謎の覆面作家・越前魔太郎。その正体に迫る!!(嘘)

まずは何も言わず、こちらをお読みください。

越前魔太郎電撃インタビュー

何これw面白過ぎるwwwな方は続きもどうぞ。
あんまり読んでも意味ないかも。ま、いつもか。いえ、独り言です。
まず、舞城さん何やってんすか、とかなり楽しませて頂きましたwどんだけ饒舌に語るんですかww
そしてこの刊行予定。無茶苦茶過ぎるwww
そして、いろんなところを巡って情報収集に明けくれた結果、驚愕の事実が判明しました。
なんと、越前魔太郎=入間人間だったのです。ナ、ナンダッテー。
すいません、驚愕の事実というのは嘘でした。まだ、憶測にすぎません。
でもお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

Q.休日はどういった過ごし方をしていますか?
A.海のない県で深海魚を探してる。

この質問とかかなりクリティカルですよね。
憶測と言ってもその確率は結構高い、と思っております。
某所では越前魔太郎は複数の作家が集ったトリビュート的なコラボ企画なんじゃないか、と言われていてインタビューの内容から誰が執筆するのかという推理が繰り広げられておりました。
自分が分かったのは舞城王太郎さん、乙一さん、そして我らがいるまん。あと、自信ないですけど、佐藤友哉さん?ってところです。いやもう誰が来ようとはずれくじ無しですよ、俺得俺得。

そして、4月に電撃文庫から出版される新刊のあらすじ。

電撃文庫×講談社ノベルス! 謎の作家が、4月より怒濤のリリース! 
◆魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW
著/越前魔太郎 定価:557円

  僕の街の近くに、隕石が落ちた。
  同級生のワル(悪いことをするからワル)の提案で、深夜に家を抜け出して、それを見に行くことになった。ワルが、車いすであまり学校に来ない椎野君も誘って、いざ出陣となる。
  隕石が落ちた森の中まで、夜のピクニック。僕はこのとき、漫画でよくある冒険みたいでちょっとドキドキしていた。森の中で、あんな不思議で怖い出来事が待ち構えているとは知らずに。
  ふと、街で蔓延している変な合い言葉を思い出し口ずさんだ。
  メーオーセーオー。メーオーセーオー。

流石にこれだけで断定はできませんが、なんとな~くイルマニティーを感じます。
まだ4月に何を出すのか発表されていないので、そこら辺も考慮するとこれはいるまんかな、と。
でもこれが仮にその通りだったとすると、別名義で作品出すことになるわけですから、月刊入間人間じゃなくなっちゃうよなぁ……こっちでも出しつついるまん名義でも出す、とか?
もうほんと入間さんと人間さんのコンビ説が浮上してきますねぇ。
でも、公式化したわけですからそれはありえませんね。きっと出す、いるまんはそういう男だ(満面の笑みで

まぁ、どんな名義で出版されたところで、いるまんが書いたかどうかは絶対に見分けられる自信があります。つまり、らぶのぱわーです。いるまんらぶ。
あと、舞城さんもほぼ確実に分かります。
そういう独特の味を持った作家の書く文章、すなわち面白い作品ってことだと思ったり思ったり。

余談として(全部余談みたいなものですが)これ何冊出すんでしょう?
アルファベット全部だとしたら26冊。
Oは主題に含まれてるから省いたとしても25冊。
Gシリーズみたいにギリシャ文字とか入ってきたらもう大変なことになります。
財政的にはキツイけど、精神的には嬉しいことこの上ないですけど。


もしかしたら初のいるまんと関係ない記事になるかもしれませんな。
と独りごちて〆とさせていただきます。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード