『六百六十円の事後』第4話 アオハル 感想

入間人間公式サイトWEB小説『六百六十円の事後』第4話 アオハルの感想です。
このサブタイトル『アオハル』は宇木さんがカバーイラストを担当していらっしゃる雑誌『アオハル』から取ったんでしょうね。多分、間違いないと思います、多分。
『アオハル』でイラストを元にした小説企画があるのでそれにいるまんも参加すればいいのに。
その企画じゃなくても、『アオハル』に掲載してもらえばよかったのに。
とか色々思っちゃいましたが、こんな妄想も浮かびました。


(俺も『アオハル』に載りたいなぁ。宇木さん繋がりでなんとかならないかなぁ。うーん、でもなかなか自分からは言い出せないなぁ……あ、そうだ、いいこと思いついた)

数日後。

「これ、今回のweb小説用の短編です」
「はい、確かに受け取りました」
「『新生活』をテーマに書いてみました」
「タイトルは『アオハル』、青い春ですか、いいですね」
「ありがとうございます。あ、そういえば、表紙が宇木さんの雑誌もなんか同じ名前ですよね(チラッ」
「あー、そうですね。他にも今ジャンプでやってるクロガネにも『アオハル』って子がいますね」
「あ、はい。あの絆創膏の。ま、それは置いといて、宇木さんの方なんですけど(チラッ」
「? ああ、はい。次回作のイラストについてですね。えっとですね、一応何パターンかラフを頂いてきたんですが、ちょっと待ってください(ガサゴソ」
「ぁ、ぃゃ、ちが……ぁ、はい、お願いします……」


うん。
直接会って受け渡しとか極めて希だってことはわかってます。
そもそも出版社違うしね。
ただね、いるまんも載りたいって思ってたらかわいいなって、そう思っただけです。

というわけで本編。
始まりの季節、春。
期待と不安の入り交じった新生活の幕開け、の一歩手前。

定期券購入の件があるある過ぎます。
休み明けはめっちゃ混雑するんで前日とかに買っておけば楽なんですけど、そんなこと言われずとも分かっているんですけど、怠けてしまうが人の性。
しかし、怠け者は怠け者なりに考えます。
一番混雑する朝一は避け、朝二、朝三くらいに行けば空いててすぐ買えるのではないかと。
そうすれば少し朝もゆっくりできるぞと。
で、実際その通りガラ空きで、朝一に並んでるやつの気が知れねーわとほざきながら、余裕ぶちかましすぎて大遅刻してくる人間が私になります。
定期に限らず、行列というものが大嫌いです。
『並ぶ』って行為自体、とにかく大っ嫌いなのです。
去年から名古屋でも乗車券兼電子マネーのマナカが登場して定期がどの駅でも買えるようになったのですが、これがほんとにありがたいです。
行列に並ぶことなくスッと定期が買えるなんていい時代になったもんだ。楽ちん楽ちん。
でも、いるまんの小説には登場しないと思うとちょっと寂しいです。
今は地下鉄定期は楽に買えるようになってるから、マナカの取材のためにまた名古屋に遊びに来てもいいんだぜ。

ギアッチョの仕事って北本食堂の看板持ち? とか思いましたが、休日にしか見かけなくなったらしいのでそういうわけでもなさそう。
なんだろう、趣味の弾き語りついでに旦那の職場の宣伝でもしてやるか的な若妻のお勤めですか?
ってかあのあとトリカラ流れてきたのか非常に気になる。
まぁ、ここでこうしてるってことはそういうことなんでしょう、きっと。
由岐には結婚式でカノンを弾いて欲しい。もちろん、アコギロックで。

「三葉由岐。あなたは丹羽静を夫とし、生涯愛することを誓いますか」
「ちぃぃぃぅいいいいいいくゎぁぁぁぁぁあああいああああいむぁぁぁあわゎああぁあああああすっっっ!!!!!!!!!!!!!!!」
ジャカジャンッ!!!

あと、本編ではあまりそういった描写はありませんでしたが、やっぱりギアッチョもかわいいんですね。いや、知ってましたけど。
目の保養に一度、岐阜駅にも行っておかねば。
……ともうかれこれ2年くらい前から思ってますが、未だ重い腰は上がらず。

っちゅーわけで、今回の語り部くんは童貞の同級生くんでした(この様子だと卒業してる可能性もちょっぴりあったり?)
まさかまさかですよ。次はドミノやと思っとったんに。
カツ丼の絵を見た瞬間に今回は北本の爺ちゃんかなという勘は見事に外れることとなりました。
あの二人も公然バカップルと成り果てたのか。
そこは是非、見てみたかった。実に勿体ない。
処女、童貞呼び出来なくなって、お互いに呼びあぐねてるやり取りとか超見てみたい。

「……元童貞」
「……んだよ、元処女」

みたいなw 変わんねー二人が見てみたいッス。

せっかくの陽気な日よりなのだから、陰鬱になっていないで幸せになろう。
だからやることやってから、飯を食う。
幸せになるための、当たり前の方法だ。

偉い人は言いました。『幸せで腹は膨れない。腹が膨れりゃ幸せだ』

あー、無性にカツ丼が食べたくなってきたー。
親子丼なら昨日食ったんだけどなー。
六百六十円の、カツ丼が食べたい。

Leave a comment

Private :

Comments

待ちに待った事後ですね!
楽しみでしょうがなかったです。。

私もこの春から高校生なんで、かなり語り部に共感しました。
ていうか私も定期券で二時間並びました!

学校でいちゃいちゃしちゃう北本達見たいですね。
名前じゃなくて名字呼びなんでしょうね!

次こそドミノちゃん希望です。

Posted at 2012.04.26 (18:15) by 六花 (URL) | [編集]
Re:立花さん
待ちに待った事後であり、待ちに待った入間さんの短編でした!(前回はお休みだったので)
昨日は更新まだかまだかとそわそわしっぱなしの一日でした。

高校御入学おめでとうございます。
青春ならぬ『アオハル』を目一杯謳歌しちゃってください!
二時間!? 自分だったら列を見た瞬間裸足で逃げ出すレベルです……

見たいです! 超見たいです!
この二人は名字呼びな感じですよね! 流石にクラスメイトの前で処女童貞呼びはしていない、はず!

次は、見たいな、ドミノちゃん!
Posted at 2012.04.26 (21:47) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
11/15更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード