イラスト:入間父間はいつ発売ですか?

電波女と青春男(5)の表紙が公開されました。
電波女と青春男(5)
「やっほー」してるように見えます。右手的な意味で。
ブリキさんにしてはややおとなしめな感じ、ですね。
水着ってのは予想通りでしたけど、想像とは大分違いました。
普通にビキニかなーと思ってたんですけど、ワンピースタイプでしたか。
いや、こっちの方が断然エリオっぽさが出ていてぐーだと思います。良い意味で期待を裏切られました。見直しましたよブリキさん(←だから何様

twitterや某掲示板なんかではまた更に買いにくい表紙だよーと盛り上がっているご様子です。
そういえば4巻の時も騒いでましたねーうんうん。
生憎自分はそういう類の羞恥心はもとより持っておりませぬ故、一緒になってはしゃげないのがちと残念なような別にどうでもいいような……。
なんでしょう、レジに持っていくのが恥ずかしいってことでしょうか?
うーん、分からなくはないんですけど、よく分かりません(どっちだ)?
本屋の店員さんも誰が何を買ったかなんて気にしてませんよ、きっと。
少なくとも、自分はそうです。
全く気にしてないかと言われると嘘になりますが、概ね無関心です。
いるまんとか自分の好きな作家さんの作品を買いにくる人がいると平常より心持ち声が1トーン高くなったりするぐらいで、興味ははっきり言って0です。そんなことに思考を割く暇があったらいるまんの次回作に想いを馳せた方が何億倍も有意義な時間が過ごせますからね。こーゆーよーな時間のゆーこーかつよーはイルマニアンとして当然の嗜み。
自分としては、恥ずかしがってることの方が恥ずかしい、みたいな思考回路なので胸を張ってどん!とレジに差し出して欲しいところですね。勿論、自分はそうしてます。
というかですね、いるまんが書いた本を買うことの何が恥ずかしいというのか、そこですよ。むしろ、誇ってしかるべき、と言っても全然過言じゃないレベル。
もちろん、ライトノベルというジャンルでのイラストの存在の大きさには計り知れないものがあるというのは承知しています。
そこは、いるまんも売り上げの大半は絵師さんのおかげです、と言ってますし、自分も認めるところではあります。
だけど、そこで履き違えてはいけないと思うのは、イラストあっての小説ではないということ。
じゃあ逆で、小説あってのイラストって言いたいのかっていうとそんなことは別になくて、大事なのは、肝心なのは、中身だよってことが伝われば日本語使えて良かったって万歳三唱出来ます。
イルマニアファミリーの皆さんは、イラストが無くたっているまんの文章が読めればそれで幸せ(ですよね?)。
でも、イラストいらにーよって言ってるわけじゃないですからね、そこんとこ誤解無きよーに頼んます。
なんだかんだ言ってイラストにほえほえーと癒されたりしてますから自分。
それに、世に蔓延るノンイルマー(ノンアルコール的な意味で)がイラストにホイホイされてイルマーへと変貌を遂げたりすれば、色々と美味しいですしね。いわゆる、新規開拓というやつですね。
何を隠そう、自分もまーちゃんに一目惚れしたくちなのです、のです。
とどーでもいい話をだらだらと書いてきましたが言いたいことはただ一つ。
電女春男(5)お買い上げの際には、胸を張り堂々と会計をお済ましください。
あなたが誇りを持って手に入れたその一冊は、きっと何物にも代えがたい、格別な味がすることでしょう。


なんか途中から自分でも何書いてんのか分かんなくなってきた

Leave a comment

Private :

Comments

No title
やばい、エリオ可愛すぎです。

私は今回の表紙そんなに買いづらいって思わないですね。
もっと買いづらそうな作品色々見てますから。

それに入間さんだったらどんな表紙だろうと買います!
たとえイラストが一切無かろうと入間さんの作品が読めるなら喜んで買いますよ。
まぁ、イラストがあった方が嬉しいですけどね。
左さんとブリキさんの絵は最高です。

同じ日に電撃MAGAZINEも発売という事で楽しみで仕方ありません。
早く発売日になって欲しいですね。
Posted at 2010.05.11 (22:58) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
No title
エリオ可愛いな! 可愛いよ! ヒューヒュー!
さて五巻の表紙が発表されたわけですが
やばいですね! 白ですよ! 水着ですよ! ヒュー!
これじゃあ透けて見えちゃうんじゃないですか! サポーター着けてるかな! エリオじゃ着けてない感じですよね! 知るか!

表紙なんてどうでもいいですよ。
ごめんなさい、嘘です。左さんもブリキさんも大好きですよ。
ていうか、左さんはカラー絵よりも挿絵の方が好きなんです。
なんていうか、みーまーの世界観のもう一つの世界観を表現出来ている気がして。
もちろん実際の世界観は入間さんの文章で感じるのですが、その左さん絵から感じられる世界観もあるのですよ。
それはどっちも本物で、イエーイお得ですな! 的なアレです。
何が言いたいかっていうと、入間さんの本を読むのに恥らいなんて持ってる方が損だってことです。
良かれ悪しかれ、ですが。

話がえらい逸れました。元に戻す気なんてさらさらないですが。
とにかく、水着回ってことで、ブリキさんの力をきっちり拝見させて頂きましょう。
前川さんの水着はもちろんあるんでしょうな!

あ、最後の一文は私も思いました。
ああノリで書いてるなーと。
Posted at 2010.05.12 (00:47) by トーマイ (URL) | [編集]
No title
おぉ!
もう電撃のサイトの方で表紙がアップされていたのですね。
いやー、相変わらず美麗なイラストを描きますなーブリキさんは。
ワンピース形状の水着エリオ……グッジョブですw
『俺妹』などを購入する際は、イラストというよりタイトルで恥ずかしさ覚えたりしますが、イラストで恥ずかしいと思ったことはありませんね。
天野寂さんの言うとおり店員も気にしてませんよ。紀○国屋の店員などは即座にカバーをかけてくださる優秀揃いですしw
それに何よりも、入間先生の作品じゃないですか!
何に恥じれというのです!
……と、少し熱くなってしまいましたが、つまり何が言いたいのかというと、ブリキさんの描くエリオは可愛いということです。
すいません、意味不明でした。

それにしても、今度の舞台は海ですからね。海と言えばやはり水着。
ブリキさんのイラストが映えますね。
おそらく……女々さんの水着イラストは載るんだろうなぁ。
Posted at 2010.05.12 (01:27) by つかボン (URL) | [編集]
Re: No title
> 半熟タマゴさん

可愛いです。
4巻は別として、巻を追うごとに段々表紙エリオが幼くなっているような気がするのは自分の気のせいでしょうか。

> それに入間さんだったらどんな表紙だろうと買います!
それでこそ、イルマニアファミリーのあるべき姿です!
『入間作品を買うことはすなわち、生きることと等しい』とは誰の言葉だったでしょうか。

入間さんは絵師さんにも恵まれていますよね、ほんと。
読者としてもイルマスキーとしても嬉しい限りです。

六月は入間成分たっぷり補充出来そうなので安心安心です。
早く来い来い!発売日!
Posted at 2010.05.12 (02:59) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re: No title
> トーマイさん
エリたんきゃわいぃー!もー食べちゃいたいっ!いっただっきまぁーす!
さてなんか四十路の霊に取り憑かれましたが
やばいです!白です!それも純白です!ホー!
!?まさかのスケルトン仕様ですか!??それはもうなんか色々と間違えている気がするというかなんというかテンションがオカシイ。

自分はカラー絵も挿絵も同じくらい好きですけど、左さんの挿絵の良さには同意です。
みーまって普通とは違って場面ごとに挿絵が挟まれるんじゃなくって、章ごとにワンカット入れるってカタチですよね。
だから、自分としては挿絵というよりは扉絵って言った方がしっくりきたりします。
トーマイさんの仰る通り、シンプルなんだけどすごく世界観が表現されていて毎度毎度感服させられっぱなしです。
イラストが出ていないキャラも脳内で再生される時は完全に左絵になってますし、足の先から頭のてっぺんまでどっぷりと左ワールドに浸かっちゃってます。
入間さんの文章と左さんのイラストの相乗効果はマジ半端ないと思います。
この二人を組ませた担当さんにはもうグッジョブ!としか言いようがないです。

水着回、まさにブリキさんの本領が発揮されること請け合いですね。
水を得た魚の如く活き活きとしたイラストを書いてくれると、期待して待機してます。
そりゃあ前川さんだって水着になるさ!だって海だもの!

はい、完全にノリで書いてましたw
Posted at 2010.05.12 (03:27) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re: No title
> つかボンさん
自分も今回の表紙はかなりイイんじゃないかと思っています。
もっと露骨な感じになると想像していたので、このちょっと肌色控えめなイラストは個人的に花丸です。
見た瞬間、ビッ!っと親指を立てました。
『俺妹』は自分も読んでます。確か4巻までは読んだような記憶が……。
自分はタイトルでも恥ずかしいと思ったことは無いですね。
ちなみに『俺妹』はどこらへんが恥ずかしいんでしょうか?分かりやすくて良いタイトルだと思うんですけど。
それは……紀伊○屋の店員さん手練ですねw
いえいえ、この記事も意味不明なので意味不明なコメントのおかげで相殺される、はず。ですw
いや、つかボンさんの言いたいことはひしひしと伝わってきますけどね。

そうですね、海と言えば水着。水着といえばブリキさんですもんねw
女々さんにはそろそろ歳を考えて自重して欲しいものですけど、そんなの女々さんじゃないですね。
次巻もまた、マコくんの大事な何かを奪っていくのでしょう彼女は。
Posted at 2010.05.12 (03:44) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード