バレンタイン的なアレだよ、アレ。昨日まで存在忘れていて慌てて書いた 感想

入間人間公式サイト『入間の間』掲載WEB小説『バレンタイン的なアレだよ、アレ。昨日まで存在忘れていて慌てて書いた』感想です。

入間作品のキャラがバレンタインネタ掌編にて再登場!!

このタイトルだと慌てて書いた感想みたいに読めちゃいますね。
とまぁ、そんなどうでもいいことはおいといて、続きから感想です。

ケース1、ある青年の場合 (探偵・花咲太郎)

人気投票で5位だったにも関わらず、前回のクリスマス掌編でお留守番だったタロー&木曽川コンビきたー!
やっぱこの二人のやり取りは良いものです。
無干渉に徹するエリオット含めて、ものの数行で懐かしき花咲ムードに浸れるところが実に素晴らしいと思います。

「一ヶ月後じゃあホワイトデーじゃないか。出してもいないやつにお返しするとねぇ、白い目で見られちゃうからねー」

あーなるほどーだから『ホワイトデー』なのかー『ホワイトアイズデー』の略だったわけなのかーと半分くらい本気で納得しました……。

2/14、男にチョコをねだる魔女帽子の男の図。
これが世紀末……いや、何も言うまい。シュンくんが楽しそうで何よりです。
タローくんも認めてるけど、気の利くいいやつだよなー。
トウキの分もちゃんと買ってあげてるところが彼の人柄を表してます。
で、ロリージはピーチ姫から褒美を授かることができたのか。各自、脳内で補完されたい。

以上、ケース1、友チョコの場合。

ケース2、ある女子大生の場合 (僕の小規模な奇跡)

ありがとうございまーす!!!
これが! これが読みたかったんですよ!! いるまん年と二千年前から愛してるぅー!!!
実はですね、バレンタインイブにこんなことをつぶやいていたんですよ。

まさかいるまんご本人が書いてくださるとは!
嬉しさ余ってカカオ百倍ですよ全くもう!
『僕の小規模な奇跡』のアフターストーリーを妄想することにかけては右に出る者はいないと自称する私にとって、この掌編を超えるバレンタインチョコはありません。
リアルに「ふぃーふぉー!」と叫んじまったぜぃ! 夜分遅くにすいませんっしたぁ!
長期休みの間、バカ犬はどれくらいの頻度で三白娘に会いに行ってるんだろう? という疑問は数え切れないくらい考え続けてきましたが、想像以上に逢瀬の回数少ないみたいですね。
2月に入って初めてということは少なくとも2週間振りというわけで。
少なくとも、週1はなにかと理由をつけて会いに行ってるものだとばかり思っていました。バカ犬くん意外と慎み深いなぁ(いや、多分違うと思うよ?)

「バレンタインデーだから。女の子からしか愛を送れないなんて不公平じゃないか」
「……あ、そ。愛、ね」

この台詞の後、すぐさまその場でチョコを口にしてますけど、さり気なく描写されてますけど、これってプロポーズオッケーしたと言っても過言じゃないよね?
ドストレートに「あなたの愛を受け取った」と解釈する他ないよね?
どうしちゃったんですか? もうデレッデレやないですか! みなぎるー!

ここでクエスチョン、三白娘のチョコは手作りか否か。
三白娘ソムリエである私が断言しましょう、手作りであると!
この台詞が全てを物語っています。

「甘いもの嫌いだから、適当よ。味には期待しないで」

三白娘がバカ犬のために一生懸命チョコ作ってる姿を頭に思い浮かべるだけであと3年は戦える。
むしろ、三白娘のエプロン姿だけでご飯3杯はイける!(お前は何を言ってるんだ
そして、この発言から三白娘は料理もそつなくこなすのだろうと妄想が強化されました。
おそらく、(店売りのものと同じような)ラッピングも自前であると考えるとそれなりのレベルなのでしょう。
小学生時代に既に完成した絵を描いていたように、何事も高水準にこなすものの、突き抜けた成長はないというこれまでの妄想設定でこれからも食べていけそうです(勝手に食ってろ
チョコを作ったはいいが、どうやって渡そう(誘おう)かと悩みに悩んでやっとの思いで打ち終えたメールを中々送れず泣きそうになっているところに彼からのお誘いメールが届き、自分でも気づかないうちに満面の笑みを浮かべながら嬉々として嫌々を装ったOKメールを返信する三白娘が可愛すぎてもう鼻血が止まらない(※個人の妄想です

バカ犬が彼女に会いたかったのと同じくらい、三白娘も彼に会いたくて堪らなかったということを、素直に開かない彼女の口の代わりに、彼の手を掴んだままの素直な手が物語ってくれています。
チョコレート以外のものっていったら、ねぇ? ひとつしかないでしょう。
ラブラブバカップルに小規模な幸あれ。

以上、ケース2、逆チョコのち順チョコの場合(両者本命)

ケース3、ある少年の場合 (トカゲの王)

三段オチ担当の分際で文量が一番多いとは何事かー!

・シラサギの胸を揉まされ、おっぱいの呪いを受ける
・巣鴨におっぱいを揉ませてもらい、おっぱいの呪いを上書きする
・シラサギの胸の谷間に手をin、生乳を堪能させられ、おっぱいの呪い追加で骨抜きに←new!

なんなのこのうらやまけしからんちゅーがくせーだんしとかいうせいぶつは!
シラサギも巣鴨とはまた少し違った痴女なわけですが、なぜか血を舐めるところが一番エロかったです。
オチがこんにゃくチョコってのがまた可愛らしいんですけど、このラスボス、ちょっとかわいすぎやしませんかね!

以上、ケース3、生チョコの場合(性的な意味で)

ケース4、ある新キャラの場合(宣伝)

てっきり『安達としまむら』シリーズの宣伝かと思ったら、完全なる新作の宣伝だったの巻。

これから十秒後、十二時きっかりに『それ』と出会うまでは。

『それ』と『』で括ってるところが『小さく選ばれたたたかい』を彷彿とさせるので、あれの続きかなーとも思ったんですけど、『数学教師』とあるので主人公は中学生以上。やっぱ関係ないかも?
(宣伝)とついてますけど、全然コマーシャルにはなってないよね? ぶっちゃけ。
ひょっとすると『多重人格大抵サイトウ』のリバイバルじゃない? 『それ』ってのは寄生生物かなんかのことで! とか思ったのは間違いなく、最近読んだ『寄生獣』のせい。
いやもーめちゃくちゃ面白かったです! 特にタイトルの素晴らしさと言ったら!(宣伝)
Hurry up,May!!

以上、ケース4、新チョコの場合。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
11/15更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード