他にもっと強そうなキャラいなかったのだろうか 感想

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』予約特典『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX MAGAZINE』収録『電撃的クライマックスエッセイ17連発!!』No.2『他にもっと強そうなキャラいなかったのだろうか』感想です。

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX電撃文庫 FIGHTING CLIMAX
(2014/11/13)
PlayStation 3

商品詳細を見る
『電撃FC』参戦作品を手がけた、総勢17名の作家陣によるエッセイ集!
「私とクライマックス」をテーマに、ここでしか読めないエッセイをお届け!!

ゲームについてのエッセイかと思ってたのに、クライマックスの方かよ!! ってな訳で、期待していたようなエッセイではありませんでした。

一応、17名全員のエッセイに目を通したのですが、半分以上〆切がクライマックスで云々みたいな当たり障りのない内容の中、いるまんのエッセイだけ明らかに空気が違う……!
率直に言っちゃうけど、重い。重いよいるまん!!
読んでいない人には『エウロパの底から』をそのまま凝縮したようなエッセイと言えば伝わるでしょうか。
前半は完全にエウロパの一章です。

もうクライマックスを迎えてしまったのだろうかっていやいや何言ってやがるんですか。
たかだか7年やそこらでクライマックスとか寝言も大概にしてくださいよ。
こっからでしょうが!!
天才は理解されるのに時間がかかるものなんです。それはもうしょうがないことなんです。
死んでから評価されるパターンなんてざらですし。
今はまだ時代が追いついてないだけなんです。
だからといって、追いつかせようとしてはいけません。
追いてきぼりにするぐらいで丁度良いんです。
この程度に追いついてこられないような時代なんてこっちからお断りですよ!
ちょっと自分でも何言ってるか分からなくなってきましたが要するに毎日がクライマックスだぜ!! な勢いでいこうぜ!! ってことが言いたかったんだと思います(曖昧)

文章巧くなったと仰いますが、そうじゃないんですよ。
入間さん、あなたは分かっていない。
読者としては文章の巧拙なんかより、どれだけ魂籠もってるかどうかの方が余程重要です。
文章を気にする人もそりゃあいるでしょうけど、少なくとも私は全然気にしてません。
もし、気にしていたとしたらそれは物語に没入できていないってことですから。

昔の作品を読みにくいとは思いませんが、たしかに最近の作品は読みやすいと感じます。
ただ、スラスラ読めるからと言ってそれが良いことかと言うと必ずしもそうではありません。
スラスラ読めるということは、それだけ目に引っかかる文章が少ないということでもあり、結果、印象の希薄な物語になってしまう要因にもなり得ます。
で、いるまんの人気の低迷の一因はここにあると自分は思っている次第です。
あくが強いからってあく抜きし過ぎなんじゃない、と。
極論、ただ巧い文章が読みたいんだったら他の作家を読めばいいわけで、我々読者が入間人間に求めているのは入間人間にしか書けない文章なんですよ!
個性だけは唯一無二、絶対誰にも負けない武器なんですから、これを生かさない手はないでしょう!
どうも、ここらへんの認識がズレているような気がしてならない今日この頃です。

最高がいくつもあってもいいじゃんって、そうそうその粋ですよその粋。
いるまんってホントその時々のマイブームが分かりやすいですよね。露骨に推してくるよね。グイグイくるよね。
あなたが『FF:U』好きなのはもう十分伝わりましたから!
メリハリっていうか、決め台詞みたいなのはあってもいいかもしれませんね。シリーズものは特に。
お前に相応しいヒロインは決まった! って決め台詞でバカップルを量産するラブコメとか面白いと思います。嘘だけど。

Leave a comment

Private :

Comments

本文を読まなくても内容がなんとなく想像できた
このエッセイ読みたかったのですが、それだけのためにゲーム買うのはちょっとなぁ……。と思っていたのですが、

「エウロパを凝縮した感じ」の一文で内容がだいたいわかりました(笑)

ぶっちゃける系のエッセイもいいのですが、普通のエッセイも読んでみたいですね。たとえば、最近あとがきに登場しない母間の近況とか。めちゃ気になります。
Posted at 2014.11.17 (12:05) by キノ (URL) | [編集]
Re: 本文を読まなくても内容がなんとなく想像できた
出費に見合う価値のあるエッセイかと言うと微妙すぎるところなので、ゲーム自体に興味がないなら見送るのが賢明だと思います。
もう少し、ゲームの方にも魅力があればいいのですが……

母間さんから「ははのしょーぞー」は書かないでいいと釘を刺されていますからね。
入間さんもまだ命は惜しいでしょうし、厳しいと思います。
「友人から聞いた友人の母親の話なのですが」などと前置けば、あるいは……ぼっちーズは辛いです。
Posted at 2014.11.18 (16:15) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
11/15更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード