電波女と青春男 6 感想

いるまんのサイン入りしおりをゲットしてほくほくな天野寂です、いるまには(イルマニアだけに通じる朝昼晩兼用挨拶)
っちゅーわけで電春男女6の感想いってみよー。


今回はズバリ『文化祭』!
テーマは『引力』!
その吸引力はダイソン並でした!
今回も『引力』によって引きつけられた『ネタバレ』満載です!
そこんとこも心得てくださいね!

電波女と青春男(6)

電波女と青春男 6 (電撃文庫 い 9-17)電波女と青春男 6 (電撃文庫 い 9-17)
(2010/09/10)
入間 人間

商品詳細を見る
青春ポイントのボーナスステージで、ついにエリオは「せーしゅん女」になる。

 どもども丹羽真です。
 えー、俺は今、青春ポイントが浮遊しまくる魅惑のボーナスステージに立っているのだった……! そう。本日は我が母校の文化祭なのである。
 今年は『引力』をテーマとしているらしく、生徒も一般入場者も、全員その小指にはカラフルな糸がぷらぷら結ばれている。なんでも、同じ種類の糸を巻いている人を発見して結び合えば、『運命という引力で引き寄せられた者』同士ということで、めでたく文化祭のメインイベントである体育館ライブコンサートにアリーナ席で参加出来るらしい。さて。俺はその『引力』とやらでどんな相手を引き寄せるんだろうねぇ。
 ふと気づけば、見慣れた水色の粒子があたりをキラキラ散乱していた。
 この晴れ舞台で、ついにエリオは「せーしゅん女」になる。

余談ですが、アニメ化に伴った専用販売台に①~⑥累計60万部突破!と書いてありました。
おいおい、サバ読み過ぎだろぃな心境でしたが、実売数ではなく発行部数のことでしょう。
こういう累計○○突破!っていうのはよく見かけますけど、『何が』っていう主語が抜けてますよね。
細かいことはともかく、アニメ化の勢いでこのままどんどん売れて欲しいです。
アニメ効果で200万部くらいは売れないでしょうかねー、ちょっと行き過ぎですかねーでもいるまんなら。


まず、表紙やカラーイラストについてあれこれ。
発売前にポストカードだけ手に入れちゃって両方の指に糸結んでるけどなんでだろ?と疑問に思ってましたが、本編読めばなるほど納得。
前もどこかで言った気もしますが、二巻に次いでお気に入りな表紙となりました。
んで、ぺラッと捲って1ページ目。
誰だこれ?となったのは皆さんも同様のことと存じます。
もしかして、これがトーエだったりしたら叩き折るよ?(何を?)とブリキさんに心中で宣戦布告しつつ読み読みしましたが、ごめんなさい。
彼女は新キャラ、奥居メアリー、新聞部所属さんだったのでした。
えぁ、パツキンかよ……って思いました。
さらにぺラッと捲ります。
変装エリオのおでましです。
はい、ここから注目ですよ。
エリオが手にしているパンフレットに描かれてるのが幼き日のみー&まーに見えるのです!(目は何度もゴシゴシ擦りましたよ!)
具体的には『i』の裏表紙的をご覧ください。
初め見た時はこれは間違いねぇ!!なテンションでしたが、実際見比べてみると違うような気も……。
脚立には乗ってないけど、でも、自分はこれは幼みー&幼まーだと思っときます。異論は認めましょう。
視線を下におろして「こんなに大きいの絶対中まで火通らないだろ……」、続いて右向きゃ「あーまたヤシロ出るのか」、最後に↑見て「おお、凛々しさ三割増しのこれは良い前川さん」と大体こんな感じです。
さらにペラリと捲ります。
まさかのとりたまっぷるカラー登場。
多摩子さんは髪の色がくすんでるなーと思ったものの、台詞や手にしたカードでわりかしすぐに分かったんですけど、問題は黄鶏くん。
正直、おんにゃのこにしか見えないぜ……
しかも、この時点でツーペアとか、なんなんだぜ(混乱中)
多摩子さんやメアリーがいるんだったらエリオだけ目立つ目立つ言うのはオカシインジャナイノー(髪の色に限って言えば)
んでお隣。裸に布団巻いてるようにしか見えないんだぜ。
またペルァっと捲りまして、見開きエリオ。
ここのシーンは素晴らしかった!というのはまた後ほど。
最後ぺラッと……メメガエル。ゲロゲロじゃなくてジョジョって鳴きます。
個人的に今回のイラストは全体的に良かったと思います、まる。

プロローグ 『校内新聞記事、文化祭準備編』

文化祭実行委員長がいったい何者なのかがひじょーに気になります。
この投げやりなかんじ……良キャラなのは確実です。
小学生の時に見たバカップルというのはみーまーのことでしょうけど、この文化祭委員長も越して来たのか、それともホテルで見たのか。
あと、いるまん色々挑戦してんなーって。

一章 『東海道メロス』

なんかあっさりと二条オワリが登場しちゃいました。
イラストまでくるとは……予想外でした。
芋づる式に『道の犬』でユーカと呼ばれていた歌手や『幻想の在処は現実』でデビューした歌手も同一人物であることが確定しました。
ユーカは本名ですかね、それか途中で変えたのか。まぁ、歌手なんでなんとでも説明は付きます。
追記:全くの別人でした。
残るは『B★SK』で自殺した歌手と同一人物なのかということだけですね。
そして、彼女が連れてた犬は『犬の道』のマックですね。
丸々太ってるやら、人語を解してるっぽいやら、極めつけは蜂蜜です。
これでまた作品間の時系列が埋まりますが、もう何が何やらパンクしそうですきゃー(嬉しい悲鳴)

前川さんがとっても可愛い。それに尽きます。
「覚えててくれたんだ!」とか「呼んでみただけ」とか前川さんがやると破壊力跳ね上がると知っての狼藉か。
呼び名を変える、これは照れ臭い、臭すぎます。青春ですな。
自己紹介はいいところで中断されましたが、前川さんのファーストネームはとてつもない伏線だと思ってますので、明かす時は度肝を抜かれる時だと期待してます。
そして、今回なんとノンコスプレ!ナ、ナンダッテー!

とりたまっぷるは他視点になっても色褪せることなく、むしろ更に鮮やかに輝いています
反して、周囲の人間はセピアに染められていきますが。
でも大丈夫!
自分はバカップル眺めるの好きなんで、どんどんイチャついてくださいお願いします。

やっぱりエリオの一人称好き。なんていうか、ね、いいんですよ。
勇気出すために歌おう!もふもふ、とかね。
エリオに話しかけてくる知り合いがいたのは意外でした。
いるまんはそこらへん徹底してると思ってたので。
でも、メアリーもハーフってことで納得納得。
ここらへんの距離間は流石かな、と。
エリオは名字を覚えられない病なのか、でも柏木は覚えてるし……まぁ、人の事言えませんけどね自分も。
これが自分の想定していた反応のミッキーエンカウント。
空は飛べなくても、わたし、歩けるし走れる。
走れエリオ。

何気にエリオとエリオットがニアミスしてたり。
こういう演出が憎いね。
エリオは気づいてないですけど、一応0ではないのですよ。
いや、やっぱ0かなぁ。

あと、長袖着てるはずなのに挿絵がワンピースなのがもやっとポイント。
毎回一カ所はあるけど、どうにかしてくれッス。

二章 『星のガラクタの果て』

噎せる前川さんが可愛いです。
真くんは天然発言、罪な男です。

つけ込んで与えられた善意に浸るほど、居心地の悪いことはないから。
↑電春6マイフェイヴァリットにランクイン。

ジュラシック前川さん&りぼんちゃんペア成立。

はい、始まりましたカップルポーカー。
とりたまっぷるはもうがっつり出張っちゃってますが、面白かったので良いのです。のです。
いちいちとんとん回って話す二人がバカッポーすぎるわ、ノリノリな多摩子さんはへんたいさんだわ、振り回されてる黄鶏くんがなんだか一番可愛いわ、でもやっぱりへんたいだわ、ぶれることなくたいへんなへんたいでした。
あと、挿絵が無駄にエロい。無駄に。

リュウシさんとのやりとりに関しては特に何も。
そういうもやもやーっとってあるよねーくらい、かな。
やっちゅーに強化月間がちょっとくどいっちゅーに。

メアリーは陸上部に入った方が良いのではないだろうか。ずっと走ってんじゃん。

三章 『STaRMan's Children』

「ぶっ飛ばすぞネオババア」
ネオババアって普通のババアより若そうな気がしますw
田村さんお元気そうでなによりです。
今回の女々さんは大人しめ。あんまはっちゃけてないです。
良かったね、マコちん。

ともだち認定に喜ぶエリオ可愛い。
うん、これは嬉しいだろうなぁ……
エリオと絡んでるリュウシさんは結構好きですね。
ふは、フレキシブル。

四章 『嵐が来れば桶屋も潰れる』

オッサン再び。
どんだけ青春ポイントマイナスだよと思わなくもない。

引力によって引き寄せられていく彼ら彼女ら。
目に見えない『それ』は確かにあって。

五章 『引力ロマンチスト』

○時だョ!全員集合!の巻き。この挿絵は盛大なネタバレですなー、先に見ちまったぜぃ。
ぶっちゃけこんなに出さんでもええっちゅーにですけど、『引力』なら仕方ない。
それも『ロマンチスト』とあっては致し方ない。
4巻の短編キャラブルドーザでどしゃーってやったみたいです。
エコーズくんの神秘性、露に消えゆ……
本当、宇宙人の多い街です。
ヤシロも今回いらんかったんじゃ?と思いましたけど、また予知ってたとか。
宇宙人は多いけど、みんな母星が違うみたいですね。

そして!紫色の浴衣を着たピアノ奏者!湯女ですよねこれ!!
めでたく、生存フラグ立ちました。
こんなに上手くなるとは……磨けば輝く子だと信じておりましたとも。
二条オワリ=浴衣という描写がどこかにあったような気がするんですけど、それは一緒に組んでる湯女のことだったんでしょう。
まさかまさかに大興奮、ここが一番テンション上がりました。
がっつり出てくるのもそれはそれで良いものですけど、クロスオーバーはやっぱりこれくらいのチラリズムが好きですね。
茜も元気でいるといいなぁ。てかいるはずです。きっといます。

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドネタには笑いましたw
ミナトノヨーコヨコハマヨコスカー♪
「月、かな」ジャネーヨ!恥ずかしいわ!!月に代わってお仕置きすんぞ!

アダルティーな女々さん&エリ夫。
電春って何気に誕生日イベント多いよね。
エリオットのイラストが黒幕臭すごいです。

「見てて、イトコ」
「……おし。青春女になってこい」

ここからの盛り上がりが素晴らしい。
正直なところ青春ポイントというシステム自体、いけ好かなかったんですけど、この演出への使い方は秀逸の一言。
不覚にもグッときました。
元気玉ならぬ青春玉ですよ。これで昂ぶらないでどうしろっていうんですか。
そして、エリオの壇上パフォーマンスにもグッと来ざるを得ませんでした。
もうこっからはグッグッ地獄の始まり始まり。

ここにいられたことを、引力に感謝。
ロマンチストな引力の寄せ集める世界で、俺達はこんなにも素晴らしく生きている。

祈ろう。
きっとその姿は美しい。
歌おう。
偶然への想いを込めて。
繋がる。
きみも私も貴方も僕も。
生きる。
素晴らしきこの世界で。


エリオットを追いかけて飛び出す真。
一人、崩れて座り込む真。
ラスト、2ページにも満たないこの文章にジ~ンときました。
言葉に出来ない。言葉にならない。でも確かにそこあって。達成感に包まれている、その事実が。
零れ落ちたのは『青春の涙』であり『人生の涙』なのかもしれません。
バカ全裸に続き、連続でいるまんに泣かされちゃいました。くそぅ。


今回、とりわけコンサートのシーンは「これはアニメにしたら映えるだろうなー」とか思いながら読んでました。
やっぱり意識してるんでしょーか。
エリオが歌い始めた時は「これはキャラソンフラグ。前言ってたことが現実のものに……さすがいるまん、商売上手」とか「二条オワリアルバムも出すっきゃないじゃん」とかカモられる準備を整えてました。もうばっちりです。
あ、ちなみに『同時履行の贈与関係』を歌い始めましたけど、それはこちらでお聴き頂けるので是非お買い求めください(宣伝)

エピローグ 『校内新聞号外記事、文化祭編』

ほーなるほどそういう設定(オール新聞記事)だったんですねぇ、しみじみ。
まぁでも、実際にこんなに長い新聞なんか刷ってもほとんど誰も読まないですよね。2,3人読んでくれればましな方じゃないでしょうか。
この記事読んで、メアリーのこと好きになっちったぜぃ。
出生やなんやらの共通点がきっかけになったんだろうとかまぁそういうことはひとまず置いておいて、エリオのことなんだかんだ思いやってるメアちんいいやつ。
エリオに話しかけたり、手拍子したり、そういうの好きだぜ熱いじゃねーの。
ってお前も友達いねーのかよ!



前巻、この間の短編と個人的にもにょっとした内容で期待値がそれほど高くなかったってのもあるかもしれませんけど、今回はとっても面白かったです。
特にラスト、あの〆はちょっと素晴らし過ぎるんじゃないかと評価しております。
途中もにゃる部分もありましたが、重厚に纏め上げられたエンディングが全て吹き飛ばしてくれました。
真の言うように、爽快、ではないんでけども、とにかく最高の読後感に浸りまくってハッピーエンドでございます。


あとがき
あとがきが本編過ぎてどすれば……
こんな入間人間はイヤだ!に一瞬見えたのは内緒。

なんと、いるまんまでそう仰いますか。
いるまんがそう言うのなら……と揺るぎかけましたが負けませんよ。
どう考えてもそれはおかしい、おかしいですぞ。
もうここははっきりさせたいので全部書きだします。

9 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん8 日常の価値は非凡
10 僕の小規模な奇跡
11 電波女と青春男3
12 探偵・花咲太郎は閃かない
1 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん9 始まりの未来は終わり
2 探偵・花咲太郎は覆さない
3 電波女と青春男4
4 魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW(越前魔太郎名義)
5 六百六十円の事情
6 電波女と青春男5
7 多摩湖さんと黄鶏くん
8 バカが全裸でやってくる
9 電波女と青春男6

これだと13冊になりますから、13カ月連続です。
いるまんはいちいちカウントしてなさそうだから、編集さんに言われたのを鵜呑みにしてそうでもありますし、しっかり記録していそうでもあってもう何が何だか状態です。
まぁ、どちらであろうとおめでたいことには変わりありませんし……でもなんかもやっとします。
はっきりしなくてう゛~気持ち悪い……。

項目事に一言ずつ。

・確かに合理的かつ現実的な手段です。しかし、それを実行することは並大抵ではありません。あっぱれいるまん。
・全くです。面白いよ。このあとがき執筆中はまだ出てなかったであろう『バカが全裸でやってくる』も面白いよ。もっと売れればいいのにと思ってます。
・それはそうでないと。つまらないと思う作品を出すなんて言語道断です。言い切ってください。
・同じく。
・ちょっと地球儀買ってきます。
・私の目に狂いはなかった。やはりドイツ語を専攻されていましたか。でも、イッヒリーベディッヒも覚えてる癖に。嘘つき。
・あなたのことで頭が一杯、ウィーゲートエスイーネン。
・わけの分からんことを喋りまくるうえに失言が多いなんてますますネットに繋げて欲しい。失言カモン。
・可愛すぎて困った。子供か!あ、大供か。
・しつこく薦めてくる友人のせいで読む気が失せた。死なす。
・自分の職場でも今『いぬまるだしっ』が熱い!!
・いや、ちょっと何言ってるか分からないですね。
・それは頼もしい。M or O or N ?
・そんな父間さんもついに銀幕デビュー。
・マイパソコンは『i』と打とうとするだけで『いるまん』と予測変換します。嘘です。
・待ちガイル。
・こんな(素敵な)あとがきを読んでるやつ。

大体いるまんではないみたいです、しょんぼり。
でも、応募してみます、最終選考まではいけそうな気がしてきました。多分。

いるまんは書く仕事は得意なのに、隠し事は苦手そうですもんね(どや顔)
だから、理解出来ないのかなって。
きっと、他の人はいい顔しつつも裏では蹴落とそうと腹黒い思いで一杯なんです。
でも、自分はそんな負けず嫌いないるまんが大好きなので、これからもぼっち一匹狼の道をひた走って行ってください。
なんたって頂点に立てるのはいつだって一人だけなんですから。

著者近影
それはいるまんがちゃんと働いてるからでしょう。
締切に遅刻なし。
無遅刻無欠席じゃーあーりませんか。
もう十二分に働いとるやんかー!

父間画伯の野菜イラストも相変わらずお上手。
チャイチャイピーってw
覚えてる人何人いるんだw
それとアルファベットで綴ってありますけど、中国語じゃなかったんかぃ!




なんかもうすっかり群像劇作家の貫禄が板についてきたいるまんですが、たま~にでいいのでそれ以外のも書いて欲しいなー、とわがままごにょにょ。
群像劇大好物ですけどさ、好きなものばっかり食べてちゃダメってじっちゃんが言ってました。

それでは最後に。
来月の特別企画が気になって仕方ないよってさっき鏡の中の誰かが言ってました。
全く同感です。

Leave a comment

Private :

Comments

あまり感想記事にコメントを残すのは好きではないのですが、今回は。

面白かった。面白かったですよ。素晴らしかった。
正直一巻と肩を並べるくらい面白かったです。
引力をテーマにしているだけあって、人間関係の引き寄せ方が素晴らしいです。
その中でも一番感動したのが、エリオとリュウシさんの友達確認の場面。不覚にも泣きそうになりました。
「もっふっふー、もっふっふー」
 あたしっはー、元気ー。
もうこの文だけで、頭おかしくなりそうでした。
締めが上手すぎるというか、なんというか。
でその後のミッキ、ミギーの対応もいい友達。
でも、あの、正直今回の小海は人数合わせで出演感が否めないです。あと吉野も。
いや、四巻で出てきた人達っていうのは分かるんですが、まあ……。そんなもんですよね。
あ、でも小海に関しては月の話が幾つか出てきましたし、吉野は小声で貧血に対して「こんな感じか」って言ってましたし、一応出番はあったよね!

そして私が一番言いたかったのは。
湯女の登場。
何度紫の浴衣という部分を読み返したか。
何度ピアノの伴奏という部分を読み返したか。
こちらも声が出そうな程嬉し驚きました。
生きてんじゃん! のらりくらりと生きてんじゃん! さすが俺たちの湯女湯女! 俺達に出来ないry
直接的な描写はそれだけだったのですが、なんとなく楽しそうにピアノを弾いている湯女を想像して、それだけで胸いっぱいでした。
wikiで確認したら大体六年後ですから、電波女では25~27ってところでしょうか? うむドストライク。
嫁に来てください。茜ともども面倒見てやるわい。

文化祭の表紙には全然気付きませんでした。さすが寂さん。
文化祭実行委員長はフレキシブルっ娘なんですねー。
ホテルで見たバカップルを覚えてたんですね。生きてるんでしょうか。

あーそれと、やっぱり入間さんは盛り上げ方が良く分かってらっしゃる。
「去年の文化祭、出てないんだろ?」
「う、うん」
「じゃあ去年の分まで、楽しんでこい」
ここからの畳み掛け。言葉に出来ないレベルの頭のしびれ具合がハンパなかったです
一番好きな応援はオッサンの言葉ですね。一番いいこと言いやがって。さすがオッサン。

なんとなく、クライマックスに近づいている気がして寂しくなります。
青春ポイントもエリオのために渡し切ってしまったし、違う月との距離を確認しました。
もしかしたら電波女も10巻完結を見越しているのかな、と思いました。
ま、その前にみーまーをですね。

あーだから感想記事にコメント残すの好きじゃないんですよ。
どうしても自分の感想で長くなってしまいますきゃら。

最後に、入間さんほんとにネット繋いでないのですか、と言いたくなるようなネタがポンポン飛び出すのは何故ですか。
おまそうネタが飛び出したときは笑いましたよ。
ありゃ反則です。
Posted at 2010.09.10 (15:17) by トーマイ (URL) | [編集]
Re:トーマイさん
トーマイさんをそうさせる程の面白さだったってことですね、今回は。

全面的に同感です。
正直、もう電春男女は割り切って読もう、などと思っていたんですけど、ところがどっこい、なんだこれはめっちゃ面白いやないか!
入間さんを見くびっていたと猛省しております。
自分は二巻に比肩する勢いです。
これが最終巻でもいいんじゃないかと、それくらいの満足度を味わえました。
今回の肝はまさにそこですよね。
『引力』というテーマをこれ以上なく、上手く書ききっていました。
エリオとリュウシさんのシーンが一番でしたか。
確かにあのやり取りは良かったです。
嬉しそうなエリオを見て、色々な思いを抱えながらも晴れやかなリュウシさん、ここにてちょっと株上がりました。
千葉のネズミさんの接し方もリアルで、それでいて温かくて。
星中と吉野はぶっちゃけいらなかったですけど、人数合わせですよ人数合わせ。
テーマが『引力』なんだからしょうがないのです。
月の話は良かったですよね。でも、別にこれと言って星中がいる必要はありませんでしたけど。
吉野は献血してきた後だったんでしょうね。
実はこの時点で吉野だと分かりましたよ。まぁ、挿絵を見ちゃったからですけど。

その一文を目にした時は本を持つ手が震えました。
震度7弱はあったと思います。
「湯女生きてたぁぁぁぁぁあああああああああ!!!」って実際声に出して叫んじゃいましたよ。
オールスターが集結する中、彼女の登場は不意打ちでしたからね。
テンションも一気に一桁跳ね上がるのは必然と言えました。
あの後、生きていてピアノ奏者になっているなんて……こう、感慨深いものが込み上げて来ます。
それであってます、二十代中盤、トーマイさんは年上好きでもありましたか。
いやでも、浴衣美女への想いは誰にも負けない自信があります故。
ナンシーコンサート、是非開いて欲しいですね。

無駄にじっくりねっとり見てませんよ、えへへ。
やっぱりみーまーですよねこれは。
自分も初めはフレキシブル娘だと思ったんですど、年齢が合わないな、と。
ホテルの時点で(ロリージーアイによれば)五歳前後だったので。
でも、やっぱりこのやさぐれというか適当っぷりは電波さんを彷彿とさせますよね。

コンサートが始まってからの描写は圧倒的でした。
実際にコンサートなどに取材とか行かれたのかなって思うくらい、臨場感溢れる文章に翻弄されっぱなしでした。
オッサンの台詞はカッコ良かったです。
宇宙を目指した二人だけに通じるセンスが素晴らしい。オッサン株高騰。

上にも書いちゃいましたけど、個人的にこれが最終回でも文句なかったです。
そのくらいの読了感です。
確かに終わっちゃうのは少し寂しいですけど、あんまり長く続けるのもどうかと思うので。
そうですね、自分も10巻に纏めて欲しいなとは思ってます。もうちょっと短くてもいいかも。
それを電撃さんが許してくれるかどうか、ですね。
そうですよ、その前にみーまーぷりーず。

いいですよ、お気になさらず。
それかもういっそ前仰ってたみたいにトーマイさんも感想ブログ立ち上げるとか。
でもそれは結構めんどくさいこともあるので、このブログのコメント欄で良ければどんどん活用してくださって構いません。
というか奮ってお待ち致しております。

ちらほら、ありますよねー。
友達に教えてもらったり……あ、友達はいないんですっけ。
なんでしょうね、編集さんとか編集さんとか編集さんとかから仕入れているのかもしれませんね。
それと社長さんともメル友なのでそこからかも。って友達いるじゃん入間さん。
Posted at 2010.09.11 (00:02) by 天野寂 (URL) | [編集]
ブリキせんせー、リューシさんの逞しいところを大きくさせすぎです。
あと前川さんイラスト二枚、ぐっじょ。

どうも木瀬です。
もう初っ端から前川さんタイムとか誰得。俺得。
前たん可愛いよ前たん。もうNとかどうでもいいから俺と脱衣ポーカーしようぜ!

前川さんの話を語りだすときりがないのでやめますが、今回の話は自分的にかなり面白かったと思います。テーマと話がマッチング。
電波で一番好きなのは三巻なのですが、同じく一位に並びました。
というかいるまんのキャラの方々集結しすぎ。頭が混乱しまくって、新キャラも今まででてきたキャラに見えます。
星中はなんとなく出てきそうな感じはしてましたが、他の奴らまででてくると思わんかった。

つーかNマジモテすぎ。星中・やっちゅーに・エリオ・ジョジョさん・ヤシロ・ネオバb(ry
どんだけ候補いるの……もういいよハーレムエンドで!
………………ん?一人足りない?何のことやらさっぱりだぜ。

ぶっちゃけ青春ポイントここで使っちゃったんで、次あたりで終わってもあまり問題ないような気もしますが。
でもやっぱり前川さんみたいので、続けてくださいいるまん。
Posted at 2010.09.11 (19:24) by 木瀬 (URL) | [編集]
Re:木瀬さん
大きかったですねー、あれは。
あんな爆弾抱えてたら、そりゃ補欠ですよ、立派なハンデキャップです。
今回のカラー前川さんは個人的に花丸前川さんでした。びゅーちほ。

どもです。
一章はいきなり前川さんのターン!でしたもんね。
前川さんがなんだかすっかり可愛くなっちゃってしっかりラブ要因してきてますよね。
いやでも、タンバシンが彼女の魅力を引き出してくれてるわけですから感謝せねば。

エンドレスに語ってくださっても構いませんよ。いつなんどきでも受けて立つ所存です。
自分も今回は久しぶりにヒットでした。
感想にも書きましたが、具体的には二巻以来の快挙です。
木瀬さんは三巻が一位で今回で六巻が同率一位、と。
その感覚分かります。奥井メアリーとか文化祭実行委員長とかもなんかどっかで出てきてるんじゃないかと疑ってかかっちゃいました。
一言で纏めるなら、引力恐るべし、なお話でした。
んーなんかもうとりあえず全員出しとけ!みたいな勢いは感じましたけどね。

木瀬さんには悪いですけど、自分はハーレムエンドだけは勘弁です。
それだけはやめて頂きたい。
真はちゃんとモテる要素バリバリ持ってますから。
でもやっぱちょっと周りに女の子多過ぎな気もしますけど。
何言ってるんですか木瀬さん、メアリーが抜けてます。
おっちょこちょいもほどほどにお願いしますよ?

もちょっと続いて欲しくもありますけど、次で終わっても全然おっけーだぜな心持です。
逆にあんまり長引かせるのは好ましくないぜな心境です。
でも、終わったら前川さん見れなくなっちゃうわけで、木瀬さんにとっては死活問題になりかねませんね。
もしかしたら、次は12月くらいにきそうな予感がします。
Posted at 2010.09.11 (23:55) by 天野寂 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード