年11月10日


 友達すらつくれない僕にも、好きな人ができた。

 空を自由に飛びたいわけじゃない。愛と勇気を友達にしたいわけじゃない。明るく光る星一つ見つけたいわけじゃない。僕が望むのは、普通の人のまわりに、当たり前にあるべきもの。酸素とチョコレートの次ぐらいに、誰もが気軽に手にしているもの。漢字二文字で、世界の在り方を大きく変えてしまうもの。孤独と集団の壁を生み、ときに壊すもの。友達。生まれて初めてその単語を口にする。僕は独りぼっちだ。友達。それは僕にとっての途方もない奇跡の象徴。僕と他人が揃っても、『友達』にはならない。『ぼっち達』になる。僕の場合、1と1が合わさっても、2にはならない。なぜか1と1が、延々と続いていく。なぜだ。僕は祈る。どうか届け。できれば神様に。途方もない可能性を内包するご都合主義的な奇跡よ、降臨せよ。友達。僕はそれが、欲しい。すべてはあの忌まわしき楽園、秘密基地から抜け出す為に。

前々からB★SK(僕の小規模な奇跡)発売から一周年、これはまたハードカバーがくるんじゃないかと、いや来てくださいお願いしますと祈りを捧げていましたが、いやはやもうね。
さすがいるまん!期待を裏切らないぜ!そこに痺れる!憧れるゥ!なわけですよええはい。

まず、このタイトル。
『ぼっち』なのに複数系。
入間作品初(短編含め)のひらがな&カタカナタイトルでもあります。
面白そうというかいるまんの本領発揮オーラが漂いまくってきていまから窒息死を懸念せねばならぬ事態です。

空を自由に飛びたいな~♪
愛と勇気だけが友達さ~♪
は分かりましたが最後の『明るく光る星一つ見つけたいわけじゃない』の元ネタが分かりません。どなたか、分かれば教えてください。
追記:元ネタは一休さんのようです。教えてくれた方々、ありがとうございました。
明るく光る星一つみつけました~♪

そして、『六百六十円の事情』でコンビを組んだ宇木敦哉さんがイラストを担当されるとのこと。
ハードカバーでイラスト?と思いましたが、カバーイラストってことですよね。
宇木さんのイラストは非常に好みですので、こちらもまた期待膨らみポイントです。

10月は電撃文庫Magazineの短編のみ(電撃文庫からもMW文庫からも出ないようです)で月刊入間人間としては一旦途切れることになりますが、それがどうしたったったー。
もうね、ハードカバー出してくれるんなら、もっと休んでくれてもいいですよ。ってなんか上から目線なのが自分でも腹立たしいですが。
というか本当にたまには休んでくださいね。話は若干逸れますが、尾田さんも然り。

いと待ち遠し、霜月十日。
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08 10
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
2/26更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード