8月×日 きっと星空の綺麗な日 感想

BD/DVD『電波女と青春男 Vol.7』完全生産限定版特典・書き下ろし外伝小説『8月×日 きっと星空の綺麗な日』の感想です。

リニューアルした名古屋市科学館に行きたいなぁと思い始めてもう一年が過ぎようとしています。
あ、どうも、天野寂です。
世界最大のプラネタリウム。
もう、聞いただけでわくわくしてきませんか?
私はします。わくわくします。
でんきの科学館なら何度も行ったことあるんですけどね。ここも面白いのでオススメです。
ナナメの部屋とか楽しかったなぁ。

閑話休題。

目ぇキラッキラな見栄張りエリオさん。
完全に“もふ”が語尾としてキャラ付けされてんなぁと思いました、まる。
いきなり、会話の応酬かと思ったら、ずっと会話劇だったの巻。
ただでさえページ数少ないのに、上半分くらいにしか字が書いてないじゃないですか。下半分真っ白じゃないですか。マジでカミナリ文庫じゃないですか。

百二十円のとこってのがどこのことなのかわかんないですね。
地下鉄って一駅でも最低200円のはずですけど。
もしかして、子供料金で乗ってんのかエリオ。犯罪じゃん。
そういう安い地下鉄があるのかな? (←超地元民です)

色恋沙汰への頓着のなさはどこぞの左門さんみたいですね。
エリオは普段から注目されるのでわからない部分もあるんでしょうけど。
傍目から見たらそりゃーバカップルだぎゃ。

公衆の面前で人のシャツに頭突っ込むのは奇行です。エリオさんないないはないない。
ってか肌に触れあってるわけで、ひょぉわぁっ! とか変な声出そうなもんなのに冷静なマコトさん。流石、手慣れてんね。
料金の描写があったのでちょっと調べてみたところ、実際の入場料と同じでした。意外と安い。
勝手にもっとすると思ってましたが、なるほど、お手軽に宇宙旅行ができるようになったものですな。
今更ですが、二人が行っているのは名古屋市科学館ですね。
日本最大級どころか世界最大のプラネタリウムがあることで知られています。
真が行きたがっている、水のひろばもあるみたいです。

ここでやっと地の文が! 一気に密度が濃くなって、やっぱりいるまんはこうでなくては。
途中まで真視点だとなんの疑いもなく読んでいたら、普通にエリオ視点でした。
言動とのギャップがすさまじすぎて気づきませんでしたよ。
毎回言っていますが、エリオ視点はいいです。すごくいい。
個人的には電波女キャラの中で一番しっくりくるのがエリオ。
もふもふ言ってるけど、案外エリオの方が真よりもずっと大人びているんですよね。

天井に広がる小さな宇宙。
宇宙を夢見ていた過去の景色。
根拠もなく叶うと信じていた夢。
いつの間にか消えていた夢。
たどりついた、夢の在処。
確かにそこにある、触れることはできない場所。
すこしだけ残酷な、夢の終わり。
小規模な宇宙旅行の余韻を、あともうすこしだけ。

マザコンエリオの「じゃあイトコがわたしに載る?」で一瞬でもエロイ想像をした自分は素直で良い子なのか死ねばいい子なのかは誰も知らない。

小さな頃に抱いた大きな夢は叶わなかったけれど。
大きくなった今、小さな夢を叶えられる幸せ。

「にひっ」

最高の花丸笑顔いただきました!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2012.02.10(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム