金子のエンドロール

ヤングエース2月号掲載『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん とっておきの嘘』最終回感想です。

原作&映画版のミックスシナリオであること、ネタバレ全開な内容であること、この二点に留意してお読み頂ければと存じます。


感想に入る前にひとつだけ。
巻頭カラーページで組まれている特集にみーまー10表紙が今までで一番大きく載っていました。
何度見ても涙腺を刺激されることは今更言うまでもないことなのですが、このまーちゃん、印刷の関係かもしれませんが目尻に涙が溜まっているように見えて、それに気付くと知らぬ間に自分の眼球にも大量の汗が浮かんでいました。
もう二週間切っちゃいましたね……


一言で纏めれば「初めて原作一巻を読み終わった時のあの気持ちを思い出させてくれた素敵な最終回」
走れ!あっきゅん。
おやすみ、あっきゅん……

繋いだ手を描いた扉絵、いいなぁ、すごくいい。

昔があったから、今がある。それがどんなものであっても。今、二人でいる…それが全てな最終回!!

この煽り文も素敵。

殺人鬼に追われる池田姉弟。
杏子ちゃんが紛れもなくお姉ちゃんです。
やっぱり犯人はコナンみたいに黒いですね。
こんな視界の開けた場所で鬼ごっこしてたらすぐ見つかっちゃうぞ、みーくん。
は、ともかく。
杏子&浩太絶対絶命のピンチ!
そこに颯爽と現れたのは、ひのきの棒を装備したパーカーボゥイ。
そんな装備で大丈夫か?

対峙する二人の“みーくん”。
この見開きカッケー!高まる~!
青コーナー!天上天下唯我独尊!同類求めて三千里!菅原道真ーーーーーー!!!!!!!
赤コーナー!春夏秋冬満身創痍!とにもかくにもまーちゃん命!天野××ーーーーーーーーー!!!!!!!
巻き舌展開のコールが聴こえてきた自分はきっと重症なのでしょう。
漫画ではちゃんとフードトリックしてましたね。
映画はフード取るの早すぎて意味無くなってたので。

“目”がポイントですね。
変わらないなぁ、ミッチーは(外見的な意味で)

戦闘開始。
BGM『終人』推奨。
今まで殺害中のミッチーの表情がニヤけ面だったのが気になっていましたが、この戦闘中のムイシキサツジンなイメージにかなり近かったです。
刺す順番なんかも原作通りで見事にあの一連の流れを再現していました。
太腿を突きさされた時のあっきゅんの表情も素晴らしいです。痛そう……

大丈夫だ問題ない。

嘘だけど

ぞくり、と背筋の凍る様な戦慄。
原作読んでない人が見たら、やっぱ犯人こいつなんじゃね?と言い出しかねない悪役顔になっちゃってます。
一番いいスタンガンを頼む。
流石あっきゅん容赦なし。口内電気ショックの後は四肢折っとかないと。それでこそ、あっきゅんだよ。
残念だったね思い出せなくて走馬灯で僕を思い出してくれのコマのあっきゅんが素晴らしい。

おやすみ、あっきゅん。

けいさつのおねえさんのシーンがちゃんとあったのが嬉しかったです。

この二人のやり取りはやっぱり何度見ても面白いです。
ぴくぴくしてる奈月さんが可愛い。
学生じゃないってのをこう使ってくるとは。ほんと、そうきたか、ですよ。

×とかじゃなくてごめんねの海豚さんがすごい。これは海豚さんだ。

よだれ垂らしたねぼけまーちゃんも可愛いけど、お久しぶり「まーちゃん」言われた後の呆けたマユがなんか笑えます。
え?どゆこと?と疑問符がたくさん浮かんでいるに違いない微妙な塩梅を見事に描ききってくれています。
夢だ。これは夢なのだ……にゃむにゃむ。

……あるといいなぁのあっきゅんはイメージと違ったのですが、これはこれでこんな表情も悪くないなぁとつまるところいいなぁと思いました。
みーまー1のラストの解釈は人によって意見が分かれるところだと思います。
自分は誰が何と言おうとハッピーエンド派なのですが、最後のコマで幸せそうに眠るマユを見て、これはやっぱりハッピーエンドだよなって。
マユはどんな夢を見てるんだろうなぁ。

幸せに本当も嘘もないのだから

今の自分がいるのは、この一文に出会えたから。
大好きな、大切な、いつも胸に締まってある言葉です。


この表情が良かったとかここをきちんと描いてくれたのが嬉しかったとかそういう絵に関したことばかりで、物語にはほとんど触れていないのはそれだけ原作通りで言うことナッシングだったからにほかなりません。
なので、感想は短めですけど、内容に関してあんまり触れると肝心の1巻の感想のネタが減っちゃいますからね。温存です。

終わってみるとあっという間の5カ月間でしたが、なんだかんだと楽しませて頂きました。
佐藤さんで良かった、それに尽きますね感想は。
今月の奈月さんは全体的に手抜き感がありましたけど。
短い間でしたけど、お疲れ様でした。面白かったです。

最後に一言だけ。
本音を言うと他の人なら誰でも良かったので、佐藤さんにだけは絶対に描いて欲しくありませんでした。
嘘だけど。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード