なんで俺が7番なんだよ 感想

マジでなんでなんだよ。

MW文庫 Head Line Volume.022掲載、リレーエッセイ・ドキドキするもの、みつけたとき。第7回はいるまんのターンでした!
冊子欲しさに買うつもりのなかった2冊も買ってしまいましたが、後悔なんてあるわけないです。
タイトルはずばり「なんで俺が7番なんだよ」→こちらからもお読み頂けます。
マジでなんでなんだよ。いやマジで。
一番しかあり得ないでしょ。
いるまんが「ラッキーセブンだーわーい」とか抜かす腑抜けじゃなくて安心安心。
いるまんはそうでなくっちゃ。
なんであろうと「俺がナンバーワンだ」精神で突き進んで行ってください!

カリスマストップの影響でタイトルと本文は全く関係ないってのも、お決まりのパターンみたいになってカリスマ。

地底湖とか海底洞窟には浪漫があるよね、うん。
自分はじめじめしたとこは嫌いですけど。
かびるんるんじゃないんで。
でも、暗くてひんやりした場所は好きです。水の匂いも。
いるまんの洞窟冒険譚、期待してもよろしいでしょうか。

ポケモンは確かに味わえます。
R・Sの海底洞窟とかいいですよね。点字はめちゃくちゃめんどくさかったですけど。
B・Wの海底遺跡の暗号を解読した人はマジですげーと思います。なんであんなん解けるんだよ。
でも、洞窟って野生ポケモンのエンカウントがすっげーストレスなので、スプレー必須。
お願いだから、洞窟の中であやしいひかりとかやめて。まじでやめて。
というわけで入間さんが期待しておられるので、次回作はよろしくお願いしますね、任天堂さん。
自分も期待してます。クチートの進化形希望。

それはさておき。

『未知のなにかが控えている』
この解釈は少し違うかもしれませんが、全てを明かさず、あえて謎を残し、想像の余地を持たせた小説が自分は大好きです。
みーまー然り、電波女然り、どの入間作品にも無限の可能性が広がっていて、そんな雰囲気に惹かれているのだと思います。
それなりにさらっと読んでしまうと見落としてしまうような小さな発見であったり、本文には書いてなくとも確かに読める物語であったり、そうした『奥行き』がドキドキの根源なのでしょう。
ここでさらりとテーマに結びつける手腕、お見事であります。
個人的には表現できていると思いますけど、更なる高みを目指してこれからもドキドキさせて欲しいな、と調子よく楽しもうと目論んでおります故。

今度またどこかでエッセイを書くその時は、一番飾ってくださいね、いるまん。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード