六百六十円の事情 感想

待ちに待ったいるまん最新作、『六百六十円の事情』。
率直に言って、これ以上ないってくらい素晴らしかったです。
ファンの贔屓目無しにしてもかなりの良作じゃないかと。
どんどん上手くなっていくなぁ……と成長する我が子を誇らしげに見守る父親ってこんな気持ちなのかな(←なんでそんなに上から目線なんだこいつは。

内容に入る前にまずは略称について。
自分が考えた候補としては、660(ろくろくまる)か660(六が二つと零ということで、六二丸→むにまる)で表記としては660²がベストかなと思ってました。
でも、声に出すとほとんど変わらないのが欠点でもあります。
いいなぁって思ったのが、twitterである方が呟かれた『ろろまの事情(大人の事情な語感で)』。
口に出して発音した時の響きが一番良いですし、他のとも被らないところもグーです。
是非、採用の方向で。ロロマノジジョー。ノロマノジョージ違うよ。誰だそれ?
結論。
表記は『660²』、発音は『ろろまの事情』で脳内会議では満場一致で可決されました。
ロロマノジジョーロロマノジジョー。

イラストはやはり、あの三木さんも密かに敬愛されているという、宇木敦哉さんでした。
とにかく、この作品にぴったりマッチしていて、素晴らしいの一言です。
それとやっぱり思うのは、入間作品は挿絵的なイラストじゃなく、こういう扉絵的なイラストが合ってるなぁってことでした。
一章毎に立ち絵をぽんって置くのがなんだかいるまんのキャッチーな章題とも相性抜群な気がします。
それにスマート&キュート。これぞまさにスタイルマッシュ。
あと、中家ソウ嬢の髪型がなんか笑えますwシルエットでなんかもう笑えましたw
是非、今後も描いて頂けたらなぁって手を合わせときます。

それから、帯裏にて一部キャストが公開されていました。
予想通り、田畑智子さんが奈月さん、鈴木京香さんが恋日先生役とのこと。

今回、タイトルに反して640円(自分が買ったお店は)でした。
が、しかしそれはそれ、颯爽とレジに660円分の小銭を出した自分はこう言って、風と共に去りぬりました。
「釣りはいらねぇ、取っときな」
きっとレジ番の叔母さんのハートは射止めれたのではないかと自惚れております。

六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)
(2010/05/25)
入間 人間

商品詳細を見る
どーでもよくて、とてもたいせつな、それぞれの事情。――カツ丼 六百六十円。

 世の中には、いろんな人たちがいる。男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。そして爺ちゃんや婆ちゃんとか。その中には、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。
 あるところに、年齢も性別も性格もバラバラな「ダメ」と「しっかり」な男女がいた。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。
 とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。入間人間が贈る、日常系青春群像ストーリー。

下らない前置きはこれくらいにして、続きから本編の感想をどうぞ。
常連さん方は御存知の事だとは思いますが、当ブログはネタバレ全開主義を掲げております故、ご注意ください。

プロローグⅠ

いるまん初の三人称。
これにはオラもおでれぇた。
一年程前になる5Mのインタビューでは三人称は書けない、そもそも書いたことがないと仰ってましたけど、新しいことにもどんどん挑戦あるのみ、ですよね。
入間作品はラノベとほとんど思っていない自分ですけど、この三人称からは始めてラノベっぽい文章だなという印象を受けました。
おそらく、わざとそうしてるんでしょうけど、いるまんの三人称はかなり新鮮でした。
正に、初体験。大人の階段登りました(誰が?)

一章 While my guitar gently weeps

章題はビートルズの同名の曲からですね。
聞いたことなかったので、今これを書きながら聞いてるんですけど、良いですね。てか聞いたことありました。
父が洋楽好きなので車の中で聞かされたのを耳が覚えているんですよね。
だから結構聞けば「あ、聞いたことある」ってなるんですけど、いかんせん歌手名や曲名となるとさっぱりです。
タイトルだけじゃなく、ちゃんと歌詞の意味とも合わせているんだなぁと和訳を見て思いました。
ちなみに↓の和訳が良いカンジでした。と言っても、英語ダメなので良く分かんないですけど。
While My Guitar Gently Weeps

てか一行目からいきなり噴きましたw
分かんないって人は是非、『エキセントリック少年ボウイ』で検索してみてください。
あと、名前が出てきた宮崎吐夢さんとやらをググってみたのですが……この人かwペリーさんとかバスト占いとか懐かし過ぎるw
確かにこれを人前で歌うのは勇気以外に色々と人間捨てる必要がありますねw

そろそろ内容に入りたいと思います。
大きく分けると五つの短編から構成されている今作中でモゥストフェイバリットなお話です。
話の筋は二章の元ネタと思われる本谷有希子さん著:『生きてるだけで、愛。』を彷彿とさせるものでした。
ちょっと話逸れますけど、本谷さんは自分の中で勝手に女版・舞城王太郎!みたいなイメージがあって結構お気に入りの作家さんです。
その中で今のところ一番好きなのがこの『生きてるだけで、愛。』だったりして、いるまんがこれをパロってくれたのがなんだか無性に嬉しかったり。
目次見た時点でニヤニヤしてました。
みーまー3巻の章題パロは読んだこと無いけど、タイトルだけ勝手にお借りしましたってことでしたけど、これはきっと読んでますね。イルマニアの勘がそう言ってます。
この話が気に言ったぜって方は是非、『生きてるだけで、愛。』も読んで欲しいなって思います。

関係無い話はこれくらいにして、と。

僕も昔は「なんでも博士になる!」等と大言壮語して、その上本気でなれると疑ってなくて、その漠然すぎる目標は、つまりヒーロー的なものになりたかったんだな、と今では懐かしく思いだせるのだからあの幼き日々は黒歴史ではなく青歴史と言えると思うのだけど、だからこそ由岐の一人称には驚くほど自然に感情移入出来てしまって、性別こそ違えど、もしかしたらありえたかもしれない自分をそこに見ているような、そんな不思議な気分に包まれた。
『なにがしたいの?』
この言葉の破壊力は凄まじかった。
幻にしてはやけにはっきりとした質量を伴ってグサグサッという音と共に、僕に突き刺さった。おかげで、体中穴だらけ。
由岐は確固たる目的はなかったにしろ、歌とギターだけは続けてきて、最終的には前へ、前へと踏み出していく。
じゃあ、僕は?
これがしたい!って胸を張って言える何かがあるのか、と自問した時、何故か一瞬躊躇ってしまう自分がそこにはいる。
それはつまり、僕はまだ缶を置けていない、評価されるのを怖がってるんだな、と自己分析に至る。
そんな自覚は芽どころか種さえも植えた覚えがないのだけれど。
でも、この話を読みながら、僕の中で「本気で頑張ってみよう」という気持ちがむくむくと湧きあがってくるのを感じていた。
さっきの話と矛盾するけど、本気出せば出来ぬことなどありはせぬ、とか思っちゃってる自信家野郎、それが僕だ。
さし当たってまずは、客観性を身につけるところから始めないとな。

とかいう大学生が主人公の話を思いついて、脳内で五行ほどタイプしましたけど、すぐ挫折しました。
我ながら、潔い引き際でありました。

閑話休題。

あと、丹羽静ですよニワセイ。
挿絵の名前を見て、咄嗟に「マコちゃんのお父様?」と思った方も多いはず。
でも中家ソウ嬢が出てきたということで、いるまんに限って同姓同名の別人ってのはないでしょうから、時系列的にそれはないですね。
作中で言及している通り、親戚でしょう、多分。
同じ理由で否定されるわけなんですけど、駅前弾き語り=二条オワリ?かとも勘繰りました。
それと自分も大好きです『フォレスト・ガンプ』。トム・ハンクス大好き。
五百円玉を入れてくれた先生が手を振り返すシーンで何故だか泣きそうになりました。この先生かっこよすぎるだろ。

自分もまだまだ若いんだし、色々背負ってでも前へ進んでいきたい、進んでいかなきゃなぁと悔い改めされたらるラストでした。
もう本当、入間〆(入る真面目、とも。つまりは素晴らしい〆のこと)最高です。

二章 生きてるだけで、恋。

この話、昔書いた自作小説もどきにちょっと似ていて(もちろん出来は月とスッポン)、思わず頬が緩みました。ニヤニヤ。まぁ、未完でしたけどね。
断っておきますと、別におっぱいの話は出て来ませんでした。
おっぱいおっぱい連呼するようなことももちろんありませんでしたし、ブラ紐に心血を注ぐ話でもありませんでした。
じゃあどこが似てるんだよというと、お互いを童貞、処女呼ばわりするところがまさにそれでした。
名前は無い方がかっこよくね?とかいう意味不明な動機で考え付いた設定でしたけど、いるまんがやるとレベルが違います、当たり前ですけど。
青春って何さ?青春ってお前らさ!と言いたくなるくらいのど青春ストーリーでした。
てかやっぱり入間的青春には二人乗りが欠かせないんだよなー。
あー羨ましくなんかねーけど、なんか、なんかだよなー。
当ててんのよ、なんて漫画みたいな展開本当にあるんだろーか。
繰り返すが、別に羨ましくなんかはない。嘘じゃないですよー。
『好きってそれだけで理由だと思うんだ』ってこの言葉やっぱいいなー。
好きに理由を求めるのも分かるし、いいと思うけど、好きっていうそれ自体がもう理由なんだから答えらんないよね。
前にも言った気がするけど、「いるまんのどこが好き?」って聞かれたら、「いるまんなとこ!」って答える、つまりはそういうことなんじゃないかなーと。
愛するだけで、生。

三章 パタパタパタ

リズム、楽しむ、癖になる。
どうだろ、みんな、家出する?
自分は、何度か、経験あり。
今思い返せば、下らない理由ばかりだけど、その時の自分にとっては何物にも勝る大事なことだったんですよね。
でも、子供の足で行ける場所なんてたかが知れていて、遠くにいったつもりでも大した意味はないのだけれど。
それが分かっていても、何かやらなきゃ、自分にも出来ることがあるんだっていうことを実感するために。
時間をかけて並べたドミノを指でちょんと押す時の、連鎖的にパタパタパタと倒れていくのを眺める時の、あの自分の努力がもたらす成果を実感出来る瞬間はとても大切なものなんだと思います。
入間作品には珍しく、親に反抗する、そこそこおませな女の子が主人公でした。
いるまんの、子供一人称、好きですね。
自分の子供の頃と、どこか似ている、気がするからかな。
流石に、あんなに、ませてはいませんでしたけどね。
あの頃に戻りたいとは思いませんけど、あの頃の自分には、もう一度会ってみたい気がします。

四章 愛とか祈りとか

ストレートな章題ですね、愛は祈りだ。ちゅーことですか。
なんか最近、同じことを何度も書いてるなーいるまん。もちろん、良い意味で。
自分が死ねば自分にとっての地球は終わる、あと70年程でその終わりがやってくる。
死とか老いとか。
それは未体験なもので、でも避けようのない、誰もがそれに向かって生きていく、そういうもので。
そこには分からないが故の、未知なる恐怖やえも言えぬ寂寞が浮かんでいて。
だけど。
愛とか祈りとか。
時折、そんなものについて考えることがあって。
幸せってなんだろうな、と考える。
お金も大事な要素だろうけど、やっぱりそれだけじゃどこか寂しくて。
そこそこのお金と、手を繋いで一緒に歩いてくれる人がいれば、それはもう十分に幸せなんじゃないかって。
だから、祈ろう。祈ることしかできなくても。
それがなにかに繋がることがきっと、ある。
あると、いいなぁ。

愛があれば世界も救えちゃうんだぜーっていう惚気話ですね、要約すれば。
上でもう書いちゃいましたけど、花咲シリーズで登場した中家ソウ嬢が再降臨なされましたね。
ほとんどどんなキャラが分からずじまいで、タローとメル友になったいうところで退場なさった彼女でしたが、今回もほとんど寝ていて、結局良く分かりませんでした。
なんていうか、眠り姫ポジションを巡るマユのライバル現る、ってカンジですね。
最後、「え」「そーう」「助かるー」「?」の組み合わせだけで喋って?ましたよね。
閃かないのときも一言二言だけしか台詞なかったにも関わらず、なんだか好きなキャラだなーと思ったんですけど、今回もいいなって思いました。
ちょんまげ可愛い。

時系列的には閃かない時、ソウは女子高生。この話では23歳。
つまり花咲から7年後ってことになりますね。
タローはまだ探偵やってるのかな、まぁやってるだろうな。
トウキと一緒に仲良くやってればいいなって、妄想広がりんぐ。

出たな野菜アレルギー、もとい父間さんw
いるまんはお父さんの背中を見て育ったんだなぁと感慨に耽りました。

雅明のゆるいんだけど、実は結構考えてるんだぜーと見せかけてやっぱりそうでもなくて、と見せかけt(ryな一人称も良かったですね。
キャラ毎の書きわけもすごく上手になったなーとアイシンクカンシン。
でも、軸はぶれてなくて、そこが大好き。

プロローグⅡ

う~ん、やっぱりなんかいるまんの三人称はくすぐったいです。
なんか童話アニメのナレーションみたいで可愛いですよね。
うおー群像劇だぁーってテンションを上げるためのブースター的役割。

五章 老人と家

いるまんの書くお年寄り視点ってもう本当素晴らしいです。
まだ若いのに良くこんなの書けるなって感嘆の溜息、はぁ、はぁ、はぁあああああああ!です。
電春男女②の女々さんパートもすごく良かったですけど、北本のお爺ちゃんも良かったなぁ。
……すいません、女々さんはまだぴちぴちの四十歳児でした。お許しください。
伊坂作品に出てくるお年寄りを見ると、ほぼ例外なくその若々しさに自分もこんなお爺ちゃんになりたいなって思うんですけど、このすれ違いジジイも魅力的に映りました。
身体が年老いていくのは避けようのないことですが、心はいつまでも少年の心でいたいな、つまりジャンプは買い続けなきゃ、という目標があったりします。
生きるだけ、にはなりたくないです。
どんなに年老いても『生活』している、そんな実感のある毎日を送れたら幸せだろうなぁって、思います。

てかお爺ちゃん視点から見るドミノちゃんが超可愛いのはどうしてだろうか。ロリコン違うよ。
なんていうか、こういう敬語で喋るちっちゃい子は例外なく可愛いと思いますが、皆さんどう思われますか?

だって勿体無いだろう。からの流れはかっこよすぎました。
若いうちにメチャクチャやって、世界を変えておかないと。

六章 Q.これはオフ会ですか?
   A.いいえ、カツ丼です

オフ会って楽しそうですね。
顔見知りだけのオフ会とか、その狂気に満ちたシチュエーションが堪りませんw
ドミノ親子なんですけど、似てるのはホクロじゃなくて、喋り方ですよw
母娘で、似るのか、そんなとこまで。

これからの未来を歩み続けていく若者たちを見守る、北本のお爺ちゃんの温かくて優しげな眼差しには、まだ自分には理解できない色々な想いがあるのだろうけど、自分もこんな素敵な御老人になれたらなぁってほっこり暖かい気分になりました。
こんなハッピーエンドが素敵に大好きです。
愛は祈り、なんですよね。

エピローグ
What a day

なんですか、このラスト!
上手く言葉にできないのがもどかしいですが、とにかく素晴らしい!マーベラス!
このカタルシス、なかなか味わえるものではありません。
視点がこれまでを遡るようにリバースしていき、このラスト一行。もう、圧巻べーですよ。
これぞ青春!これぞ人生!これぞ群像劇!の三段階の興奮が体中を駆け巡りました。
鳥肌総立ち、これなら直○賞も本屋大賞ももうどんな賞だろうと総嘗めですね。
さし当たって、とりあえずこの場で第一回天野賞を授与させて頂く次第でございます。
うぉー!イルマパワー全開だぜっ!!
ああ、なんて日なんだろう!!


全体を通して思ったことは、初めにも書きましたが、筆力の上がり具合が半端ないです。
他の方がどう評価されるかは分かりませんが、少なくとも自分はどんどん幅が広がっていっているように思います。
まさにこれぞ日常系青春群像物語!!
帯の文句に偽りなし、です。
他の人からしてみれば、どーでもいいようなこと。
でも、当人達にとってはとてもたいせつなことで。
ありふれているけど、たったひとつの、それぞれの事情。
劇的な何かがあるわけじゃない。
でも、日々変わっていく。
入間さんが書くのは、そんな日常の一コマ、そんな風に思います。
それはそうと、カツ丼食べたいちょー食べたい!


お待ちかね?あとがきについてのコーナー。

自分も言われてみたいなぁ、と思う自分はオカシイでしょうか。
無職って力強く太字で書いてやりますよ。
今回の舞台はおそらく、岐阜駅なんでしょうね。
名古屋駅、大学はすぐ近くなんで「ああ、ここかぁ」ってニヤニヤ出来るんでけど、岐阜には行ったことないんですよね。
いつか行ってみたいです。これが俗に言う、聖地巡礼ってやつですかね。
というわけで、エキストラ出演なさるの以下略。

父間さん、どうしてくれやがりますかw
チャイチャイピーって可愛すぎて、信じかけたじゃないですか。
というかもう頭から離れないんですけど、チャイチャイピー。
ありがたく使わせて頂きます、チャイチャ以下略。
チャイチャイピーお腹減った……。

メディアミックスが始まって、担当さんも新たにお一人追加と、いよいよ持って、自他共に認める大物作家の風格が出てきたいるまん。
これからの活躍が楽しみで楽しみで堪りません。じゅるり。

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2010.05.26 (19:37) by () | [編集]
No title
この記事はしっかり見てないです。

なんだかんだでまだ二章までしか読み終わってない僕は…

読み終えたらまたコメントしに来ます。

Posted at 2010.05.26 (21:34) by トナカイ (URL) | [編集]
No title
すいません。
コメントを編集しようと思ったら、何かを間違ってしまったらしく非公開コメントになっていまいました(汗)
非公開にする要素なんて微塵もないのでお気になさらず。
Posted at 2010.05.26 (21:59) by つかボン (URL) | [編集]
Re: No title
>トナカイさん
読み終えてから読んだ方がいいですよ、絶対。
読み終わったら是非また、いらしてください。
Posted at 2010.05.27 (00:17) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re: No title
>つかボンさん
別に大丈夫ですよー。
でもこれって一度非公開にしちゃうともう公開設定には出来ないんですかね?
というわけで、コメ返は纏めてこちらにさせて頂こうと思います。

あ、今回は書いてないですけど、基本的にこのブログはネタバレ全開主義なのでつかボンさんの危惧は正解ですよ。
ていうか、読む前に読んじゃダメです、メッですよ。
既読者が対象の感想なので、未読の方が読まれるとほとんど意味分からない文章だと思います。
読んでても、意味不明なところがあるかも、ですけど。
果敢にも、三人称にチャレンジしてます。
といってもちょろっと、ですけどね。
成田さんはバッカーノ!しか読んだことないですけど、確かに群像劇お達者ですよね。
自分の中で群像劇と言えば、伊坂幸太郎さん、この人を置いて他にいません。
でも、一人称でも上手い人は上手に描かれますよ。
今回の作品も少し三人称パートがあるとはいえ、ほぼ一人称で書かれていますし。
なんたって入間さんの目標は世界一の作家になることですから!
この位こなしてくれなきゃ困ります(←ちょっと暴走気味。
天辺取って欲しいですね、応援してます!

自慢話と書いたからには、嘘じゃなく自慢話です。
自分で自分が羨ましいくらいです、もう。
本当にありがとうございます。
今まで続けてきて良かったなーと泣きそうになりました。すいません、嘘です。泣きました。
なんていうか、××は偉大、ですね。
想いって通じるんだ、フィクションじゃなくたってって思いました。
入間さんからコメント頂けたことを想像するだけで、鼻血どころか心停止しそうです。
公式ファンサイトになる妄想は幾度となくしてきましたが、ほんとになっちゃったらどうしよー!ともう十分幸せです。
こちらとしても、そのご期待に少しでも応えられるよう、更に精進する所存でございます。やってやるぞー!
Posted at 2010.05.27 (01:11) by 天野寂 (URL) | [編集]
聖地巡礼
先日岐阜駅に聖地巡礼してまいりました。
ギアッチョ氏のライブ会場や、金ピカの像や、その他もろもろの作中に登場する場所を見てきました。

岐阜駅は最近改築されたみたいで、少々不安だったのですが、充実した聖地巡礼をすることができました。

どうぞ管理人さんも一度お試しください。
Posted at 2010.08.28 (13:45) by とりとり (URL) | [編集]
Re:とりとりさん
初めまして。
コメントありがとうございます。

えっと、これは自慢ですか?自慢ですか!?
おお、岐阜駅ですか。それはまたうらやうらやま羨ましいところに。
いいですね、見たい、そう言うこと言われるともうめちゃくちゃ見に行きたくなってくるじゃないですか。

聖地巡礼ということは何かのついでではなく、純粋にその目的の為だけに訪れたということですか?
とりとりさんも相当のイルマニアさんですね。
……いいなぁ。

いつか絶対行こうと思います。
というか、近いうち行かねばならなくなりましたよ。
距離的に大したことはないので、パッといってこようと思います。
……いいなぁ。
Posted at 2010.08.28 (16:10) by 天野寂 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード