ストーンエッジは当たらない

電撃文庫公式HPが更新されました。

◆安達としまむら6
adamura6n
夏休み後半。安達のしまむらへの想いは高まり──。
女子高生二人の日常が、ほんの少し動き出す。


 喧嘩の仲直りを経て、元の関係に戻ったかに見えた安達としまむら。しかし、安達のしまむらへの想いは、現状維持で満足することを許してくれず、流されるのでは無く、自ら先へ先へと進もうとしていた。
「しまむら、遊ぼう!」「え、無理無理。お盆は祖父ちゃんたちの家に行くから」
「そうなんだ……何泊?」「三泊四日の予定でございます」「じゃ、じゃあ。四日後、また来ても……」 「あー、じゃあ帰ったら電話するから」「待ってる」
 しまむらを待ちきれず、電話とメールで連絡をしてしまう安達。そんな様子に、しまむらの中でも安達への想いが変わりつつあった。そして迎えた花火大会の夜。浴衣を身に纏い、お祭りの喧噪の中を歩く二人。安達のしまむらへの想いは、花火とともに大きく舞い上がる。

誰だよ。特に左の女の子。(第一声)
う~ん、のんさんちょっと絵柄変わりすぎじゃありませんかね。
このイラスト自体は悪くないんですよ。むしろ、浴衣女子とか大好物なんですよ。
でもね、1、2巻あたりのイラストが好きだったんですよぼかぁ……………………安達、しまむら見つめるのもいいけど、ちゃんと手元見ないと火傷するよ。

あらすじについては、あれは喧嘩にすらなっていなかったのが根本的な問題だという認識だったのですが……まぁ、細かいことはいいですね。
とりあえず、安達は当たって砕けてなんだばしゃあ! あるのみ、です。
カリスマ編集こと三木さんがKADOKAWAを退職され、新会社を設立されました。

三木一馬:電撃文庫のカリスマ編集者が退職 新会社「ストレートエッジ」設立

設立日が4/1だったのでてっきりエイプリルフールネタかと思ったのですが、どうやらマジマジのマジのようです。

株式会社ストレートエッジ

肝心な時に外す某技を彷彿とさせる社名ですね。早く命中安定の高威力岩技ください。
退社されたと言っても、フリー編集として電撃文庫には引き続き関わるとのことで、担当作品が途中からレーベル移動になったりすることはないそうです。
そして、気になる契約作家陣はこちら。

鎌池和馬 (電撃文庫『とある魔術の禁書目録』『ヘヴィーオブジェクト』『未踏召喚://ブラッドサイン』シリーズ、他多数)

川原 礫 (電撃文庫『アクセル・ワールド』『ソードアート・オンライン』『絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫』シリーズ)

伏見 つかさ (電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』シリーズ)

佐島 勤 (電撃文庫『魔法科高校の劣等生』『ドウルマスターズ』シリーズ)

三秋 縋 (メディアワークス文庫『スターティング・オーヴァー』『三日間の幸福』、他多数)

駱駝 (電撃文庫『俺を好きなのはお前だけかよ』)

abec (イラストレーター。電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズ挿絵)

石田可奈 (イラストレーター。電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズ挿絵) ※リーガルコンサルのみ。

錚々たる顔ぶれ。伊達にカリスマ編集名乗ってないですよね(流石に自分では名乗ってねぇよ)
三秋さんだけ意外でした。三秋さんの担当もやっていたってことですよね? 名前が似てるからでしょうか?(んなわけない)
そして、ここからが本題ですが、我らがいるまんの名はありませんでした。
まだ契約してないだけでこれからする可能性もあるのかもしれませんが、良い機会ですしいるまんもAMWに囚われず新しいことにチャレンジしていってほしいなと個人的には思います。
具体的に言うと、他レーベルから本を出してほしいです。
三木さんがやり手なのは間違いないんですけど、もしかすると他社にはもっと入間さんに合う人がいるかもしれないじゃないですか。
正直、いない可能性の方が高そうな気はするんですけど、少しでも可能性があるなら試してみる価値は大いにあるのではないか、とそう思うわけです。
我々のような人種にとって新しい人間関係を築くのってめちゃくちゃストレスですけど、世界一を目指すならやっぱりそこは避けて通れないと思います(しれっと自分と入間さんを同列に扱っていますがご容赦ください)
というわけで、心機一転、アタックチャーンス!!

Leave a comment

Private :

Comments

相手が使ってきた時だけ命中100の急所率60ぐらいになるあれのことですねわかります。
あだむらも遂に6巻ですね!みーまーだと終わる終わる詐欺のとこで電波女だと学祭のとこですね。始まったのもつい最近のような気がしてたんですがこう見るとすごい経ってますね。ところでトカゲの王6巻はいつ発売なんですかね?笑
Posted at 2016.04.10 (22:01) by No.39 (URL) | [編集]
Re: No.39さん
よくご存知で。使った時と使われた時との命中率の差が異常ですよね。
言われてみるとみーまーも電波女も6巻は大きな節目でしたね。
あらすじ読む限りあだむらもひとまず大きな区切りになりそうです。
確認してみたら1巻からまるっと3年経っていて、嘘だろ……そんなに前だったっけ? と我が目を疑いました(笑)
ブリキさんが復活した今、続きが出ないってことは望み薄なのかなぁとしょんぼりしつつも諦めずに待ち続ける人生です。
Posted at 2016.04.11 (00:03) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード