長くないままニューノベル

本物の『電撃文庫ブートレッグ』 Volume.151が配信されました。

┌────────────────┐
□5月の新刊予定(2013年5月10日発売)□
└────────────────┘
☆新作!
俺と敷島さんだけが、この世界が『ゲーム』だと気づいた。
◆強くないままニューゲーム Stage1 -怪獣物語-
著/入間人間 イラスト/okiura 定価:557円

 昼休み前の平和な教室を、突然巨大怪獣が襲った。俺は、踏みつぶされて死んだ。
 ――直後。視界に謎のコンティニュー選択の画面が現れた。
 「Yes」の表示を選ぶ。すると、昼休み前の、『死ぬ直前』の教室に戻った。つまり、生き返った。そして、俺と敷島さんの二人だけが気づく。この世界が『ゲーム』だということ。再びあの巨大怪獣が襲ってくるということに。俺たちは、強くないままニューゲームを繰り返す。

あらすじが長くなっても情報としては今までとほぼ変わりませんね。
内容とは関係ないですけど、値段を見て「次も短いなぁ」と思ってしまいました。
安いのはありがたいことですけど、ひさしぶりにがっつり長編読みたいなぁー。みーまー8クラスの。
でも、ここ数年の作品から考えるに、短くスマートにまとめるスタイルを確立したっぽいんですよね。
同じ内容なら短い方が良いですし(例外もあるにはあるでしょうけど)、極力無駄を排して高密度に圧縮されていた方がコスパも断然優れていると思います。
ただ、そうだとしても、1年ないしは2年に1冊くらいは長編読みたいよねっていう。
早い話が『僕の小規模な自殺』はまだですか? ってことです。
出してくれるのであれば、いくらでも待ちますけども……一体いつの話になるのやら。

はい、というわけで、未来予知はなりませんでした……

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2013.04.04(Thu) PageTop


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム