今更の間【後編】

休止していた間に更新された『入間の間』の感想です。
残る2017年分をお送りします。

2017年1月11日(水)
2017年は作家生活10周年!

現時点で残すところ約3ヶ月、ついに二桁の大台が目前に迫ってきましたねっ!!

今年の6月で入間人間、作家生活10周年!
10年前の2007年は、自分まだ編集部にいませんでした……。

この発言から、入間の間のニュースを書いていらっしゃるのは小野寺卓さんでほぼほぼ間違いないと見てよさそうです。
もちろん、担当が変わっていないことが前提条件になりますけど。

10周年記念となる小説をお届けできればと思いますので、続報をお待ちください!

はいっ!!!!!!!!!!

ところで昨年末なのですが、公式サイトの投稿フォームに高校生ビブリオバトル大会に入間さんの作品で参加しましたというお知らせがきまして、つい先日の8日に全国大会が開催されたみたいです。

ほとんどの方が「え、ビブリオバトル? なにそれ? 」ってなると思うので、もう少し詳しい説明があると親切だったかなと。
あとせめてなんの作品で出場したのかぐらいは載せてほしかったです。
まぁ、ちゃんとお知らせしてくれただけでも御の字なんですけどね。

というわけで、早速調べてみました。

高校ビブリオ2016開幕 本と学問でひらく未来

三重県|読書活動:高校生ビブリオバトル推進事業

全国大会出場者決定 本と学問でひらく未来

ビブリオバトルとはみんなに勧めたいと思った本を5分間で紹介し、聴衆が読んでみたいと思った本を投票しチャンプ本を決めるという熱い勝負のことだそうです。
そして、そんなガチンコファイトに入間作品を引っ提げてリングインした猛者の名は……三重県立四日市四郷高校3年、青戸有羽選手!!
なんかすごく小説家っぽいお名前だなーと思ったのは置いといて、気になるエントリー作品は……!!
『たったひとつの、ねがい。』!!!!!
強い。強すぎる。この時点で最早優勝では? と思わなくもないですが、結果は以下の通りです。

三重県大会 青戸有羽さん紹介の『たったひとつの、ねがい』がチャンプ本

三重県大会は伊勢市の皇學館大学で開催されました。県内6ブロックの地区大会を勝ち抜いた17人が出場、三重県立四日市四郷高校3年の青戸有羽さんが紹介した『たったひとつの、ねがい』(入間人間著)がチャンプ本に選ばれました。この本の主題は復讐。一つひとつ疑いながら読み進めると、ようやく楽しさにたどりつけるといいます。青戸さんは、「全国大会には、本の良さをしってもらいたいという一心で臨む」と語りました。

残念ながら全国優勝とはいきませんでしたが、三重県大会優勝が84人中の1位ということを考えると大健闘だったんじゃないでしょうか。
そもそも『たったひとつの、ねがい。』の面白さをネタバレ無しで紹介するって相当難易度高いというかほとんど不可能に近い気がするのですが、一体どんな手練手管なトークを披露されたのか、是非とも拝聴してみたかったものです。
選定の時点で自ら過酷なハンデを背負いつつも全国出場を果たした青戸選手には心からの賛辞を贈りたいです。
青戸選手、個人的にはあなたがNo.1です!! ナイスファイト!!&お疲れ様でしたっ!!

自分がもし入間人間作品でビブリオバトルに出るとしたらどの作品になるかな~と考えた結果『バカが全裸でやってくる』でした。
作家になるために頑張っているシーンが泣けるんですよね。

いやー、良いチョイスじゃないですか。
ちょっと見直しましたよ小野寺さんのこと。
私だったら何選ぶかなぁ……う~ん、めちゃくちゃ迷いますけどやっぱ『僕の小規模な奇跡』ですかね。
もうとにかく三白娘の可愛さを一人でも多くの人に届けたいっ!! なテンションでマシンガントークしてみたいです。誰か私に滑舌をください。

・旅に出る話(仮含む)
その1はともかく、その2で新年早々葬式のこと思い出させてくれるいるまんの粋な計らいに目から汗が止まりませんでした。

新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞごひいきに。
 みなさんは愉快な年末を過ごせましたでしょうか。私はサガスカーレットグレイスをずっと遊んでいました。楽しいですよこれは。ティシサックのステータス画面での一言がいいですね。こういう短い文章のセンスが素敵だ。
 私は今年の6月で作家活動が10年を迎えるようです。デビュー当時は自動車免許も持っていない大学生でしたが、今や世間的にはすっかりおじさんですね。兄貴に子供がいるので立場的にも叔父さんです。あと自動車免許も持ってます。取ってから乗ったことないです。
 10年前から小生の著作を知っていただいている人ばかりではないと思いますが、ここまで作家として生計を立ててこられたのはひとえに本をお買い続けていただいた皆様のおかげです。
 少し早いかもしれませんが、ありがとうございました。
 しかし10年って長いねぇ。るろうに剣心にもそんなセリフあった気がしますね。
 そんなわけで今年もがんばっていきます。今から。原稿を。そろそろ。
 いえ意外と忙しいんです今年。それに伴うような関連ないようなではあるのですが、高校生ビブリオバトルなるものがあるそうです。寡聞故今まで知らなかったのですが、それの全国大会で私の作品を題材として下さった方がいたようです。できれば会場へ直接見に行ってみたかったのですが、都合が合わなかったもので……申し訳ありませんでした。ですが私の作品を広めて下さったことに、とても感謝しています。ありがとうございました。

 編集者さんからの心温まる年賀はがきは『PS4買いました』とか『ドラクエビルダーズ2来ないっすかねー』という報告で「なぜ? 今そんな話を!?」みたいな気分になりましたが楽しくやっていけるといいですね。
 あと新年記念的なアレで短編を書いてみました。
 2分くらいで考えて40分ぐらいで書いた短い話ですが、よかったらどうぞ。

いるまんはペーパーっとめもめも。

こちらこそ、入間さんのおかげで最高の10年を送ることができました。
本当にありがとうございました。
今年はもちろん、来年再来年、10年後もまたこうして素敵な時間を過ごせたらいいなって思っています。
これからも微力ながら応援し続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。

もしも入間さんがビブリオバトル大会観戦に行っていたら、審査員に間違われるという面白ハプニングがあったかもしれませんね。
(これはつまり、ビブリオバトル大会に入間作品で出場すれば入間さんが応援に来てくれるかもしれないということか!)

あれを構想2分、執筆40分ですか。
かけた時間と作品の質は必ずしも比例するとは限らない、の良い例ですね。

2017年1月25日(水)
2月25日メディアワークス文庫より『少女妄想中。』発売!

 厳寒の日が続きますが、皆様いかように過ごされていますでしょうか。ご健勝を……みたいなのが学校のプリントによく書いてありましたね。
新年第一号はメディアワークス文庫ですね。メディアワークス文庫から本を出すのも久々ですね。久しぶりではないでしょうか。多分。
今回の話はまあまあ面白い……いや面白いとはまた違うのかな? やや不思議な感じ。ただ自分的にはけっこういい感じではないかと思います。
著作にはもちろん、すべてそう感じていきたいのですがそれも難しくて……というわけで今回はなかなかいけてる、と思います。
けっこうになったりなかなかになったり忙しいですね。
オススメ小説ってシール貼るぐらいのおすすめ具合です。いいんですかねあれ。
というわけで発売まで一か月ありますがお願いします。一言コメントくださいということで書いたけど、発売日当日にコメントした方がよかったのでは……?
みなさん、あと一か月ほど覚えていてくださいね。

そんなに久しぶりかな? と前はいつだったか調べましたが、なんと昨年5月『デッドエンド』が最後なので9ヶ月ぶりになるんですね。
更にその1つ前が2015年4月の『ぼっちーズ』で、気づいたら1年に1冊ペースになっているじゃないですか!
メディアワークス文庫での刊行数は『少女妄想中。』で19冊と現状まだトップですが、このままだと綾崎隼さんに抜かれちゃうかもしれませんよ!
まぁ、綾崎さんも刊行ペースはそんなに早くはありませんし、他レーベルでも書かれていますが、文庫化されていない単行本が3冊もあるのでそれらを文庫化されると一気に並ばれる可能性があります。
このまま首位を独走するためにも入間さん、今年はメディアワークス文庫あと2冊は出しましょうそうしましょう。

自分的にもかなりいい感じでした。
今回もたいへんいけていたと思います。
おすすめコメントが作品と同じようにふわふわしているのもよかったですよ。

2017年2月10日(金)
2/10発売の「電撃文庫MAGAZINE」に短編&インタビュー掲載!

こんにちは。今月は魔女と百騎兵2とかスパロボとかニーアとかいろいろ発売するので楽しみが多いですね。
締め切りも多いですね。がんばります。
そういえば先月の終わりに編集部に呼ばれました。実に久しぶりです、2年ぶりぐらいでしょうか。そこで50冊本を出したで賞をいただきました。
ふわふわさんがふるでちょうど50冊目だったようです。出したの三年前なのに祝うのちょっとおそくなーい?、と思ったのは内緒です。
それはさておき、この賞は皆様に支えられてきたで賞でもあります。
読者の方含めて、この10年で出会えた方に多くの感謝を。
あとそのお祝いとして肉食べさせてもらいました。でーれーお高級な焼肉でした。ひじょーにおいしかったです。
50冊出すと奢ってもらえるご飯もレベルが上がりすぎるな! と感動しました。
みんなも50冊出して焼肉を食べに行こう! 100冊だとなにが食べさせてもらえるのでしょうね、わくわく。
そこまでいけるようがんばります。これからもよろしくお願いします。
ちなみに今書いているのはみ〇ま〇です。続編のようでそうでもないかもしれないなアレです。
発売する時が来ましたらよろしくお願いします。
あ、その前に今月の本もね! 表紙もハイソですよ。……言葉の使い方あってんのかな?

念願の初受賞おめでとうございます!!!!!
わかりやすいけどもうちょっと格好良い名前付けられなかったのかとかそれだったら他にも当てはまる人いっぱいいるよなぁとか細かいことはどうでもいいんですよ!!
受賞せずに作家になったから実感が薄いという長年の呪縛からも解き放たれ、名実ともに『小説家』として産声をあげた新生・入間人間の真骨頂に震撼するがいい!!
ふぅわっはっはっはっはっはっはっっっ!!!!!

○ー○ー続編は十中八九6月刊行だろうことを考えると、ここんところずっと半年ペースで出ていた『安達としまむら』は少し間が開きそうですね。
内容に関してだけ言えば、7巻の次で終わり感がすごかったので、個人的には8巻で完結しそうだなーと思っているのですが、果たしてあだむらもシリーズ最終巻はすごく間が開く法則が働くのでしょうか。
メタ的に考えると、現状一番売れているであろうシリーズをこのタイミングで終わらせるなんてことはしないだろうなとは思います。

ちなみに50冊目が『ふわふわさんがふる』ということですが、なんと、なんとですよ?
電撃文庫とメディアワークス文庫だけでなく単行本2冊と『アラタなるセカイ』もちゃんと1冊にカウントされているんですよ!!
正直こういうところに関して編集さんはいつもいい加減なイメージだったので、ちゃんとしていることにびっくりしました。
今後共その調子でお願いしますよ!

2017年2月24日(金)
2月25日メディアワークス文庫『少女妄想中。』発売!

ちょっと忙しくて小説書き下ろせないのですみませんが、コメントだけでも……。
最近はアサギロとかゆるキャンの新刊読んでました。どっちも面白いですね。
でもゲームの方はいろいろ発売していますがしばらく遊べそうにないですね、残念です。
昔と違って徹夜で仕事してゲームも遊んで……みたいなことが3日も続かず2日くらいで根を上げるようになりました。
年取ったかなと少し思います。
でも行動自体は一つも変わってない。いいのかそれでと少し思わなくもない。……まぁいいか、楽しいし。
そんな感じですが新刊よろしくお願いします。

すごいわかります。
私も最近ゲームで2徹3徹出来なくなって来たんですよね。
体力というかモチベーション的な問題で、昔なら一刻も早く遊び尽くさねば! という信念の元寝る間を惜しんで没頭出来ていたのですが、最近は別にのんびりやればいいかなーって感じで。
今、グラビティデイズ2未クリアなのにニーアオートマタをプレイ中なのですが、こういうことも昔なら絶対やらなかったなーと。
あと、クリア後のやりこみも昔は大好きだったんですけど、最近はクリアしちゃうと一気に熱が冷めちゃって中々やり込みまで手が伸びないのでなるべくクリアする前にサブイベ、サブクエを消化するようにしています。
とか言いつつ、ダンガンロンパV3はかなりやり込んじゃったクチなのですけど。
そうそう、自分が楽しければいいんですよ。人に迷惑さえかけていなければ。

Leave a comment

Private :

Comments

お久しぶりです
お疲れ様でした
お帰りなさい
入間人間10周年は一人寂しく祝おうと思ってたので嬉しいです。再開してくださってありがとうございます。
Posted at 2017.03.08 (09:13) by No.39 (URL) | [編集]
Re: No.39さん
おひさしぶりです
ありがとうございます
ただいまです
そんな寂しいこと考えさせてしまって申し訳ありません
一緒に最高の10周年にしてやりましょう!!
Posted at 2017.03.09 (05:04) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード