『神のゴミ箱』2章(後)『実は3章でもよかったと思う』 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.36掲載『神のゴミ箱』2章(後)『実は3章でもよかったと思う』の感想です。

清く正しい『援助交際』。
それは、女子中学生・木鳥を、彼女の父親と会わせてあげることだった。
神も、なかなかにくい男である。

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2014.02.10(Mon) PageTop


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム