遅ればせながら新年のごあいさつ『間を空けすぎて記事の書き方を忘れました』

おひさしぶりです。
まずは何も言わずに突然長期間休んでしまったこと、お詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

手短に休んでいた理由を説明させていただきます。
昨年十月末、母を亡くしました。
初めての身内の死、それも母のとあって、そのショックは凄まじく、現実として受け入れることが困難でした。
正直、四ヶ月経った今もまだ実感が湧かなかったりします。

Twitterの方で少しだけ近況を呟いた際、温かいお言葉をかけてくださった方々には本当に励まされました。
きちんとお返事出来ていませんが、その節はありがとうございました。
この場にて、お礼の言葉に代えさせていただきます。

当初は母の四十九日を終えたら再開するつもりだったのですが、母が亡くなってから一ヶ月後、祖母の容態が悪化し、病院で診てもらうと『年は越せないでしょう』と言われ……いやもうこの時は何がなんだかわからなかったです。
その前のショックで心が麻痺していなかったら、耐えられなかっただろうなと。いや、そもそもその前提がおかしいんですけど。
そしてまもなく、母の四十九日を前に祖母も亡くなりました。

というわけで、つい先日まで毎週毎週法要やらなんやらで物理的に忙しかったのもあり、ブログは落ち着いてからゆっくり再開したかったのもあって、こんなに遅くなってしまいました。
本当はもっと詳細に書こうかと色々考えていたんですけど、いざキーボードを叩きながら当時を思い出してみると思いの外辛かったのでこのくらいにしておこうと思います。
また今後の感想記事でちょくちょく触れたりすることがあるかもしれませんが、温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

記念すべき10周年を迎える年に乗り遅れてしまったのは致命的ですが、ここから巻で取り返していく所存ですのでご心配なく。
というわけで、喪中につきあけおめは出来ませんが、今年もどうぞよろしくお願いします。


はい、ここからは通常運転でお送りします!
準備はいいですか皆さん!
取り急ぎ、昨日発売された『少女妄想中。』についてまとめてみますよー!

好きになったのが、“あなた”だっただけ。
少女妄想中。

mosotyu
「こういうのが初恋なんだなって、思いましたっ」
 いつも背中を追いかけていた、あの人への『憧れ』。
 夢の中で一緒に過ごした、海辺でのあの子との『友情』。
 傷つけてしまったあの人への、伝えられない内緒の『想い』。
 私の好きな人は、私以外の人も好きなのだろうか。
 たくさんの人と物の中で、その女の子を好きになっただけ。
 もどかしい想いを描く、少女たちの可憐な物語。

もうお読みになった方も多いかと思いますが、控えめに言って「こういうのが傑作なんだなって、思いましたっ」

何気にメディアワークス文庫HPがリニューアルしましたが、めちゃくちゃ見にくくなった気が。
これからのブラッシュアップに期待しましょう。

まだお読みになっていない方も多いかと思いますので、ネタバレ感想はまたの機会にして店舗特典情報をまとめておきます。

・書き下ろし4Pリーフレット(メロンブックス)
mousoutyumeron.jpg

・入間人間先生書き下ろし4Pブックレット(ゲーマーズ)
mousoutyugame.jpg

・アニメイト(A.B-T.C)
mousoutyuani.jpg


・イラストカード(COMIC ZIN)
mousoutyuzin.jpg

今までメディアワークス文庫に特典が付いたことはなかったので情報収集しておらず、普通の本屋で先に買ってしまってから特典小説に気づくなんて私のような悲劇を繰り返さないようにしてください(切実)
私の手元には今『少女妄想中。』が4冊あります……どうすれば?
閑話休題。
メロンブックスとゲーマーズの短編は本作を気に入った方には是非手に入れていただきたい内容となっています。
店舗違うのに対比させてあるという入間さんの粋な計らいを楽しむためにも両方ゲットされることを強く推奨しますが、どちらか片方だけ選ぶとしたらメロンブックスがおすすめです。
内容はもちろんなのですが、特典の質がこちらの方が明らかに豪華です。
簡単にあらすじを紹介するとゲーマーズ特典は『ガールズ・オン・ザ・ラン』の二人の『せっちゃん』が出会った保育園時代のエピソード、メロンブックス特典は表紙にもなっている『君を見つめて』の二人のある日の一コマ、という感じです。

これは別に記事を書く予定ですが、現在発売中の電撃文庫MAGAZINEに本作に関するインタビューが掲載されているのでまた読まれていない方は是非合わせてチェックしてみてください。
イラストが仲谷鳰さんに決まった経緯など面白裏話が満載ですよ!

最後に『少女妄想中。』ではなく『いもーとらいふ』の特典情報をば。
ネット探してもどこにも情報出てこないのでいつから開始したのか不明なのですが、TUTAYAにて『いもーとらいふ』(上下巻どちらでも可)を買うと『TUTAYA限定書き下ろしショートストーリー!!』が貰えるフェアがやっているorやっていたようです。
しれっとクロスオーバーをぶち込んで来ているので気になる方はなるべくお早めにお近くのTUTAYAさんにGOされたし。
ちなみに出てくるのはあのロリコン紳士です。やはり彼のペドメーターは唯一無二。

Leave a comment

Private :

Comments

ご無理はなさらずでも復帰は楽しみにしてます(前のコメントと同じ内容ですが)
Posted at 2017.03.03 (23:40) by yuu2 (URL) | [編集]
お久しぶりです
このブログの考察、自分では気づけなかった内容まで知ることができて大好きだったので復活は素直に嬉しいです
Posted at 2017.03.03 (23:44) by 鯵缶 (URL) | [編集]
Re: yuu2さん
この間はせっかくコメント頂いたのにお返事出来ずにごめんなさい。
そして、嬉しいお言葉ありがとうございます。
相も変わらず入間愛を叫んでいきますので、どうかこれからもよろしくお願いします。
Posted at 2017.03.04 (03:23) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re: 鯵缶さん
ありがとうございます
そう言って頂けるのは本当に嬉しいです
これからもそう思って頂けるように頑張りますので、今後共どうぞよろしくお願いします
Posted at 2017.03.04 (03:42) by 天野寂 (URL) | [編集]
先程、「少女妄想中。」を読み終わりまして、こちらを覗いてみたところ、更新されていて安心しました。
お帰りなさいませ。

今作は様々な解釈ができる作品だと思いますので、天野さんの感想を楽しみに待っています。

それと、今回は特典の情報を全く調べていなかったので、書き下ろしリーフレットがあったことに驚いています。
メディアワークス文庫だから特典は付かないと思い込んでました。悔しいです……。
我が県にはゲーマーズがないので、メロンに行った際にまだ特典があったら回収したいと思います。

それでは。長文失礼いたしました。
これからもひっそりと応援しております。
Posted at 2017.03.06 (20:11) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
Re: 半熟タマゴさん
おひさしぶりです。
ご心配をおかけしましたが、無事戻って参りました。

個人的にはとてもシンプルな話だったと思ったので、感想を見て回っていると色々解釈が分かれていたり、よくわからなかったという声が多々あったのは意外でした。
明らかに誤読しているように見受けられる方もいらっしゃったので、そういう方にもわかりやすく解説出来たらなと少しずつ書いているところです。
もう少しお待ちくださいね。

一般文芸を名乗っておきながら特典商法に走るのは一体どういう了見なんだと問い糾したいのは我慢するとしても、やるならやるで事前にちゃんと告知なりなんなりしてほしいですよね。
これ言うの何度目かわかりませんが、「告知する場がないならまだしも、入間の間というこれ以上ない情報発信場があるではないか! 一体何のための公式HPなのか!」ですよ全くもう。
半熟さんがメロンの特典を手に入れられるよう祈っておきます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
Posted at 2017.03.09 (04:56) by 天野寂 (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード