今日から俺は妹のヒモ!

9/10発売予定『いもーとらいふ〈下〉』試し読みの感想です。

電撃文庫|いもーとらいふ〈下〉 試し読み

作家として順調なご様子の妹ちゃん。
表紙だとちょっと大人っぽさを感じましたが、挿絵は相変わらずロリロリしいです。むしろ、退行してません?
妹ちゃんがサイン会やったら、違う意味で人気出そうですね。特に一部の人間に対して。
PNやあとがきで性別が分かるかどうかでも反応が変わってきますけど、仮に分かっていたとしても実際に目の当たりにすると三度見くらいはされるでしょうね。
(え、若っ! っていうか、幼っ! こんなちっちゃい子があのバイオレンス小説書いてんの!?)みたいな。

一方、ついに魔法使いへとジョブチェンジを果たしたのはさておき、順調に妹に稼ぎを追い越されてしまったにーさん。
彼の自尊心は首の皮一枚でかろうじて繋がっている感じですね。
上巻ラストの「ま、いいか」から約1年。
ずっとあの漠然とした不安の中で過ごしてきたのを想像すると……せっかく回復してきたライフがあっという間にゴリゴリと削られていきます。
それと同時に、立派になった妹の姿に感慨深いものを覚える自分もいて。
そんな親心と兄バカドシスコンの主張が木霊します。
まぁ、それに関しては全面的に同意。
かわいいからね、仕方ないね。

………………くーまん。
使われなくなった携帯電話を見て頭を過るのは考えうる限り最悪の未来。
妹の中で自分の存在が小さく、薄くなっていく可能性。
部屋でただ待つのではなく迎えに行くことを思いついたのは、意識的にしろ無意識的にしろ、にーさんが不安を覚えたからなんじゃないかなーと思ったり。

駅前に転がっている奔放な若者代表こと岩虎主税さん主演作『お隣さん交流記』はいつ頃発売でしょうか入間さん。

おんぶしてー→よっしゃこーい→わー→ぎゃくぎゃくの流れにめっちゃ和みました。
その後、冷静にこれをやっている2人の年齢を考えて……挿絵の天使を見て私は考えるのをやめた。
かわいいは正義。それが真理というものだ。
やっぱりこのイチャイチャ具合もといベッタリ具合はみーまーを思い出します。
マユが壊れずに人前だろうとバカップルできちゃう空気読めない系女子のままだったら(酷。っていうかマユは空気読めない系女子じゃなくて空気読まない系女子ですきゃら)、みーくんとこんな感じだったんだろーなーと。
特におんぶしたまま靴脱がせてーはすごくマユみを感じました。
「カレー美味しかったよ、まーちゃん」「にゅふふ、みーきゅーん!!」この後めちゃくちゃアンヤーコーラーエッサッサした。みたいな!
閑話休題。

「わたしがにーさんを養っちゃうよ」

妹ちゃん、それはNGワード!
ただでさえ揺らぎまくって今にも潰れてしまいそうな自尊心に完全に止め刺しにいくのやめたげて!!(哀願
個人的には妹がこうして立派に小説家になれたのはにーさんが養ってきたからなわけで、その恩返しないし兄孝行として素直に甘んじてもにーさんは全然みっともなくもなんともないと思うのですが、にーさんとしては中々受け入れ辛い現実ですよね。
せめて家事だけでも、と思ってもほとんど妹がやっているみたいですし、そうなると完全にヒモ状態になってしまい、にーさんのアイデンティティは完全にお亡くなりになってしまうという。
流れ的におそらく引っ越すことになりそうですが、そうして最後の砦であった『働いている』というステータスまで失ったにーさんの心情が克明に描写されていると思うと4日後が怖くて仕方ありません。
ちなみにフライさんは原稿を読み終わった後しばらく寝込まれたそうです。
オラ、戦々恐々《わくわく》すっぞ!

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
11/15更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード