彼女を好きになる12の方法 感想

入間さんのメディアワークス文庫10冊目となる『彼女を好きになる12の方法』を好きになる12の感想です。

彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫 い 1-10)彼女を好きになる12の方法 (メディアワークス文庫 い 1-10)
(2012/08/25)
入間 人間

商品詳細を見る
好きであることを明かすことができず、いつも空回りするあなたに。

なんとなく『彼女』を好きにならないといけない気がする。そのためには『彼女』と一緒にどこかへ出かけたり遊んだりしないといけない。
今年で俺と彼女は大学三年生。この一年をのんきに過ごしてしまったら、就職活動も控えて、顔を合わせる機会は激減するだろう。
だからこの一年が、彼女と暢気に過ごす最後の年と言っても良い。その一年の間に、俺は『それ』を見つけたいと祈った。
これは、優柔不断な大学生の『俺』が過ごす一年間の記録だ。必ず、一年の間に見つけなければ。
彼女を好きになる方法を。

ネタバレにはご注意を。
本作品は一章につき一月経過形式で1年=12ヶ月を描いており、俺と彼女のイチャイチャバカップルパートと報われない青年・僕パートが交互に連なる計24章からなっています。
いつものように章ごとに感想書くスタイルはそのままにバカップルパートとストーカーパートでそれぞれ書いていこうと思います。

バカップルパートれっつごー!

4月  『ないものねだり』

どう見てもバカップルです。本当にありがとうござました。

これが噂の自覚無きバカップルってやつですね、末恐ろしい。
一緒にいる理由がほしいとか言ってますけど、一緒にいたいって思うことこそが好きってことやと思います。
かわいいとかほっぺばちんばちんとか彼女の方はしっかり意識してるみたいでかわいいです。とてもかわいい。
あと、築地銀だこ食べたい。

今回、クロクロクロックやハイパーイルマ大戦の反動かどうかは知りませんが、はっきりとしたクロスオーバーがひとつもありませんでした。
ちょこちょこ気になるところがあったのでその都度、触れていこうと思います。

というわけで一個目。
俺のアパートに住んでる有名人とは?
俺の口ぶりからしても、そこまで有名ではないっぽいですが、あるとすればまだ売れてない時代の橘川英二か同じく売れてない時代の二条オワリかなぁ。
最後まで読めば分かる仕様かと思ってたら、まったく触れられずに終わってしまいました。なんと。

5月  『鍋とにんじんがやってきた』

心臓の鼓動の件は「きみと一緒にいるとドキドキしすぎて早死にしちゃう><」という惚気話と取らせていただきました。ごちそうさま。

エビの件はトカゲの王のトンボさんを思い出しました。トンボさん……
あと、すき焼き食べたい。えのきが好きです。

6月  『好きに至る告白』

人生顔だよねってお話。うむ、まったくその通りである。
クロクロクロックでもありましたけど、容姿がいいことはそれ自体が才能だよなぁと思います。
第一印象ってすごく大事。

唐突な告白に真っ赤になる彼女がかわいい。
入間主人公ズは天然たらし成分配合率ハンパないよね。
そして、やつらに翻弄されるヒロインズのかわいさったら……言葉になりません。

7月  『野球しようぜ!』

入間主人公ズには圧倒的に羞恥心が足りない! というかどいつもこいつも羞恥さえも快感に変えてしまう変態ばっかりだ! いつもお世話になってます!

ええのぅ、膝枕。ええのぅ。

8月  『こんなこともあろうかと(偶然)』

室内ビニールプール…だと…?
こやつらバカップル初心者に見えて、実はかなりの上級者だったか……!
彼女、俺のこと好きすぎるでしょ! 入らんの? 入らんの? ってああもうなにこのバカップル道青春まっしぐら!
おっぱいでもなんでも揉んでいいからさっさと結婚しちゃいなよYOUたち!
隣人さんは壁ぶち破ってもいいと思うよ!

9月  『薄く広がる』

たまーにいますね、漫画を音読する人。
正直あれはどうかと思いますが、美少女なら許せる。許される。
やっぱり周りの友人から見てもバカップルだよね、よかったよかった。
これで友達認定とかだったらどんな世界観だよSFだよとつっこまざるを得ませんでしたよ。

「『大学の三丁目あたりで?』なんだい、その没になりそうなタイトルは」

自虐ネタでごまかせると思ってんのかー! いや、笑ったけども。
というか、どんな漫画だよ。気になるのでどなたかにコミカライズしてもらってください。お願いします。

『きみの好きなやつになりたいんだ』で『僕の小規模な奇跡』を思い出しのは自分だけじゃないはず。

10月 『おいちょっとパパ』

いるいる、ゲームのことファミコンって呼ぶ人。
たしかにめっちゃおばさんくさいと思います。でも、おるんだよねー。

そんなかのじょはとてもかるい。

ほんとだー、すごくかるそー(棒)
彼女もたいがい天然アタッカーですな! お隣さんは壁という壁を叩き割っていいと思うよ!

バカップルオーラ迸ってるぅ!
いいねぇ、こういうの。

11月 『愛と小三』

意識して『彼女かわいい』してる俺だけど、入間主人公ズは大抵デフォというか無意識というか標準装備してるものですよね。つまり、彼女はかわいい。

俺+彼女=バカップル≒ニヤニヤハッピーイルマニア!

12月 『好きにしてくれる人』

クリスマスということで『19歳だった』を想起せずにはいられませんでした。
バカップル具合は……良い勝負。甲乙つけがたいのでドローで! ぶっちゃけ両者ウィナーで!

いるまんはどうやら私をキュン死にさせたいようですね……ぐはっ。

「だって理由を好きになったわけじゃないの。わたしはっ、ほら……」

こっからニヤニヤ止まらへんっちゅーの。
ニヤンデルタール人にまで退化させられたウホ。

一つの答えが出る度に他のものを捨ててしまえば、永遠に満点は取れない。
人生で、問題がたった一つなんて。そんな簡単にいくはずないのだから。

だからこそ探した、彼女を好きになる12の方法。

うーあーもーこっちまで火照ってくるじゃないか! この夏真っ盛りに!
ハッピーメリークリスマース!
彼女を抱きかかえて両手がふさがっている俺がどうやって彼女の鼻に触れたんやろね? にゅふふふふ。

1月  『第二世界』

章題の意味がわからなかったのでググったけどやっぱりよく分かりませんでした。
誰かぷりーずてぃーちみー。

お隣さんのカマキリさんも既出キャラかと思って色々考えましたがわからず……ボーイッシュな彼女さんもわからない。いたっけ、そんなカップル?

いや、男女間にも友情はある! そう固く信じる私です。

入間人間×バカップル×こたつ=アルマゲドン
なんですかこの破壊力。地球は滅び、ぼくは死んだ。

2月  『第三世界』

先ほどと同じく、意味不明だったのでググりました。
こちらはなんとかわかったような、わからないような?
つまり、発展途上ってことでいいのかな?

自覚無きバカップルから自覚あるバカップルへと徐々にレベルアップ? ダウン? してきましたが、端から見ると依然と何ら変わらないただのバカップルでございます。

「じゃ最後。あいにーぢゅー?」
「ぢゅー」
「合格!」
「え、あ、どうも」

ぢゅー!
はーやばい。最高以外の賛辞が思いつかない。最高! ビバ! バカップル!

出た! いるまん必殺『いっひりーべでぃっひ』!!
お猿さんだよーな彼女かわいさMAX!
『きみを愛す』→『きみをアイス』という高度なダジャレにアイスクリーム。

3月  『彼女を好きになる十二の』

この章が時系列的には一番前になっている、と。
去年、つまり2年生のときも一年かけて彼女を好きになろうとしてたんですね。
おそらく、一昨年も。
そしてきっとこれからも。
隣に彼女がいてくれるなら。

『だといいなぁ。』までが回想なだけでした! はっずかしー!

最高のバカップルでした! ごちそうさま!

続いて、ストーカーパート。

四月  『靴のサイズまで知っている』

あれ、いつの間に『ぼっちーズ』読んでたんだ? と錯覚しかけた僕の章。
『僕の小規模な奇跡』の青シャツがもしも、イケメンじゃなかったら、そんなお話。
嘘ですけど遠からずだと思います。
青シャツと僕の差異は挙げればキリがないですけど、彼女に一目惚れして恋は盲目なところはおんなじでした。
ここまで報われない入間主人公はちょっと新しいかもしれませんね。
彼女の生足見て『親指舐めたい』ってやっぱコイツも変態か!

自分の気持ちにバカ正直に行動した青シャツに対し、同じくらいの気持ちを募らせながらもあくまで自分の立ち位置を理解した上でじっと片想う僕。
ときには図々しさも大切です。ただしイケメンに限る。

僕のバイト先の靴屋。
靴屋と聞くと条件反射のようにサクラかどうか考えてしまいますが、今回はどうでしょうか。
特定できる描写はありませんが、多分違うだろうと思います。
サクラは一度にバイト二人も必要な広さじゃないはずですし。そもそも人件費が以下略。

五月  『ずっとです』

理想と現実。
キョドリ描写がリアルすぎて泣ける……。
書いてあるとおり、『ありがとうございました』だけ流暢なのが余計に辛い。更にここだけ敬語っていうね……。
こんな痛切な「死にたい」ヤメテー。

六月  『空ときみの間で』

行動しなければ前に進まない。ただしイケメンに限る。
現実は非情。

俺と僕。
お互いにそれぞれ別の『彼女を好きになる方法』の教えを請おうとしている対比が面白いです。いや、面白くはないけど、なんでしょう、なんかうん、なんかあれです。
圧倒的に経験が足りない僕が『彼女を正しく好きになる方法』求めて三千里。
『好き』って難しいなぁ。

七月  『お前の愛は引力じゃ重すぎる』

Jリーグカレー懐かしいw まさおー

今年の夏はストーカーの夏でした(キャッチコピー)

八月  『こんなこともあろうかと(必然)』

僕、ダークサイドに堕つ(キャッチコピー)
完全に犯罪者の思考パターンなってましたね。
読むのが辛い。バカップルとの落差で余計に辛い。
その夏最高の一日と、人生最悪の一日と。

九月  『寄せて上げる』

こいがたきが あらわれた!

でも、ここまで一人の人を好きでいられるって素敵だなって思います。
どれだけの愛がそこに。

十月  『食い気より吐き気』

酒弱ぇw 絡み酒厄介w
ノートのスケッチ褒められて「ありがとうございましたぁ。うるさいよ」には笑いましたw

「くたばったのは、僕だったー」

泣いた。

十一月 『愛の勝算』

分不相応な高望み。

好きになる人を選ぶのではなく、好きになった人がすべて。
これは至言だなと思ったり。

十二月 『これぐらいなら純愛』

独り暮らしの男がクリスマスに独りででっかいケーキむしゃる姿の侘びしさったらありません。
そこに昆布のおにぎりが混ざったとなりゃ、さぞや人生辞めたくなる味だろうことは容易に想像できます。
これぐらいなら純愛? むしろ、執愛?
一度でいいから笑顔が見たい。
あー滅入り苦しみます。

一月  『下着の色の方が知りたかった』

章題w

『靴』とか『絵』とかどこか『僕の小規模な奇跡』を彷彿とさせる気がしますが(さすがにこれは意図的かな)、彼女と同じ靴を履いたところで確信しました。
やっぱこれ、もしも青シャツがイケメンじゃなかったらのシミュレーションパターンなんだ!
いや、そうでも思わんと辛すぎるやん……

「ありがとう、ございました」

このたった一言にどれだけの思いが込められているのか。
過去形なのがもうほんと切ない。
三白娘の言葉を借りるなら、僕は『物語の主人公になれない人間』なんでしょう。
彼に特別は始まらない。
報われるどころか散々に嫌われて、それでも彼女を好きになったことに感謝する僕もやっぱり入間主人公の一人です。
彼のそんなところが私は好きです。

二月  『やっぱ立体的なやつはダメだ』

いるまんの十八番、思考垂れ流し! からのリアル彼女いっひりーべでっひぃぃぃいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!

……ゴミ箱漁って泣いてる僕の姿で前が見えなくなった。
幸せ絶頂の俺と、不幸のどん底の僕と。

三月  『彼女を好きになる12の』

こちらは普通に前章からの続きになってますね。
こちらは『だから。』までが回想になってますね。
こっちは別に読み違えてたわけじゃないから恥ずかしくないもん!

僕の中で彼女が思い出になって、また新しい恋に出会えるといいなぁ。
僕に、春が来るといいなぁ。来てほしいなぁ。

なんの仕掛けもなくさらっと終わったので「え? なにか読み落とした?」と色々勘ぐってしまうあたり、順調に毒されてるって自覚あります。
俺パートが算用数字で僕パートが漢数字、最終章が逆になってたり、対応してる章題だったり、深読みしてみましたけど、多分、ストレートな恋愛小説なんだと思います。この『彼女を好きになる12の方法』は。
とりあえず、バカップルパートで存分ににゃーにゃーさせてもらったので満足です! ふは、ふれきしぶる!

でも正直、『大学の三丁目あたりで』の方が面白かったような気がしてなりません。
続きが気になって夜寝られないんですよ! 安眠プリーズ!

あとがき

えっ、『人間はいつだってすばらしいと思っています』って自画自賛ですか? (←にんげんをひとまと読んでる)
すばらしいですよね!(ニッコリ
私も宇木さんのサイン入りセンコロールほしい!
父間さん、あとは作詞家だけですね! 夢のゴールはすぐそこに!
母間さんったらお茶目! よろしければゴミ捨て場を教えて頂けないでしょうか
そんな感じで以上、いるまんを好きになる12の感想でした!

本作の裏テーマ『彼を虜にする12の陰謀』の感想はこちら

Leave a comment

Private :

Comments

アパートで有名人って言うと、
”ゆなりん”じゃねえかなとか思いましたね(゜゜)
結局誰だったのかが気になるところ......
Posted at 2012.08.26 (00:21) by jackson (URL) | [編集]
Re: jacksonさん
なるほど、ゆなりん説ですか。
正直、これだけの情報からではなんとも言えませんよね。
性別はおろか、本当に有名人かどうかも怪しいですし。
気になりますね……
Posted at 2012.08.26 (00:32) by 天野寂 (URL) | [編集]
三月はどちらとも過去を振り返っての感想=回想なのでは?
Posted at 2012.08.27 (02:20) by (URL) | [編集]
Re: 葦さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

……仰る通りですね。恥ずかしいっ!
記事の該当部分は修正しておきます。
ご指摘ありがとうございました。
Posted at 2012.08.27 (02:26) by 天野寂 (URL) | [編集]
はじめまして
今日広告でこの本のことを読んでちょっと感想みたいな~と思ってたらここを見つけました^^
なかなか感動しそうな話?みたいなので買ってみようかと思います
Posted at 2012.08.27 (17:32) by (URL) | [編集]
Re: 慧さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

う~ん、感動はしなかったのでそこは保証できませんが、読んでみて損はないと思います。
興味を持ったなら是非、お手に取ってみてください。
Posted at 2012.08.28 (16:40) by 天野寂 (URL) | [編集]
読んでみました^^
彼女の性格がいいと思いきや6月のところが少し…
ちょっとヤンデレイメージがあったな…
Posted at 2012.08.29 (01:16) by (URL) | [編集]
Re: 慧さん
そこに気づくとは慧眼をお持ちですね、慧さんだけに!
……ごめんなさい。
ホラー説を読んで改めて感想を書きましたので、もしよかったらそちらも読んでみてください。
Posted at 2012.08.29 (07:35) by 天野寂 (URL) | [編集]
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
4/20更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード