バカが全裸でやってくる Vol.5

やっとこさ、アルティマエース Vol.05掲載『バカが全裸でやってくる』第五幕の感想です。
ALTIMA A (アルティマエース) 2012年 07月号 [雑誌]ALTIMA A (アルティマエース) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/06/18)
不明

商品詳細を見る
の前にちょっとだけ。
付録の『Fate/Zenra』ポスターがやべぇ。色んな意味でやべぇ。
Fateとバカ全裸がコラボったのかと一瞬ビビったけど、そんなわけなかったぜ。
竜ちゃんが傘のような人差してたり、おじさんが口から卑猥な虫を出してたり、ウェイバーがマジヒロイン枠だったりなんか色々とやばい一枚でした。
こりゃーバカ全裸も負けてらんないッスね!
漢字は違うのだけれど『ゆな』という名前に反応して『鬼斬抜刀隊』という読み切りを読みました(決しておっぱいに惹かれたわけではありません)
感想は一言。『俺の湯女がこんなに大きいはずがない』これに尽きます。
湯那さんがずーっと大きなおっぱいを丸出しにしているのを見て、「あぁ、全裸のムーブメント来てんなぁ……」と感慨深く思ったのは今更言うまでもないでしょう。
甲斐抄子や栞子さんが全裸になる日もそう遠くはない。
そう確信した7月号でした。

おまわりさん! こいつらです!!

こいつらがバカ騒ぎするコミックス第1巻は7/26発売であります!(宣伝)

着信アリ。とかもしもし、私、抄子ちゃん。とか、この編集さんノリノリである。
毎度毎度素晴らしいな! エンターテイナーだな! と感心しております。
煽り文や柱文が秀逸な作品はコミックスに収録されないのが残念ですが、だからこそ、早く読めるというメリット以外で雑誌を購読する価値にもなりますよね。

甲斐抄子著『小太り最強伝説』
「奴らはまだこの4畳間にいる」甲斐抄子の新感覚ミステリー堂々の第2章!

また気になるタイトルを……井田さんという人は……いいぞもっとやってください。
これだと、当然出ているであろう第1章も気になるではないか。

ヒョコッて出迎えてくれるのが彼女なり奥さんなりならこのポーズも許せようものですが、全裸の男ですからね……なんかちょっと可愛いのが腹立つw
佳乃ちゃん再び!
これはあれですね、1、3、5話と登場したことからも明かのように奇数回レギュラーってことですね。
次は7話。四ヶ月は長いなー。
今更ですが、この第三者の存在によって、『僕=バカ』という解釈は成り立たなくなっているんですよね。
現段階で『僕=伊香亜紀の息子』は確定しているので、そうなるとこのバカは一体誰?
漫画版がどう展開していくのか。その解釈が楽しみです。

甲斐抄子怖すぎw 釘バットなんてどこで調達したんだよw
この殺気は流石、殺し屋の従妹といった貫禄。
なんといっても目がやばい。イッチャッテル。
マジでプロ作家のイマジネーション怖ぇ!
個人的には掃除機が一番えげつないと思います。
3つ目の『わた○チ』がわからなかったんですけど、なんでしょう?
喉に詰めるようなもの……全然浮かばないや。

バカが甲斐抄子と直接対面しないのは伏線かな、と思ったり。
それはともかく、2人とも必死過ぎるw
まさに命のやり取りはかくあるべきって緊迫感。
この度々イメージとして描かれるゴミ山?に立つ戦士?は一体なんなのか。
僕がそういう話を書いているということなんだろうけど……

甲斐抄子の回想シーン。
お父さん、かな? これを見るとこの人も小説家っぽいですけど。
ばっさり漫画オリジナルですが、どういう設定なんでしょうか。

小説と違って軽く済んでよかったね!
小説だと入院してるからね、食いしん坊ショーコさん。

自分のこれから書くものが絶対面白いって確信しか感じない

名シーンキタコレ。
ほんま、小説バカやわぁこの人。
だが、そこがいいんだよねぇ。この表情も抜群にイイ。

みーまーネタw 599円っていうのはミスかな? 2巻は599円だけれども1巻は578円ですよ?
他2つにも元ネタは……ないか。あったら失礼ですもんね。

弟子入りが叶い、決意を新たにする良いシーンなんだけど、まだ干すヤツ(洗濯ばさみがいっぱいついたアレ。名前がわからん)ついたままですよ! おかげさまで笑っちゃったよ!

コミック『バカが全裸でやってくる』感想一覧

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
4/20更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード