illust×story 第25回 藤実なんな×入間人間 ×(バッテン) 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.44掲載“illust×story 第25回 藤実なんな×入間人間 ×(バッテン)の感想です。

電撃イラスト大賞を受賞したイラストレーターと、電撃文庫で活躍する作家のコラボレーション企画!
第21回電撃イラスト大賞で<銀賞>を受賞した、魅力的な造型で注目を集める
イラストレーター、藤実なんなが自由に描き出したイラストから、『電波女と青春男』シリーズの入間人間がオリジナルのストーリーを紡ぐ。
2人のクリエイターのスペシャルコラボをお楽しみ下さい。

藤実なんなさんの作品はフライさん系統の可愛らしいイラストでした。
つなぎっていいですよね。
露出度で言えばほぼ0に近いのにそこはかとなく漂う色気、たまりません。
首筋を伝う汗も良い仕事してます。
修理担当さんはなんとなくカナっぽい雰囲気ですね。

というわけで、内容に入りたいと思います。
3度目のillust×storyにしてはじめてまともなストーリーでしたっ!
正確には、実験作じゃありませんでしたっ! と言うべきでしょうか。
話のあらましもオーソドックスというか目新しさはありませんでした。
が、視点のチョイスが実にいるまんなんですよねぇ。
そしてやはり、いるまんの無生物ものにハズレ無し、です。
おかげでいつもノイズがいっぱいいっぱいでエラーを起こしそうな私です。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2015.06.11(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 発売カウントダウン!
witch300.jpg
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム