しまむら ジムへ行く 感想

電撃文庫MAGAZINEVol.31掲載『しまむら ジムへ行く』の感想です。

「名前は? 誰?」
「そんなこと関係ないと思います」
「はあ」
「どっちが正しいかなんて、分からないから。
 正しいと決めつけるために勝負しましょう」
「勝負?」
「わたしが勝ったらこっちが正しいので、
 今日だけ子供に良い母親面してみてください」

イラストページに書かれているこの引用文なんですけど、本文にない「はあ」を勝手に追加するのはやめてほしいと思いました。
あるとないとでは、かなり印象が変わってくるので。

前回のあらすじ

この世界のどこかに住む女子高生の二人、
しまむらと安達が、のんびり日常を過ごす。
体育の授業をサボって、体育館の二階でおしゃべりをする二人は、
一念発起して重大なことを成し遂げた!
制服でピンポンをして! 釣り堀でフィッシングして!
宇宙人と会話して! カラオケに行った!
そして今日は、しまむら一人のお話です。

このあらすじもちょいちょい突っ込み甲斐があります。
リトルヤシロンは未来人ですよー(自称ですけど)はまだいいとして、一念発起して重大なことを成し遂げた!の一文には?と首を傾げるしかありません。
とまぁ、そんなわけで続きから感想です。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2013.04.15(Mon) PageTop


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム