父間さんへの弟子入り志願

映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』公開直前特集として、映画をご覧になった関係者からのコメントが掲載されています。

入間人間さん(原作者)

分の作品が実写映画化されると最初に聞いたときには、驚きとともに少し戸惑いがありましたが、完成した今回の映画を観て、瀬田監督の感受性による、切なく、遣る瀬ない空間や時の流れ、でも、軽やかで爽やかな空気感が良く表現されており、映像による表現方法の可能性を楽しませて頂きました。

やっぱり初めは戸惑いもあったんですね。
まぁ、自覚して空気を読まないいるまんの、その最たる作品であるみーまーを、映画化、それも実写で、となったら戸惑いますよねぇ。
んー、これはかなり真面目ないるまんですな。
映像による表現方法の可能性、と。
巧いこと言いますね。
たしかに、チープさを前面に押し出し一周してとってもシュールに仕上がっているシーンがあったり、映画ならではの『嘘だけど』の魅せ方だったり、一部一部切り取って見れば面白い箇所もたくさんありました。あったんです。
映像だけに限って言えば、そんなに酷くはなかったんですよね、本当に。
でもやっぱりあのシナリオ改変がなぁ……もにょっとするなぁ。

さん(原作イラスト)

振り返ればすでに三年以上も付き会いのある作品となりました。まだなんのビジュアルもついていない状態で読み頭の中で動かしていた一巻が本当に映像で見られるのは感慨無量です。今まで頭の中で思い描いていたものは文章表現からくるイメージのみでしたが実際の音と映像で見ると自分が気を配ってなかったところの情報も来るので新鮮な気持ちで楽しめました。

左さんのみーまーに対する思い入れがひしひしと伝わってくるコメントでした。
本当に、もう三年以上も経つんですね……(遠い目)
もうね、ぶっちゃけ、左さんのこと大好きです自分。
入間さんとまではいかないけども大好きです。
左さんの頭の中のビジュアルをそのままに、アニメ化した映像が観たいです。超観たいです。

●父間さんこと入間人間の父(ウルトラの母的なニュアンスで)の感想も掲載されていました!超俺得ゥ!
それはいいんだけどよぉ!
なんでこんな下の隅っこにちっちゃく載せとんじゃい!!!
ど真ん中にいっちゃんでっかく載せろやゴルァァァアアア!!!!!!

画におけるマチエール創りのような色彩と彩度の変化の美しさと、フレームカットの移り変わりのリズム感が絶妙で、新しい時代の表現方法による映画なのだと思いました。

明らかに素人ではありませんね……一体何をなさっているお方なんでしょうか。
未だ謎多きお父さんであります。
それはさておき、やはり御自身で絵画を嗜まれるだけあって、感性の研ぎ澄まされた鋭い着眼点はお見事の一言

内容には触れず、表現技法にのみ的を絞って言及するとは……
そっか、そうすれば嘘つかずに褒められるのか
……お見逸れいたしました。
叶うならば、弟子入りを志願させて頂きたいです。
息子さんと一緒に切磋琢磨して立派な人間になることが出来たら、それ以上の幸せはありません。
マジ雑用でもなんでもやるんでお願いします

以下、感想のみで。

●宇木敦哉さん(『センコロール』監督/『六百六十円の事情』『ぼっちーズ』挿絵)
それを世間一般では同棲と呼びます。
みーまーネタとは流石。

●ブリキさん(『電波女と青春男』挿絵)
確かに原作とは一線を画していました。
※一線を画す
*境界線を引き、区切りをはっきりさせる
*境を明確に区別すること


●佐藤敦紀さん(コミック『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘』)
大政まーちゃんの演技と染谷みーくんの異様な雰囲気は良かったですよね。

●橘玲さん(作家・『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』著者)
すいません、この人だけ誰?ってなりました。
コメントされるのは多分、初めてだと思うんですけどどういった繋がりなんでしょう?
橘繋がり?
まぁ、著書のタイトルを見ると大体察しは尽きますが。
う~ん、なんていうか、的外れ、かな。
初めの二行はともかく、最後の二行が特に。
原作は読まずに映画だけ観られたんでしょうか?

第23回東京国際映画祭に出展されたこともちょびっとだけ載っています。
どうやら、映画祭上映後は絶賛の嵐だったそうです。
それはいいとして、その後に『嘘だけど』が見当たらないんですけど、これって誤植ですか?

劇場入場者プレゼントも実施予定!

何が貰えるんでしょうか?
まーちゃんの包帯みたいに使い道が分からないものがくる可能性が高そうなので、あまり期待せずにおきます。
でも、楽しみは楽しみ。



続いて、瀬田なつき監督×小林剛プロデューサーへのインタビューで気になったところをちょちょっとピックアップ。

なるほど。
そこで瀬田監督に目を付けられたわけですか。
つまり、全ての悲劇はここから始まった、と。

大政さんの抜擢は英断だったと思います。
よくやってくれました。
染谷さんもなかなか良かったですし。
無表情の中で眉や声の調子のみを駆使した演技はすごかったです。

なぜみーくんが坊主?
あ、それって聞いて良かったんですね。
他作品(名前忘れましたけど、確かオダギリ・ジョーさんと共演してた作品のはず)で坊主にしたタイミングと被ったそうです。
大したアクションシーンなんてありませんでしたし、素直にカツラでも良かったんじゃないかと思います。
まぁ、最終的には別に坊主でも全然気になりませんでしたけど。
突っ込み所が他に多すぎて、そこまで手が回りません。

池田兄妹から池田姉弟への変更はやはり子役の関係だったようです。
それは致し方ありませんね。

恋日先生と奈月さんのキャラは原作と印象を変えているというか、ほぼ別人でしたね。
奈月さんに至っては面影すらありませんでしたし。
映画でも何でもそうですけど、尺の関係は難しい問題ですよね。

自転車二人乗りデートのシーンでまーちゃんが幸せそうに歌っている「みーくんとデートに行くときの歌」は瀬田監督が作詞されたそうで、ちょっぴり見直しちゃいました。
あのシーンのまーちゃんはほんっと可愛かったので。
サントラとかに収録されないかな、あの歌。
是非とも初めに作った六番の歌詞まで公開して頂きたいです。


その次には“みーまー”祭りと称して、年末年始におけるみーまー関連情報がまとめられています。
その中で目新しい情報だけまとめていきます。

映画ビジュアル仕様のみーまー第一巻。
思ったより悪くないです。
でも、推薦文がさっきの橘玲さんでう~ん、です。
裏面にも秘密が……?
そんなこと書かれると気になるじゃないですか。

コミック版『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘』単行本の表紙公開。
普通に表紙イラスト素敵です。
心配だった原作の件ですが、ちゃんと『入間人間』となっていて一安心。
これで安らかに眠れる……

“裏”サイトについて。
以下要反転。
これによりますと“動画による謎解きが楽しめる”とのことなので、おそらくあのカウントダウンはその動画公開までをカウントしているのではないかなと思います。
ちなみにここにも第5のヒントが載っています。要チェックです。


そして、いるまんの刊行情報。

入間人間、17ヶ月連続刊行達成間近。
 次の挑戦を、お楽しみに。

ほらぁ!やっぱり、みーまー10で17ヶ月連続なんだから、『バカが全裸でやってくる』で一年連続刊行だったじゃないですかぁ!
自分は間違ってなんかいなかったのですよ!
いい加減しつこいかもしれませんけど、これって結構重要なことだと思いますので、きっちりしておきたいのです。
というわけで、17ヶ月連続刊行おめでとう!いるまん!
でも、いつもならこの段階で2月の予定は出ていてもおかしくないでしょうから、もしかしてもしかすると来年の2月はお休みとか?
いや、ありませんね。あり得ません。
ここまできてのインターバルは必要ないでしょう。
来年もアクセル全開で突っ走ってってもらわないとね!


最後に御園マユ役・大政絢さんの4ページにも渡るグラビア&インタビューとなっています。
もうこれは実際に見てくださいとしか言えません。
インタビューについては、とにかくまーちゃんの可愛さには拘ったという内容に終始していますね。
その拘りは観ているこちらにしっかりと伝わってきましたので、そこだけを抜き出せば大成功だったと思います。
とにかく、まーちゃんは可愛かったです。いや、ほんと。
ぶっちゃけ、まーちゃんが可愛くなかったら最後まで観れていたかどうか……
公開されたら、もう一度、大政まーちゃんの可愛さを堪能しに劇場へ足を運ぼうと思います。

Leave a comment

Private :

Comments

いつも、コメント楽しみにしています。

サイトの謎を解いて、入間先生からの年賀状をゲットしてくださいね!
Posted at 2010.12.11 (16:17) by 宣伝S (URL) | [編集]
Re:宣伝Sさん
嬉しいお言葉ありがとうございます。

はい!
言われずとも謎を解き明かして絶対にゲットしてみせますよ!

これからもこんな素敵企画で、さらに盛り上げていってくださることを期待しています。
Posted at 2010.12.11 (23:58) by 天野寂 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード