『神のゴミ箱』1章『2000mg配合』 感想

電撃文庫MAGAZINE vol.33掲載『神のゴミ箱』1章『2000mg配合』の感想です。
kamigomi1.jpg

ある日。
大学生の部屋にあるゴミ箱に、
誰かの『ポエム』が舞い込んできた。
これは、どんな神のお告げだろうか……?

タイトルロゴの“箱”が良いです。
いやー面白かった! げらげら笑って、んもー最高でしたっ!
んじゃいっちょ、ふぁいとぉーいっぱぁーんつ!!

イラストはままニューでお馴染み、植田亮さんでした。
・神(じん)
これ、金髪にしたら完全にフージー……描き分けってむずかしいねっ!
いや、フージーはこんなにがたいよくないか。
それにしてもこのゴミ箱縦長すぎません?
・西園
格好がいるまんじゃねぇかw
関係ないけどこういう系の苗字が出てくるとどうしても某お嬢様を思い浮かべてしまい、女性だと思い込んでしまいます。
・比内
読み終わってもう一度眺めてびっくりしました。
なにに驚いたってちゃんと本文通り、右目より左目が大きく描かれてるんですよ!
角度の問題じゃないの? って思うかもしれませんが、よーく見るとあえてアンバランスにしてあることがわかると思います。
こんなに細かいところまで再現されたイラストは左さんのまーちゃんの足の傷跡以来じゃないでしょうか。
これはちゃんと読んでないと描けませんよね。
植田さんのこと一気に大好きになりました(←現金なヤツ)
・女子中学生
……………………………(特にコメントが思いつかない)
おいくら?(おまわりさーん!)

それでは本編へ。
筋肉筋肉。
入間作品の主人公って何気に彼女いない歴=年齢って少ないですよね。
お互いの身体にお互いの名前書き合うカップル……うわぁ……って感じですけど、身体に油性ペンで何か書くとかなんかエロい。
彼女が銭湯に行ったかは分かりませんけど、腹に“神”とか書いてるやつは明らかに頭おかしいやつだと思われますよ。
彼女の名前が気になりますね。それによって神のバカップル度が割り出せるので。

他人のゴミが勝手に転送されてくるゴミ箱とか嫌すぎるっ!
自分だったら速攻で処分します。
ゴミじゃなくても他人の触った物とかあんまり触りたくないのに、他人が捨てたゴミなんて鳥肌ものですよ。
知ってる人ならまだわからなくもないですが、どこの誰とも知れないゴミを漁るとか……どん引きです。
そうは言っても神がド変態じゃないと話が展開しないわけで、小説の主人公って大変だなぁといらん心配をしました。

『アラタなるセカイ』の作詞で吹っ切れたんですね、わかります。
世間的にこういうポエムは痛いという風潮ですけど、個人的にはすごく好きだったりします。
BLEACH巻頭の詩とかああいうの大好きです。
笑う奴共は勝手に笑わせときゃいいんですよ。
というわけで、比内さんの素敵ポエムがもっと読みたいです! 一章につき1ポエムでお願いします!

ゴミ箱被るなw 普通に汚ねぇから!
んでもってどんなバランス感覚だよ!
無意識で頭にゴミ箱載せたままそんな距離移動できるわけないだろフィクションか!(※フィクションです)

女子中学生パンツ買って下さい騒動からの素敵ポエム大演説。
大爆笑の渦に叩き落とされました。
このむちゃくちゃな勢い! 入間作品の醍醐味ですよね!
神と比内の漫才が『僕の小規模な奇跡』の俺と三白娘みたいで最高でした。もー笑える笑える。
リポDのCM懐かしいですね(今もまだやってるのかもしれませんが、ほとんどTV見ないので知りません)
最後のほっぺ抓り合うところはバカ全裸のカイショーと僕みたいで最高でした。もー笑える笑える。

パンツマンorポエムマンだったらポエムマンを選ぶよね。
というわけで、神はLチキ買いに行けばいいじゃない! Lチキも美味しいよ!
願いを叶えてくれるゴミ箱とかいうわけのわからん設定で、〆は自分が好きないつものイルマニティなんですから、もう脱帽通り越して出家ですね出家。
以前、冒頭の一文だけを印刷したカバーを被せて他の情報は一切分からない状態で販売するっていう面白い企画をやっていた書店がありましたけど、入間作品だったら冒頭ではなく巻末の一文の方でやった方が素敵な気がします。
入間作品の魅力を挙げればキリがありませんが、やはり入間作品の真髄はその秀逸な〆にあると思っています。

→2章『女子中学生との援助交際において、彼の内宇宙に生じた律動』(仮)に続く?

続く? ってなってると『大学の三丁目あたりで』という前例があるだけに続きが出るかどうか気が気じゃありません。
三丁目も同じくらい面白かったと思うんですけど自ボツりましたし、読者の基準よりいるまんの基準の方が厳しいんでしょう、きっと。
そんなところに痺れる以下略ゥ!



以下はキャラ一人一人についての所感およびクロスオーバー考察に入っていきます。

・比内
上でもちょっとだけ書きましたが、比内さんからは入間ヒロインNo.1と名高い(天野談)三白娘さんと同じ匂いがします!
美人だけど愛想皆無の近寄りがたい系女子なところとかもうたまらんですね!
茶髪セミロングということで黒髪ロングの三白娘には及ばないものの、ここ最近の入間ヒロインの中ではかーなーりークリティカルヒットしました。
パッション溢れるポエムをお書きになるところとか直情一直線な性格も最高ですし、なんといっても素がヤバイ。
「一時停止、ピッ!」とか俺を悶え殺す気か!
この可愛さは反則通り越して最早兵器ですね。危うく永遠に一時停止するところでしたよ。
これから神と繰り広げるであろうイチャコラドタバタ活劇が猛烈に楽しみです!

・西園
こいつは良い友人。物語的には盛り上げ隊長ポジション。
なんとなく伊坂さんの『砂漠』に登場する西嶋を連想しました。
ニワトリ小説は『アラタなるセカイ』で星ヶ丘のアイデアの中にあったやつですね。
早く書いちゃいなよYOU! 入間の間に載せてくれてもいいんですぜ。

・女子中学生
おかっぱ(微妙に違うとのことですが)、母子家庭と聞いて真っ先に『携帯電波』母娘を連想したのですが、違いました。
パンツ云々で、お母さんへのプレゼント代かなぁと想像しましたけど、知り合い(それも毎日顔を合わせるであろう同じアパートの十人)にパンツ買ってもらおうとするとか昨今の若者の乱れが嘆かれます。非常にけしからん。
まったく見ず知らずの人に買ってもらうというのもそれはそれで怖い気もするので、わからなくもありませんけどね。
2章のタイトルから次回はこの娘との話がメインになりそうです。
果たしてパンツの行く末は? 待て、次回!

・月寒
『大学の三丁目のあたりで』の主人公がゲスト出演。
ってかやたら自ボツ作品のキャラを絡ませてくるのは一体なんの嫌がらせでしょうか。続きが読みたくなるじゃないですか! もう読めないって分かってるのに! この鬼畜! 生殺し!
リライトの予兆だったら嬉しいんだけどなぁ……(チラッ
彼との会話から時系列が割り出せるんですけど、ちょっと辻褄が合いません。
月寒くんが竹切りのバイトでかぐや姫(仮)に出会ったのは10月5日であるのに対し、この話は7月に入った梅雨明け間近となっています。
名前だけ挙がっている豊平も彼女が出来たのは10月5日時点で先週なので、やはり3ヶ月ほどずれている計算になります。
単純にいるまんのミスとも考えられますが、三丁目で日付はそれなりに強調されていましたし、初秋を想定していることは明らかでしたから、いるまんに限ってうっかり間違えるとは思いにくいです。
可能性として、自ボツ作品はなかったことにした、もしくは並行世界にしたの2つを考えてみました。
前者は説明するまでもないとして、後者の根拠は月寒くんの名前です。
三丁目では月寒くんのファーストネームは『幸平』でしたが、ゴミ箱では『公平』となっています。
初めはうろ覚えだからわざと間違えてるんだろうなって思ってたんですけど、もしかするとこの世界では本当に『公平』なのかもしれないなと。
わかりやすく言えば、種島くんみたいなもんですね。
そう考えれば、日付が合わないのも納得出来ます。
この他にもう一つ大きい矛盾があるのですが、それも並行世界であれば解決します。

・オカーチャン
女子中学生のオカーチャンのことです。
娘さんとは似て非なる見た目ということで、『携帯電波』母娘説はおじゃんになりました。
ポルンガみたいな外見って安生さん? とか思いましたけど、中学生の娘がいるのはおかしいですよね。
でも、血が繋がっていない可能性も大いにあり得るので可能性の一つとして頭の片隅に置いておきます。
しかし、このカーチャンも良いキャラしてますねw
西園と息ぴったりすぎですw ポエムマンやめてあげてw

・髪切り男
多分、美容師さん(orの卵)なんでしょう。
初読時なんとなく、新城? と思いました。
女性にとって大事なものと言ったら髪ですし。
まぁでも、時系列的に9666で弟子やってるはずなので違いますね。
髪切ってる理由も今後の伏線と見て間違いないでしょう。

・ワカメ男
こいつが大いなる矛盾その2。
単純に読めば『未来を待った男』の瀬川に思えるんですけど、部屋割が違います。
未来男では一番右側の部屋でしたが、ゴミ箱では真ん中の部屋になっています。
そして、部屋に籠もってばかりとありますが、時系列が繋がっているとすればこの時彼は四年生なのでちゃんと学校に通っているはずです。
そこでワカメ頭で時々美人が遊びに来るアパート住まいの人物を捜してみると、『彼女を好きになる12の方法』の俺が該当しました。
もしそうならクロスオーバーがなかったトゥウェラブが繋がることになります。
しかし、俺(彼女12)にも矛盾があります。
彼女が出来て喜んでた隣人と髪切り男が一致しない、ということです。
そもそも俺が住んでたアパートは大学の真ん前ではなさそうですし。
それから、俺のアパートには有名人が住んでいるらしいですが、それらしい人物もいません。
うんうん唸って頭も捻って考えたんですけど、結局整合させる説明を思いつけず、並行世界説を採用することにしました。
並行世界の瀬川は真ん中の部屋に入ったんですよ、うん。
でも、過去と未来で部屋割が代わってたら老婆左門が部屋間違えて恥ずかしい思いしちゃいますねっ!

そんな感じでクロスオーバーについて考えていたらめちゃくちゃ頭痛くなった短編でした。
次はもっと頭痛くなるといいなっ!(マゾ違うよ)

Leave a comment

Private :

Comments

ふりかけご飯だけでつくほど筋肉は甘いもんじゃないんですよ!筋トレなめるな!(笑)

といいたいんですが内容が面白すぎて文句が出ないですね!久々の大学生ものはやっぱり良いですね。入間さんのはこういうのが一番面白いです。
Posted at 2013.08.14 (09:27) by No.39 (URL) | [編集]
Re: No.39さん
のりたまじゃなくてプロテインをふりかけろ!(笑)

ほんと面白かったですよね! 一体何度吹き出したことか……
大学生ものか小学生もの、それも一人称ものがいっとう面白いと思います。
続きが楽しみですねっ!
Posted at 2013.08.14 (10:36) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード