ビター・スイート・メモリーズ 感想

入間人間公式HP『入間の間』掲載『ビター・スイート・メモリーズ』の感想です。

クリスマスですが、夏のお話。『安達としまむら6』の冒頭を先行掲載です。

なんで『クロクロクロック』じゃなくて『安達としまむら』なんだよ! と思わなくもなかったですが、『クロクロクロック』はもうすぐ電撃文庫HPの方で試し読みが公開されますもんね。あと少しの辛抱です。
ってか今月『おともだちロボ チョコ』の短編ありませんでしたね……いや、2本も短編あったので十分満足してますけどね。
それに続きが気になりまくっていることも事実なので、かなり早く続きが出そうなことは素直に嬉しいです。
早ければ3月頃には出るかもしれませんね。

閑話休題。

待ち望んだしまむらパートに乾ききった私の心がみるみるうちに潤っていくのがわかりました。

ちょくちょく見かけた「しまむらがあんな風になったのは過去にあった出来事が原因なんじゃないか」とか「どんなトラウマがあったらあんな風になるんだ」みたいな5巻の感想に対して「いや、特にきっかけとかはないでしょ。ソースはミー」と静観していた私の見通しはやはり正しかったようです。
前回、シンクロ率落ちたとか言いましたけど、あれ嘘。やっぱしまむらはミーです。

 善意は正面から心の扉を叩くもので、悪意は隙間から忍び寄るもの。そして無邪気であれば、付けいる隙を与えてしまう。無防備に事態の悪化を招くことに、誰も同情なんてしてくれないし救いの手を差し伸べてもくれない。傷つく前から、大体そういうことを理解する。
 だから傷つけられる前に、わたしは、心の隙間をぬかりなく埋めた。
 そうすれば心の隙間から悪意は寄らず、そして、わたしからも出ていくことはない。扉を埋めきったせいで興味や関心さえ表に出なくなってしまったような気もしたけど、執着しないというのは気疲れもなく、かえって楽なものだった。あるがまま、流れの一部となる。

私がこうなるに至った経緯を端的に言語化されたかのような文章に背筋が震えました(良い意味で

 目の前の変化をただ受け入れるわたしは、ある意味、根っこは特に変わっていないのだった。
 だから自分に疑問を持ったことはない。
 これからも、こういうわたしでいるのだろうと思う。
 思っている。

引用しすぎですけど、仕方ないです。
だって感想書くまでもなく、もうそこに私の考えが書いてあるんですもの。
個人的にしまむらにはそのままのしまむらでいてほしいと思いつつ、変わっていくしまむらを見守りながら「もし、自分が変わっていたらこんな風になっていたのかもしれないなぁ……」とMy if storyに浸ってみるのも悪くないなぁと夢想してしまう自分もいます。

しまむらが着ているのはぐでたまTシャツかな?
和むよねぐでたま。

なにものにも執着せず、あるがままな自分を貫くしまむら。
しまむらと出会って生まれ変わり、これからも変わっていこうとする安達。
本当に対照的な二人です。
そして、だからこそ、惹かれ合うのでしょう。

布団の上で飲食NGに拘るところもシンパシー。
そういうのすごい気になっちゃう質なんですよね。

安達としまむらイチゴ味。

そこはせめて『トカゲの王イチゴ味』とかにしてあげて。元ネタ的に。

流石にヤチーは連れて行きませんよね。
なんか読者も感覚が麻痺してて、普通に付いていく流れを想像しちゃっていました。いやそれ普通じゃないから。
でももうヤチーはしまむら家の座敷童的なところありますし、居着いてもらった方が安泰な気もします。

またまた新キャラ登場フラグが。ががが。
10年来ということは小学校に入った頃からの友達でしょうか。
そして、その友達に対する感情もあるあるですね。
小さい頃はその友達に会えるというだけでうきうきしていたのに、成長するにつれてお互いになんとなく気まずくなってくるあの感覚、わかります。
小さい頃は無限に広がっていると思っていた世界がだんだん自分の周りで固まってきて、たまに会うぐらいの仲ではそのギャップを埋めるのが難しかったりするんですよね。
それでも、表面上は上手くやれないことはないんですけど、なまじ昔仲が良かったりするとどうしてもぎこちなさを感じてしまって気まずくなるという。

可能性としては低そうですが、もしかすると男の子かもしれませんね。

さらっと適当にハートマークお返しするしまむらマジしまむら。

『今日の安達さん』
しまむらからの返信に阿鼻叫喚する安達まで後3秒。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード