入間人間大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの?

あ、まず前提として、
貴女が入間人間大好き男を夢中にさせることが、
はたして貴女を幸福にするかどうか、それはまた別問題だけれど。
とはいえ、入間人間大好き男たちは玉石混交ながら、
小説家志望の超夢見がちな男なども多く、
したがって、釣り師たる女たちにとっては、
なかなかあなどれない釣り場です。


では、入間人間大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、
貴女は、どう答えれば理想的でしょう?
まず最初に、その男が電撃文庫レーベルのみーまーと
あとはトカゲの王、そして(短編のためだけに電マガを買うほどではないけれど)電波女が大好きな、
そんなタイプの場合は、
貴女はかれの目を見て、微笑みとともに質問など無視して、こう言いましょう、
「わたしが、あなたのまーちゃんになってあげる♪」
これこそまさに必殺の答えです。
そこで入間人間大好き男が、えへへ、とやにさがったならば、
貴女は、ひそかに、「彼を虜にする12の陰謀」あたりを
ひそかに企てておきましょう。これで成功まちがいなしです。


しかし、ここでは、もう少しハイブロウな(?)いわゆる入間人間好きの男の
落とし方をお伝えしましょう。
この場合、貴女は、こう答えましょう、
「わたしは、僕の小規模な奇跡が好き。
3種類全部持ってるの、文庫の書き下ろしも最高だし、
4月、それは――寿命。の短編も、大好き♪」
もしも貴女がそう答えたならば、
その瞬間、入間人間大好き男の目はきらりと輝き、
かれの貴女への恋心は、
20%増量になるでしょう。


なぜって、僕の小規模な奇跡は、
ちょっぴりお洒落な里見英樹の装丁で、
タイトルの元ネタである漫画『僕の小規模な生活』の、
福満しげゆきから許可をもらいながらも、そこがまた
ちょっぴり入間人間のお気に入りみたいなふんいきをかもしだしていて。
しかも入間人間が一般文芸で書いている作品は、
入間人間作品のスタンダードを、
質高くふるまっていて、なおかつ、
『昨日は彼女も恋してた』、『明日も彼女は恋をする』という傑作を世に出した功績もあって。
したがって僕の小規模な奇跡こそは、
本来なんの接点もないまったく縁もゆかりもない別々の世界に生きている、
坂下恋日似の綺麗系OLと、玉もあれば石も混じっている、そんな入間人間大好き男たちが、
この世界で唯一(いいえ、六百六十円の事情、時間のおとしものと並んで唯三)遭遇しうる作品です。





では、参考までに、危険な回答を挙げておきましょう。
入間人間大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、
貴女がこう答えたとしましょう、
「たったひとつの、ねがい。が好き♪ 週3回は、スタバで読み返すの。」
その瞬間、入間人間大好き男の貴女への恋心は消えます、
なるほど『たったひとつの、ねがい。』は、表紙のカレーライスを食す女性が食欲をそそり、
テーマは単純ながら、ま、無難にまとめてあるものの、
しかし、「入間人間は表紙詐欺作家!」とかなんとか半分冗談交じりな批判を吹聴し、
入間人間についての謬見を撒き散らした罪がありますから、入間人間大好き男にとっては天敵なんです。
また、もしも貴女が「クロクロクロックが大好き♪ 嬉しいクロスオーバーが、作中にいっぱいあるよ♪」
と答えたとしても、同様の効果をもたらすでしょう、
なぜって、クロクロクロックは、発売当初には一部のファンの間で騒がれたものの、
しかし1/6発売から、いやはやなんともな売れ行きに伸び悩み、
いまや、あのシリーズは、自主打ち切りにされかねません。


またもしもたとえあなたが入間人間が大好きで、
「わたし、アラタなるセカイが好き、現在編も面白いけど、
最高に好きなのは未来編♪ 入間人間が作詞した、主題歌もすっごくいいの。」
と、答えたとしたらどうでしょう?
なるほど、貴女の趣味は高く、
たしかにアラタなるセカイは、外装が gorgeous であるのみならず、
内容も最高に面白いんですけれど、
しかし、貴女の答えを聞いて、入間人間大好き男はきっとおもうでしょう、
(なんだよ、お高くとまった女だな、カネかかりそう)って。


貴女が、入間人間が大好きで、お気に入りの作品を挙げるにしても、
たとえば、『探偵・花咲太郎』ならば安心でしょう、
なぜならば、『探偵・花咲太郎』は、ふつうのOLにもイルマニアにもともに愛されるめずらしい作品で、
貴女がその名前を挙げても必ずしも、あなたがイルマニア宣言をしているとは受け取られないでしょう。
しかし、たとえば、密室でへんたいかっぷるがひたすらイチャイチャしている『多摩湖さんと黄鶏くん』にせよ、
入間版ゆ○ゆりとして好評を博している『安達としまむら』にせよ、
唐突に始まった新シリーズ『強くないままニューゲーム』にせよ、
越前魔太郎として執筆した『魔界探偵 冥王星O ウォーキングのW』にせよ、
私小説に見せかけた暴露本『バカが全裸でやってくる』にせよ、
童貞を卒業できないままクリスマスを何度もループする『19歳だった』にせよ、
やりたい放題のカオス企画『ハイパーイルマ大戦』にせよ、
目を逸らしたくなるようなぼっちの生態を克明に描く『ぼっちーズ』せよ、
一体いつになったら続きが読めるのか分からない『ちょっと無敵、だいたいこども。』にせよ、
一体いつになったら以下略な『N743327』、『LZEEHLN』にせよ、
タイトル考えることを早々に放棄したことが伝わってくるご褒美短編『クリスマス的なアレだよ、アレ』、『バレンタイン的なアレだよ、アレ。昨日まで存在忘れていて慌てて書いた』にせよ、
大好きなゲームのノベライズ『LIVE A LIVE SF編『機心』 ワレ オモウ ユエニ ワレ アリ――』にせよ、
『早稲田文学増刊 wasebunU30』収録の知る人ぞ知る名作『返信』にせよ、
切ないながらも希望あるラストの余韻が心地良い『静電気の季節』にせよ、
入間作品の中でも群を抜く狂気を孕んだ『みんなおかしい(ぼく含む)』にせよ、
いかにもシリーズ化しそうなタイトルだった割に音沙汰のない『小さく選ばれたたたかい 辰野→桃谷』にせよ、
イルマニアのマストアイテム『まるごと一冊“入間人間”』収録作品にせよ、
大人の事情で短編集への収録を見送られたが粋な計らいで入間の間で全文掲載となった『アイで空が落ちてくる』にせよ、
あとがきネタに困って書かれた『小説っぽいもの』にせよ、
前から読んでも後ろから読んでも話が成り立ち延々と行ったり来たりをくりかえす『メトロノーム』にせよ、
2通りの読み方によって内容が変化する『だからなんで7番なんだよ』にせよ、
それ、伏字にする意味あるの? と全力で問いたい『ほらなんかこういうのあっただろ、ファ●ナルファ●タジー9に、並べ替えて正解作るやつ』にせよ、
裸の王様的プロット『俺のすべて 普段提出しているプロット編』にせよ、
自主ボツで幻の名作となった『一つの石』、『傷跡コミュニティ』にせよ、
序章が電マガに掲載されたにも関わらず自主ボツった『大学の三丁目あたりで』にせよ、
そういう作品の名前をいきなり挙げるのは、ちょっぴり微妙。
ましてや貴女が、「ひかりの消える朝が大好き♪ わたし、サイン会にも当たって、握手してもらっちゃった♪」
と答えたならば、どうでしょう?
これはかなり博打な答え方で、
なるほど、ひかりの消える朝は、片目と失恋が発売変更になったため電マガ購読者しか読むことができない隠れた超絶名作ゆえ、
あなたがそう答えた瞬間、入間人間大好き男がいきなり超笑顔になって、
鼻の下がだら~んと伸びちゃう可能性もあるにはありますが、
しかし、逆に、(なんだよ、この女、サイン会経験者かよ、俺は当たったことないのに!)とねたまれて、夜道を襲われる可能性もまた大です、
なぜって、必ずしも入間人間大好き男が入間人間大好き女を好きになるとは、限らないですから。
しかも、この答えには、もうひとつ問題があって、
男たちは、女を導き高みへ引き上げてあげることが大好きゆえ、
もしも貴女が、「ひかりの消える朝が大好き♪」なんて言ってしまうと、
そこにはもはや、男が貴女を入間教育する余地がまったく残されていません、
したがって貴女のその答えは、
入間人間大好き男の貴女への夢を潰してしまうことに他なりません。


ま、ざっとそんな感じです、貴女の目には男たちはバカでスケベで鈍感に見えるでしょうが、
しかし、ああ見せて、男は男で繊細で、傷つきやすく、女に夢を持っています、
貴女の答え方ひとつで、男の貴女への夢は大きくふくらみもすれば、
一瞬で、しぼんでしまいもするでしょう。





では、スキットを繰り返しましょう。


「わたしは、僕の小規模な奇跡が好き。
3種類全部持ってるの、文庫の書き下ろしも最高だし、
4月、それは――寿命。の短編も、大好き♪」
そして、その瞬間、入間人間大好き男の目がらんらんと輝いたなら、
貴女はこう重ねましょう、
「それからね、いま、わたしが行ってみたいのは、
坂の上の大学でおなじみ名城大学、素敵な大学って噂を聞いたから。
あなたのお暇なときがあったら、わたしを名城大学へ連れてって♪」
これでもう完璧です。


そうなったらこっちのもの、
デートの日には、アイメイクをばっちり決めて、トランスペアレントレッドオキサイドの下着をつけて、
三白娘のような可愛いワンピも捨てがたいのですが、思い切って菖蒲柄の浴衣を着てゆきましょう。
その日から、入間人間大好き男は貴女の虜になるでしょう。
では、釣り師としての貴女の、愛の幸運と幸福をお祈りします!


ぼくと女友達と入間人間、ときどき入間父間。
  • 元ネタ

インド料理大好き男に「どこの店が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの?

感想:素晴らしき文才に、羨望の眼差しを。

Leave a comment

Private :

Comments

またすんごく頑張ってくださいましたねぇ。
サイン会~の件がもう完全に、天野さん自身が当たったことないから僻んでるだけにしかみえません(笑)
次こそは、ですね。
Posted at 2013.05.18 (07:04) by (URL) | [編集]
Re: さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

そこに目を付けるとは慧眼でいらっしゃいますね。
はい、それが言いたいがために書きました。僻み以外の何ものでもありません。
次こそは、です!
Posted at 2013.05.20 (16:33) by 天野寂 (URL) | [編集]
俺はまーちゃんの方が好みかもしれないですね……

いや小規模の単行本持ってないんで。
黒ひげの表紙は欲しいんですけど文庫で一度買っちゃうとなかなか手が出せない主に値段的に。
Posted at 2013.05.24 (21:49) by 有崎 (URL) | [編集]
Re:有崎さん
まーちゃんもかわいいですよねっ!
最近みーまーを読み返してるんですけど、「あれ、(前から可×いとは思っていたけど)まーちゃんってこんなに可×かったっけ?」と改めて彼女の魅力に悩殺されたりしてます。
特に2巻のまーちゃんはヤバイ。ニヤニヤが止まりません。

文庫持ってるのにわざわざ高い単行本を買うのはハードルが高いですよね。ハードカバーだけに。
でも、結構書き直されているので2冊を読み比べるというマニアックな楽しみ方も乙だったりします。
Posted at 2013.05.25 (08:21) by 天野寂 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード