探偵・天野寂は閃きます

現時点で公開されている『アラタなるセカイ』関連情報をもとに推理してみました。
ビンゴ! な可能性が高いので『自分で解きたい!』という方は見ないほうがよいかもです(←自信ありげ)
まず、『過去編』、『現在編』、『未来編』の主人公『桐島』、『アラタ』、『八草』以外の登場人物名が全て名古屋地下鉄東山線の駅名になっています。
バカ全裸の短編で「名前考えるのめんどくせぇ」と語っていて、実際その通りだったので「どんだけ考えるのめんどくさかったんだよw」と笑っていたわけですが、『過去編』の登場人物たちの名前を路線図と照らし合わせて見ているとふと、閃くことがありました。
『未来編』は藤ヶ丘方面で固まっていて、『過去編』は高畑方面で固まっている。
そして、『現在編』はちょうど真ん中あたり……これが適当に選んだ偶然の産物……?のわけがない!
なんのこっちゃわからん人も多いと思うので、図にしてみました↓
higasiyama.jpg
チェックメイト!! ですよね? ね? (誰に向かって言ってるんだ)

簡単に説明しますと、黄色いのが東山線です。
『過去編』、『現在編』、『未来編』をそれぞれ青、緑、赤で色分けし、該当人物名を同じ色にしてます。
ちなみにオレンジはみーまーキャラ、ピンクは電波女キャラです。
ここでは関係ないんですけど「極力今までと被らないようにつけた」って言ってたので、一応確認までに。
こうやってみると半分以上、使ってるんですね。

閑話休題。

紫色の輪っかは名城線=環状線を表しています。
ここまで綺麗に分けられ、環状線=ループの中に『現在』が収まっているというのは間違いなく、意図されたものでしょう。
乗り換え駅=ループのはじまりである『本山』が『現在編』で登場した科学者『ホンサン』であると考えても、見事なまでに辻褄が合います。
やべーな、謎を解くのがはやすぎたぜ!
しかし、ここで恐ろしい指摘が……
「で、それがなんなの?」
いやーそれを言っちゃあお仕舞ぇよ。
ここからまた色々考えられるじゃないですか。
主人公ズがここに含まれていない意味、とか。
人類滅亡の黒幕は誰なのか? ぶっちゃけ千種しかいなくね? とか。
終点駅が避けられているのはなぜか? とか。
新キャラで『覚王山』とかかっこよくね? とか。
色々膨らむんですよ、色々。
じゃあもっと膨らませてからまとめろよって話になるかもしれませんが、明日からは『クロクロクロック1/6』で忙しくなりそうなのでひとまずまとめておいたわけです。
早く言っておかないと、先を越されるかも知れませんからね。

とゆーわけでついに明日、『クロクロクロック1/6』、そしてハイパーイルマ大戦File.02&03掲載の『電撃文庫MAGAZINE Vol.27』が発売されるよ! 楽しみっ!!

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード