金子の距離の概算

ヤングエース12月号掲載『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘』第三回感想です。

前回同様、映画版のシナリオであること、ネタバレ全開な内容であること、この二点に留意してお読み頂ければと存じます。嘘だけど。
いや、嘘で言ってるつもりは毛頭なかったんですけど、これはどう見ても映画版のシナリオとは違います。
もう既に映画を鑑賞済みの自分が言うんだから間違いありません。
前回まではかなり映画版のシナリオが色濃く出ていましたが、今回は原作に忠実に、な精神が感じられました。
あんまり言及するとネタバレになってしまうので、あとは続きから。



一言で纏めれば「そこはかとなく漂う原作リスペクトな精神に大満足な出来」
扉絵!については後で触れるとして、本編。

ふくれっ面まーちゃん私服ver.
この服は映画版で大政まーちゃんが着てるのと同じものですね。
後ろに鎮座してるおばーちゃんはもしかして、デスメタル婆さん!?
とてもそんな風には見えませんが。

恋日先生登場。
う~ん、なんとも。
これは良い恋日先生ですな。
473P1コマ目なんて特に素晴らしいです。びゅーちほ。
白衣で腕組み&足組み、堪りませんね。
それはさておき、この二人のやり取り大好き。
原作再現度もなかなかグーです。
あくびまーちゃんかわゆい。
480Pの1,2コマ目、シリアス感の漂よい具合もでりしゃす。
恋日先生の読んでる漫画がシュールで笑っちゃいましたが。

待合室で寝ちゃったまーちゃん。
古傷についてはカットされてます。
ま、いっかな。
私服まーちゃん可愛いし。

映画版同様、馴染みまくりな池田姉弟。
杏子ちゃん、YA読んでるしw

母親だから
あぁ、漫画版はここはちゃんと変えてないんだ、と安心しました。
自分の中では、ここで今回の評価が決まった気がします。

ここらへんで、漫画でも映画に合わせて池田姉弟にする必要はなかったんじゃないかな、と少し思いました。
浩太くんのかっこ良さが発揮されないではないか。

コンビニ帰りみーくんがミッチー&金子&モブとエンカウント!
野次馬根性で下世話な質問!
恋人未満夫婦以上って感じ?
このセリフは映画と一緒でした。
いやーでも、金子が嫌なやつになってなくて良かった良かった。ほんとに良かった。
金子の出番はこれで最後になるんでしょうか。
こんな金子でも全く出てこないのはちょっと寂しいぜよ。
やっぱこのミッチーかっけーですな。イケメン眼鏡ぜよ。

新たな犠牲者となった女子高生。
演出が一昔前のホラー映画みたいでちょっと笑っちゃいました。
忍び寄る魔の手、みたいなw
あ、そういえば、パーカートリックは天野の読み通りでした、えっへっへ(ほっ←外れてなくて安心してる)

プルルルルプルルルルってなんでトゥルルルルトゥルルルルじゃないんだ!
と細かいところにツッコミを入れつつ、原作で大好きな奈月さんとのファーストコンタクトシーンを堪能、とまではいけませんでしたね。
やっぱりあの会話丸々載せるわけにもいきませんし、抜粋しちゃうとこうなりますよね。やむなし。
待ち合わせが「暗いところで」から「高いところで」になってる!?
ああ、バカと煙はなんとやらってか?(これ、前にもどこかで言ったような……?)
書き置き。『みー』ってw

そして、(浮気)デート当日。
うぅー、自分は囚人服(白黒ボーダーシャツ)の奈月さんが見たかったんだよぅ。
試食のパンをガツガツ食す、そんな職権乱用な奈月さんが見たかったんだよぉ。
わがまま終了。
上社奈月with大判焼きだぁー!!
大判焼き美味しいですよね、自分も大好きです。
地元では大判焼きという呼称がメジャーですが、一般的には今川焼きって呼ぶのかな?
まぁ、とにかく美味しいですよね。
最近は中身の種類も色々ありますけど、やっぱり餡が一番です。これは誰が何と言おうと譲れません。時点で白あん。とにかく餡子大好き。

奈月さん、開っ眼っ!!
想像通りの優しそうな目をなさっていて、アイシンクアンシン。

みーくんの笑い方がどうみても悪役にしか見えません。
いや、自分は好きですけどね、こういうの。
なんか、デスノートの月みたい。

容疑者確保ぉー。
みーくんセクハラで訴えてもいいんだぜ?
いやいや、羨ましくなんかないんだぜ?

ここから先はイメージアルバム『-----------------』をBGMにどうぞ。

扉絵(は正直あんまり上手ではありませんでしたが)でも思わず、おおっ!と唸ったゴシックマユ降臨。
そう、左さんが『”まるごと1冊”入間人間』の表紙に描き下ろしたあのマユです!
これにはもう超テンション上がりました!
502Pの1ページ丸々使ったマユ、そして手前のみーくんも去ることながら、次ページ1コマ目のマユの表情が素晴らし過ぎて鳥肌ぶつぶつ。
そして、容赦ないグーパンチもとい右ストレート。
いわゆる、女の子にありがちな親指を中に折り込んだおともだちパンチではなく、正真正銘の正拳突き。
少年漫画とかだったら、いーいもん持ってんじゃねぇか、と友情が芽生えること間違いなしです。
ちゃんとマユの拳も擦り切れてるところが地味に好印象。
傘フルスイングも「なんで笑うの」もその他諸々このシーンに関しては概ね大満足の出来でした。

そして、ラスト。
みーくん、空を飛ぶの巻。
(このシーンに関しては映画と比べちゃいけませんが)マユがちゃんと驚いています。
飛び降り方がまたカッコ良い。
なんかほんまに空飛べるんちゃうこいつ?と思わせる飛びっぷりです。
空をかける少年、とかいうタイトルで映画化されてもよさそうかも。嘘だけど(キュピーン!)
漫画の引きとしては最高の部類じゃないでしょうか。来週が気になる的な意味で。


前回のマイナスイメージを払拭する、とってもみーまーな回でした。
映画を観た後、というのが結構大きかったりするのかもしれませんが、映画版で不満だった改変が原作にかなり忠実になっていて、そんな意味でも花丸回でした。
恋日先生やら奈月さんやらゴシックマユやら、原作大大大スキーな自分としては大っ満っ足っ!!!な出来映えです。
なんといっても一番大きいのは海豚さんのセリフがそのままだったことですけどね。
というわけで今のところ、良い悪い良いときているので次は悪いになっちゃう可能性もありますが、残り3回(風の噂で全六話、つまり単行本一冊分らしいと聞いたので。確かな情報ではありません)はもう全部良いカンジで終わって欲しいです、本当にっ!
来月も楽しみっ!

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード