アダチズQ 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.32(2013年5月号)掲載『アダチズQ』の感想です。
adachizuq.jpg

 ちらり、としまむらの手元に目をやる。
 でも、と思いとどまる。
 周りを見る。ここは学校、ここは廊下。
 同級生がいっぱいだ。
 さすがに手は繋げないよねぇと、引っ込めて、
 ごまかすように背筋を伸ばして歩いた。

タイトルは『安達クエスチョン』の続きですよーという意味合いでしょうか。
はい、そんなわけで今回は安達視点でした。
ん~、やっぱり安達視点については特に感想が浮かんできませんね。
かわいいとは思うのですが、なんか食傷気味というか。
未だにあだむらは1冊で終わっておくべきだと思っているので(だってあのラストが最高なんじゃないですか!)、これ以上くどくどと描写されても……な気分だったりします。いや、かわいいとは思ってますよ?

なるほど、2巻の予告ですな。
クリスマスとバレンタインで安達が一喜一憂するってわけですな。

筆圧が強かったのか、消してもうっすらと名前は残った。瞼を閉じて、寝て、明日になっても昨日のしまむらを忘れないことに、少し似ている。

ここすごい好きです。
なんていうか、入間節が程良く効いてる。

「マフラー巻いてもおかしくない季節になったネ!」
「いきなりなんの話?」

コラ日野!w っていうかいるまん!w
いやたしかにあれはおかしかったですけど! 大爆笑しちゃったじゃないですか!
というわけで、のんさん並びに編集さん、次はそこんとこよろしくお願いしまっせ。

日野と永藤のコンビは和みますねぇ。はぁ~お茶がうまい。

いるまんも『なんだばしゃあ』気に入ってるみたいですねw
恥ずかしさを表す単位に使えそうな気がします。
この恥ずかしさは3なんだばしゃあ! あの恥ずかしさは7なんだばしゃあ!

「んー……なんでわたしなんだろね?」

捉えようによってはちょっと酷い言葉ですけど、自分がすごい言いそうな台詞でした。
ってか言ったことある、かも……おっとここで記憶障害がー
とりあえず、すぐ寝るところも自分と瓜二つ!

 キスしたいことと、キスをねだられる仲は、ぜんぜん意味が違うのだ。
 私が求めているのは後者であって、唇くっつけたという結果じゃない。

『女子高生ホリディ』では最終的に姉的なものを求めている感じで終わってたじゃないですかー!
これじゃー微百合通り越してガチレズじゃないですかー!
安達の脳内暴走が加速してゆくっ……!!
キスをねだるしまむらとか……フィクションの世界でもフィクションな存在ですよ。想像できナッシング。

『寛容』ではあるけど優しくない、しまむらならではの。

おお、なるほど。
しまむらのパーソナリティを端的に的確に言い表してますね。
流石、第一級しまむらウォッチャーの称号を持つ安達さんである。

 ほしいものはたくさんあったのに。

……切ない。

こたつの中で微睡むような心地よさ漂う〆でぽかぽかしました。

多分ってなんですか多分って。

おまけ『肉屋来訪者』
まさかの永藤視点!
いるまんが自分のリクエストに応えてくれたっ! とプロ電波を受信する私は今日も元気です。
ころっけ買いにくるヤシロかわええ。その時間帯だけでいいから店番したい。

女の子のあだ名に肉藤は酷い。立派ないじめです。
まぁ、その名に恥じない見事な成長を遂げたようなので結果オーライなのかもしれませんが(何言ってんだコイツ)

安達としまむらが付き合い始めたぎこちないカップルだとすると、日野とながふじはお互いにとってお互いが空気のようにそこにいて当たり前の存在にまで昇華された熟年夫婦といったところでしょうか。
初めての友達&幼なじみアドバンテージは一筋縄では覆せませんね(そもそも誰に対してのアドバンテージだ)
でこちゅーからのれろんコンボでどぎまぎな日野がかわいい。これは貴重な一枚ですな。
そして何故か日野に金子の面影を見ました。本当になぜだ。
両親の教えの甲斐あって自分に正直すぎる生き様な永藤にはバカ犬の面影を見ました。
「羨ましいぐらい、バカ正直なんだから」

これを百合と呼ぶ人もいるでしょうし、私もそれに吝かではないけれど、その一言で言い表せる関係じゃあないと思います。
ところで、日野がやたら察しがよかったのはこういう背景があったからなのかもしれませんね。
単に日野の人柄が大きい可能性の方が高いですけど。

『こっちも続く?』と言わず、是非続いて下さい。
続刊も『安達としまむら2』ではなく『日野とながふじ』にしましょう(提案)
2巻では日野と永藤メインで書いてくれたら嬉しいです。
まぁ、タイトル的に無理だろうけど!

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード