一瞬にして机上の料理消失マジック

ついに連載スタートとなりました『電波女と青春男』コミカライズ。
早速、電撃G's magazineをゲットして読みました。
ちなみにこちらで少しだけ試し読みが出来ますので宜しければ。

というわけで以下軽く感想をば。


表紙のある方からパラパラっと捲っていって「え、いきなりこんなところから?」と思いつつ3ページ程読み進めてやっと「ああ、漫画は逆からなのね……」となったのは自分だけでしょうか。
ええ、きっと自分だけでしょう。

それはさておき。

はっきり申しまして、期待はずれだった、というのが正直な感想です。
やはり入間作品の良さは小説でこそ、活きるものだな、と。
やっぱあの地の文あってこその面白さだよな、と再認識しました。
まぁ、当たり前のことを何を今更って話ですけど。

絵に関しては悪くはない、悪くはないです。
絵柄自体は結構好みなのですが、漫画になるとちょっとパッとしない気がします。
表情の描き分けが出来ておらず、全体の印象がのっぺりしたものになってしまっているのが一番残念な点でした。
真が「うっさいわ!」とキレるシーンも絵だけ見ると怒ってるのか笑ってるのかイマイチ良くわからない微妙な表情。
デフォルメチックな可愛さはすごくいいんですけど、四コマとかそっちの方が向いているような気がします。
イラストの上手さと漫画の上手さの違いを如実に感じました。

ストーリーに関してはほぼ原作に忠実に描かれていました。
冒頭の一ページは挿絵と完全に一致です。
第一話の内容は具体的に言いいますと、原作10ページから47ページまで。
オリジナル要素は冒頭の女子高生(推測)二人の会話と最後の展開ぐらいでしょうか。
原作だとこの後エリオがジャイアントスイングの刑に処されるわけですけど、漫画版ラストだとそんな雰囲気じゃないですね。

あとやっぱり不満点としては、女々さんに叔母さん要素が微塵もないこと。
アラフォーのいい歳したおばさんが寒いこというから笑えるのであって、この女々さんはどう見ても二十代。十代後半でも通る容姿。
極端に老けさせろとは言いませんけど、せめて少しくらいはシワ入れるとかして欲しかったです。
まぁ、老け顔の塩梅が難しいでしょうけど、そこにはちょっと拘ってもらいたかったなって。
きっとまたエロエロ編集の余計な一言が入ったに違いありません。

地味に小海が出てました。後ろ姿ですが。
こういうチラ見せ的演出は好きですね。良かったです。

チラ見せと言えば、エリオのパンチラもといパンモロ。
うん、あれにはときめけねぇな。
なんか居た堪れない気分になってくるわ。
イメージ映像の女々さんには笑いました(笑うとこですよね?)
本当にこういう下着着けてそうだから困るw

全体的に特筆すべきところのない平坦な漫画だった、というのが最終的な纏めです。


なんだか否定的な意見ばかりですけど、そもそもコミカライズって大体こんなもんだよなーということも分かってますので、そんなつもりはなかったんですけど自分が期待しすぎだったんだな、と今は自己分析しております。
というかまだ一話ですからね、早計は禁物ですよね。
まだ前川さんやら御船さんやら主要メンバーさえ揃ってないわけですから。
勝負はそれから!だと信じておりますので、どうか頑張って頂きたいものです。


それから自分としては、原作未読の方の感想が聞いてみたいです。
面白いのかな?どうなんでしょう?

それからこの雑誌、950円とかな~りお値段高めなのが結構痛かったりします。
毎月これはちょっとキッツイです。
他にも読むものあればいいですけど、電春の為だけにっていうのは……現在、脳内会議ではこれからも購読を続けていくか否かの検討が行われております。
まぁ、様子見でもう少しは買ってみるつもりです。

●電波女と青春男コミカライズ決定! +3
●女々さんが若々。         -3
●掲載雑誌がかなりお高め      -2
――――――――――――――――――――
現在の満足ポイント合計       -2

Leave a comment

Private :

Comments

私も読みましたー。
感想は天野寂さんとほぼ同意見です。
期待しすぎてた部分は確かにありますね。そもそも入間先生の作品を漫画で表すのは普通に困難ですよね。
これはどちらかというと原作未読の方の意見の方が重要っぽい。たぶん既読の人はだいたいみんな同じ感想を持つと思います。

ただコミカライズの難しさという点を踏まえても、女々ちんの若々しさは受け入れがたいですし、何より丹羽くんの青春に対する姿勢を若干履き違えてるような気がしました。
オリジナル要素を入れるのは構わないんですけど、女子校生同士のいちゃつくシーンを見て喜ぶ丹羽くんって……んー、確かに原作でも「眼福」とか言って喜んでる節はありますけど、あそこまであからさまではないような。私にはどうしても、ただのエロ高校生にしか見えなかったというか。
あ、でもラストのオリジナル展開は好きでした。ジャイアントスイングかと思わせて親子二人で悶えるシーンは一つの話の区切りとしていい幕引きだなーと。おそらくあの後ジャイアントスイングされるんでしょうけどw

こうなるとみーまーが心配になるんですけど、期待しすぎない程度に待ち望もうかなと思います。でも何となく、本当に何となくですけど、みーまーは意外と漫画は合うような気がするんですよね。

ちなみに電撃G's magazineは初めて読んだので、私も天野寂さんと同じく最初は読む方向を間違えましたw
Posted at 2010.08.31 (11:06) by つかボン (URL) | [編集]
Re:つかボンさん
つかボンさんも同意見ですか。
ちょっと過剰な期待を寄せていた感は否めませんよね。
ですね、台詞なんかも削ったりしなきゃいけませんし、何より心理描写を絵で表現するのは普通に大変だと思います。
それでも、漫画ならではの良さ、みたいなものがあれば良かったんですけど、特にそういったものもありませんでしたし。
原作未読の方の意見は聞いてみたいです。彼らが面白いと感じるならば、まぁ一応成功と言えなくもないですよね。
既読の方で絶賛する人は流石にいなさそうですよね。

ですよですよ、女々さんが若々しすぎるのはなんとかならんのか、ですよ。
真のキャラもなんかイメージ変わっちゃってましたね。
女子高生見て喜ぶシーンは別になんとも思いませんでしたけどね(実際ただのエロ高校生でもありますし許せる範囲内です)。
ラストの改変は結構アリかなと思いました。
連載ものの引きとしては、この残念な雰囲気で終わらせるのは中々良いんじゃないかなって。
読者への残念な親子の紹介としては上手な持っていき方だと思いました。
そうですか?なんかもうそれどころじゃなくなってる気が……

いや、みーまーは大丈夫です!(根拠はありませんが!)
絶対面白いはず、です。
もう初めから、映画ストーリーと分かっているわけですし、楽しめないわけがない!と期待しまくっております。
ただ心配なのは金子がどうなるかということです。
ぶっちゃけ金子さえ出れば、文句なし。

つかボンさんもwお仲間ですねw
ややこしいですよね。
Posted at 2010.08.31 (19:36) by 天野寂 (URL) | [編集]
原作未読なんです←
あらかた内容は掴んでるんですがね。
コミックも読みたいけどなあ。
学生にその値段は拷問です。
期待外れでしたか。そう天野さんに言われると益々読みたくなります。
アニメもですかねえ。
取り敢えず、みーまー期待です。
コミックスでしか買えませんが。
Posted at 2010.08.31 (22:01) by 香音 (URL) | [編集]
Re:香音さん
未読……それは漫画の感想が聞いてみたいですけど、やっぱり原作を先に読んだ方がいいと思います。
値段設定が鬼畜ですよね。
立ち読み出来たら、立ち読みで十分だと思います。
え、香音さんも天の邪鬼さんですか?
まぁ、みーまー派の人は大体捻くれさんですからね。
アニメはどーでしょーねぇ。まだ今は何も分からないです。
みーまーには期待してます。
もうすぐ連載スタートなので、感想もばっちり書きますよ!
Posted at 2010.08.31 (22:24) by 天野寂 (URL) | [編集]
余裕が出来たら買いたいです><原作。
立ち読みは難しいんじゃないかな……って思うので、天野さんの感想でお腹いっぱいにしておきます。
我が学校の中では一番の天の邪鬼と自負しております。
母に「何でそんなに捻くれたかねえ」と屈託無い笑みで言われたことがあります。それも自負してますw
まあ、取り敢えず期待です!
みーまー感想も楽しみにしてます(´∀`*)
天野さんの感想は本当に読みながら「そうですよね!」と携帯に話しかけてます。
母には見せられない姿です。
Posted at 2010.08.31 (22:55) by 香音 (URL) | [編集]
Re:香音さん
個人的には二巻が最高傑作なので、二巻までは読んで欲しかったりします。
最近はラノベなんかもシュリンクされ始めてたりして、雑誌も立ち読み出来ないようにしてあるのが多いですよね。
書店員としてはそっちの方が良かったりもするんですけどね、手間はちょっと掛かりますが。
お腹一杯に出来るような感想を心掛けようと思います。
学校一の天の邪鬼とは……大きく出ましたね。
「失せな!ヒネクレイジー野郎!」とかよく言われます。
まぁ、自分の場合、原因ははっきりしていますが。
みーまーも楽しみにしといてください。頑張ります。
それは確かにお母さんには見せられませんねw
でも、そう言って頂けるとこっちまで他人にはお見せできなくなるようなニヤけ面になります。
Posted at 2010.08.31 (23:48) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード