おともだちロボ チョコ 第三話 チョコ、応援する 感想

電撃文庫MGAZINE Vol.40掲載『おともだちロボ チョコ』第三話『チョコ、応援する』感想です。

謎の生命体の唯一の対抗兵器『カァールディス』。
危険な最新鋭マシンの専属パイロットに、トモカが選ばれて――。

今回のイラストもベネ。

「かつての栄華を誇った前時代の人類が大洪水による危機的状況を招いてから4800年、再び訪れる人類全体の危機に対して……」

大洪水=『アイで空が落ちてくる』のことでしょうから、あれから4800年後とはまた一気に時間飛びましたね。
『トカゲの王』が洪水から2700年後だったので、その更に2100年後になります。
同一世界と言っても20世紀も離れてたらほぼ別世界に等しいですから、どうでもいいっちゃどうでも良い話ではありますが。

中々明かされないトモカの成績についてまとめると
・その1つだけトップ
・ロボット乗りを志してから負け無し
・地上では無縁の技能
『地上では』ってことは上空もしくは海中では役に立つ、と捉えられます。
これと冒頭の回想(おそらく、シューティングゲームをやっていた記憶)、そして、1話で登場したシミュレーション筐体(チョコがプレイしてたやつ)を合わせて考えると、トモカがトップなのはシューティング技能?
でも、それなら地上でもある程度は役に立ちそうですし、「それがカァールディスの操縦のなんの役に立つのか?」なんて疑問は浮かばないはずですよね。

いるまん、サツマイモ好きだな。
流石、無人島に何かひとつだけ持って行けるならサツマイモを持って行く男。
ここのトモカとチョコのやり取りは和みますねぇ。
「違いが判別できません。説明を求めます」なんか逆ギレにも聞こえるチョコの言い分かわいい。
「え、何が違うの? 説明してよ」
 物思いに耽るトモカ。
「トモカ、教えてって言ってるでしょ」
「はいはい」
みたいな(謎のツンキャラ化)

叫び方の一例、いるまんの趣味前回ですねw
でも、『死ねよやー!』はあかん。

「おとーさーん、おかーさーん、あにきー、ちあきー」
 私、がんばってるよー。

え、ちょ、マジこういうの泣きそうになるからやめて。
兄と妹は連れて行って、自分一人置いてかれたのに、よく腐らないでがんばってるよ。
素直にすごいと思う。
人として尊敬に値するよ、きみは。

新兵器の威力……外すつもりでも山百合に向けて撃たないでよかった。本当よかった。
威力知ってて使わせるあの博士頭おかしい。
そして、威力目の当たりにして怯まない山百合も頭おかしい。
こんなんもうカタツムリとか要らなくない?
敵性怪獣出てきたらカァールディスで飛んでってこれ撃ったら終わるやん。
圧倒的武力! ってのも気持ちいいものですけど、あんまり尖った性能の武器とか出すとマンネリ化する恐れもある諸刃の剣なんですよね。
となると、次回以降、この新兵器でも倒せないような更にえげつない敵が出てくるんでしょう。
それはさておき、待望のロボットらしい戦いになるかと思いきや、最後は結局物理で殴るのを見て、入間作品に飛び道具は要らないなと思いました、まる。

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード