学校相談会 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.48掲載『学校相談会』の感想です。
soudankai.jpg
↑の画像に全文掲載ページのリンク貼っているので、電マガ買っていない方も目を通してからどうぞ。
(なぜか画像1枚というクソ読みにくいというか読ませる気ないだろっていうやっつけ具合ですが)
事前の企画説明から想像していたのと全然違う!
第1回目ということで、読者の声の反映とかは一切無く、作家に丸投げされたみたいです。
個人的には逆にそれがよかったというか、ほっと胸をなで下ろす気分です。
クソ企画とか言ってすいません。面白かったです。

そもそもこの企画のことを全然知らない人にはこの短編の何が面白いのかが分からないかもしれません。
簡単に説明します。
『電撃☆N高校』という架空の高校を舞台に電撃作家が学園ものを書くお祭り企画なのに、実在する『N高校』のプロパガンダ小説を書いているっていうオチになってます。
オチになってますというか、出オチなんですけど。
冒頭いきなり羽生さんの名前が出て「?」と思ってたんですけど、N高校のHP見て謎が解けました。
interview_page_img02_pc.jpg
作中の『文筆業で生計を立てている親類』も明らかに入間さん自身のことで、『通信高校のプロパガンダ小説』=この短編そのものというメタネタにもなっています。

こんなん書いて大丈夫なの? と思ったら、実在のN高校もカドカワなんですね。

「電撃☆N高校」は、来年4月に沖縄伊計島を本校として設立予定の実際に存在するN高校とは、「たまたま」名称が一致しているだけで、一切の関係はございませんので、ご留意ください。

ああ、そういうアレね、みたいな。
時雨沢さんや川原さんが講師を務められるそうなのですが、もしかしたら入間さんが教壇に立たれることもあったり?
ちょっと説明会行って来ます。

企画の内容を知らなくても、初めは懐疑的だった“私”が段々とN高校の素晴らしさに気づいていく様子を描いた進研ゼミ漫画風小説(親視点)として面白いと思います。
なんと言っても子供向けではなく親向けなのがミソですよね。
学費出すのは親ですし、高校ともなると進研ゼミに入るのとはわけが違います。
極めつけは具体的な授業内容を一切描くことなく息子の変化だけでN高校をあたかも素晴らしい学校であるかのように錯覚させているところ。
ある意味ホラーっていうか、手口が完全に詐欺の常套手段じゃないですかー!
まぁ、こういう手の込んだおふざけ大好きなんで大歓迎なんですけどねっ!!
ただ、ひとつだけ苦言を呈すと、最後のQRコードまで実在の『N高校』にしてあったら完璧だったのではないでしょうか。
まどさんだったらそこまで徹底的にやっていたと思います!

『電撃☆N高校』のTくんプロフィールをご覧下さい。
profile1.png
T、お前がナンバーワンだ!!
この企画は……………………
最高だ!!

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
発売カウントダウン!
mima11.jpg
入間人間著作一覧
5/25更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード