嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 9 始まりの未来は終わり 感想の前に

9巻読み終わったんですけどこれの感想はちょっとすぐに書けそうもないのでその繋ぎとして結構どうでもいいこととか素晴らしきイラストについて少し書こうかなと。
もちろんネタバレしてますので。念の為。
ジェロニモさんのイラストに小躍りしたのは自分だけじゃないはず。
左さんは毎度毎度良い仕事し過ぎですよ全く。
表紙、カラー、挿絵とどれも美麗ナイスです。
まーちゃんは相変わらずちょーぜつぷりてぃーで、ジェロさんの見目麗しさに感動を覚えて、すっごい綺麗な恋日先生とあっきゅんの後頭部、にもうとマジかぁーいーくて、水に滴るナンシーにこころをぐっちゃぐちゃにされました。
この美少女×2&美女×3の癒しがなければこの9巻を読み切ることは到底出来ませんでしたね。まぁ、嘘ですけど。
でも、あの長瀬の挿絵だけは直視でけねーです、涙腺ヤバイッス。あの笑顔は反則、レッドカードで一発退場ッス!

9巻を読む前、あらすじからこの殺人犯は新キャラだと思ってたんですけど、天野南の昔の教え子という発言から「菅原のみーくん脱獄来た!しかも記憶取り戻したっぽいじゃないか」と初めは手に汗握りました。
それも束の間、ちょっと冷静になって考えてみると、流石にそれは無理があるだろ、と。
警察だってちゃんとお仕事してるわけなんですから、大量殺人犯を簡単に逃がすわけないありませんし、もし逃がしてもすぐに奈月さんが再びお縄してくれるはずですよ。
当然、報道もされるでしょうし。

でも、そうなるとこいつは一体誰ぞや?となってくるわけです。
でもでも、かなり条件は絞られてますよね。箇条書きにしてみますと
・マユに対する呪文を知っている
・にもうとが生存していることを知っている
・おそらく、男(湯女の殿方発言等諸々)
・南を先生と仰いでいた
・マユに危害を加えることはない(みーくん談)
・あっきゅんの関係者
他にもあったような気がしますが今ぱっと出てくるのはこんくらいです。
そして、これに当てはまる人物を考えるわけです、読みながら。
そして私が行きついた衝撃の真相とは……(少年漫画のアオリ風に)

『犯人はたけだ』


と名探偵を気取ってみます。
何気に1巻から登場(といっても名前だけですが)してその後もちょくちょく出てきていたのはラストへの伏線だったという訳さ!という結論に至りました。
間違っててもなんか今は正解してる気分を味わえているのでよしとしましょう。
でも、これ普通にあっきゅんのことストーカーしてるよね、犯人さん。
とは言っても、菅原のみー説も完全に否定出来ませんし、新キャラの可能性だってまだまだ十二分にありますし。大穴で赤池ってことは……無い、かな(殺人とか出来る神経してないよね、彼は)
何が言いたいかと言うと!『真実は一つとは限らないのだよ!』ってことです。
ぶっちゃけ犯人が誰であろうともうそんなのどうでもいいちゅーか、今脳みそん中ぐちゃぐちゃどっかーっんしてるので落ち着けたら、早く見せかけだけでもちゃんとしてるような感想書きたいです。
助けて、恋日せんせー。

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
4/20更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード