バカが全裸でやってくる #1 感想

何度見てもインパクトがあることに定評があるコミック版『バカが全裸でやってくる』1巻の感想です。
バカが全裸でやってくる (1) (カドカワコミックス・エース)バカが全裸でやってくる (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/07/23)
井田 ヒロト

商品詳細を見る
例によって、全裸な感想(ネタバレ(原作含む)全開って意味)となっておりますので変質者にはお気を付つけください。

の前に、アキバBlogさんの記事をご紹介。

コミックス版 バカが全裸でやってくる1巻 「入間人間×井田ヒロトの小説バカ青春記!」

自分の感想掲載されてるよやたーっ! という自慢です。
こういう個人に特化したようなニッチなブログの感想は紹介されないものだと思ってたんですけど、ワンチャンあり得るみたいですね。
まぁ、他に感想がなかっただけだってわかってますけど。
でもここは素直にチョーシに乗って喜んどこう。わーい!

で、肝心なのはここからです。
ここに紹介されてて初めて知ったのですが、井田さんのブログ『井田板(イダイタ) ブログ』にてコミカライズに際しての興味深いお話が載っています。
『信念』みたいなものがひしひしと感じられて読者としては嬉しい限り&今後の展開が更に楽しみに。
井田さんの再構成によって最終的にどんな『バカが全裸でやってくる』ができあがるのか。
こりゃもう目が離せませんね!

というわけで感想は続きからどうぞ。
各話の感想は既に書いたのでそちらを読んで頂くとして、雑誌掲載時から追加or変更されたコミック独自の要素について語っていきます。

・サブタイトル
おおっ、サブタイがついてるっ!
入間作品のコミカライズってだいたい原作からそのまま流用したサブタイか無いかのどっちかでつまんねぇなーと思ってたんですよ!
後から無理矢理つけた感が拭えませんが、全話分、入間作品のパロディになっています。
以下、サブタイとそれについての感想(誰得)です。
ちなみに、サブタイリンクから過去感想に飛べます。

第一幕[ぼっちの男と全裸の男]

元ネタは『電波女と青春男』。
……なんでしょうけど、何故『の』を入れたんでしょうか?
語感がよくなるわけでもなし。むしろ悪い。
ストレートに『ぼっち男と全裸男』で良かった気がします。

第二幕[小説家・甲斐抄子は怯まない]

元ネタは『探偵・花咲太郎は閃かない』。
これは悪くありませんけど、小説家じゃなくて作家とか二文字だったらもっとよかったのになぁ。
でも、字面的に小説家が映えるのはわかる。

第三幕[迷いの背景は諦め]

元ネタは『幸せの背景は不幸』。
対義語になっていないのでダメダメですね。
今回の取って付けた感ナンバーワン。

第四幕[僕の小規模な勇気]

元ネタは『僕の小規模な奇跡』。
これがぶっちぎりで一番いいです。
やはり『僕の小規模な○○』は秀逸なタイトルだと証明されましたね。
福満しげゆき先生は偉大。

第五幕[五百七十八円の事情]

元ネタは『六百六十円の事情』。
599円はやっぱりミスでしたね。
まぁ、悪くはないんじゃないでしょうか。

なんだか辛口になってしまいましたが、こういうお遊びは大好きです。
2巻、というか最終巻もぜひ、パロサブ頑張ってください。楽しみにしてます。
次の感想からは勝手にサブタイつけるのも面白そうかも。

・一人称
ちょくちょく『俺』や『僕』で揺れていた人称表記が『僕』で統一されました。

・甲斐抄子のTシャツ
あんま自信ないんですけど、二幕の『SAN値偽装』は雑誌掲載時には書かれてなかったはず。
意味わかんなかったのでググりましたが……結局よくわからなかった。どゆこと?
このプリントTシャツはなんだろう、『聖☆おにいさん』リスペクト?

・オマケいろいろ
・初期設定その1 [全裸のバカ]
 電マガに載ってたやつの使い回しですね。

・四コマ
 おでんでんでんででん


・最後のページ
 なんかしらんけど無性に笑ったw

・著者近影
 漫画独自の仕掛け、超気になります!
 次巻が待ち遠しいです!
 でも、ペース的に一年後ぐらいだよね……長い。
 そんなことよりウサギかわいいいいいいいいい。

Leave a comment

Private :

Comments

僕も今読み終わりました。
雑誌の連載は読んでないので初めて漫画版『バカ全』を読みましたが、あまりの完成度の高さに驚きました。
コミカライズと言われると原作より劣ってげんなりする、ということが多々ありますが、むしろ登場人物や演出が凝っていて初めてこの作品を読んだ時のような、はやくページをめくりたいという気持ちを持って読むことができました。すごい人だ井口さん。

朝から夕方まで死に物狂いで部活やったあとに、ふらふらになりながら二キロほど離れたツタヤまで全裸で買いに行ったかいがあったと思いました。若干嘘だけど。

二巻が楽しみでしょうがありません!
原作の続きは出るんでしょうか?
Posted at 2012.07.25 (20:55) by 有崎 (URL) | [編集]
Re:有崎さん
でしょでしょ! すっごく面白いでしょ!(テンション高めにつきご容赦ください)
いやもうほんと色んな人に読んでほしいです。傑作ですもん。
4つあるコミカライズ作品中、ぶっちぎりで一番完成度の高い出来だと思ってます。
何が素晴らしいって原作既読者も未読者もそれぞれ、満足させられるエンターテインメント性に溢れていること。
まさに有崎さんの仰る通りで、原作を読んでいるのに、いや、いるからこそ、先が気になって気になってしょうがないです。
『先が気になる』って漫画にとって最高の賛辞ですもんね。

『朝から夕方まで死に物狂いで部活やったあとに、ふらふらになりながら二キロほど離れたツタヤまで』ここまで嘘と見ました。お疲れ様です。

二巻待ち遠しいですね!
原作は……売れないから出さないんじゃないですかね?(笑)
売れなくてもいいから出してほしいと思うのはファンのワガママだよなぁ、と夢見る毎日です。
Posted at 2012.07.25 (21:53) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
4/20更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード