クリスマスの翌日編 感想

入間人間公式サイト『入間の間』掲載“クリスマスの翌日編”の感想です。

クリスマス翌日、ある姉妹がお話しておりました……

タイトル通り、クリスマスの翌日に公開された掌編です。
あらすじの“ある姉妹”って誰だ誰だ? と読み進めていったわけですが、まさかまさかこんなところでさらっと彼らの娘が双子であることを明かしてくるとは!? と驚きました。
カミングアウトのタイミングに驚きはしましたが、「やっぱりな! 私の推理に狂いはなかった!」と1人はしゃぎまくったことは語るまでもありません。
というわけで、天野さんまたまた大勝利の巻! でしたとさ。

Are you my sister?

この時点で娘が姉妹であることに気づいたイルマニアは私くらいのものでしょう(天狗鼻
でも、姉妹だったというサプライズは10周年記念のみーまー本で明かされるとばかり思っていたので、こんなところでこんな風に明かされるのは完全に予想外でした。
これはもしかすると、私が勘付いたことを察知したいるまんがこれではサプライズにならんと別のサプライズプランに切り替えたのかもしれませんね!(脳内お花畑

内容というか、あゆちゃんとまいちゃんについてそれぞれ思ったことをつらつらと。

・あゆちゃん
年齢はおそらく未就学~小学校低学年辺りだと思いますが、典型的な達観した子供な入間主人公ですね。
あと、外見だけでなく内面もすごく湯女っぽかったです。
そのせいで最初の方は湯女と桃花の話かと思ったくらいです。
ヤバっ、ちっちゃい頃の桃花かわいいっ! って思っちゃったじゃないですか!
いや、桃花もこのくらいの時はきっとこんな風にかわいかったはず!!
かんわきゅうだい。
妹からすこぶるかしこいねえさま扱いを受けて満更でもないあゆちゃんかわいい。
大人びているように見えてしっかりサンタさん信じているところもかわいい。
妹をぱーだと思っているけど、実はそうでもなかったりするところがかわいい。
お魚嫌いなあゆちゃんもかわいい。
結論:あゆちゃんはかわいい。
冬が嫌いという描写から『訪れる冬』の“私”はあゆちゃんにしか思えないのですが、一人称が違うのが気になるところ。

・まいちゃん
なにこの天使。かわいすぎでは?
サンタさん捕獲作戦企てるもお布団の中で寝てしまうのかわいすぎるし、前のめりな反省もとってもぷりちーだし、サンタさんを捕まえるために用意するアイテムがとんかちなところがお母さんそっくりでこわかわいすぎるし、ねえさまとうさま呼びってあざとい! でも、めっちゃかわええ!!
何気にねえさまより洞察力あるし、すこぶるかしこい(笑)とか思ってそうな雰囲気がないでもないですよね。
まぁ、個人的には純粋に姉を慕っていてほしいですけど。
でも、返事の「あいあい!」や「あいあいとうさま!」をとうさまが嫌がるのを知っていてわざとやっていたりしたら、腹黒なんてものじゃないですね。
こんな天使みたいな子が『脇を締めてコンパクトに振り抜く』のまいちゃんみたいになってしまうなんて……と現実の無情を憂いたのですが、どう考えてもこのまいちゃんがあのまいちゃんになるとは思えません。
これについては『あまり似ていない姉妹がいて』の感想で掘り下げて考察しようと思います。

最後にあいあいとうさまについて。
……すっかり父親の顔になっちゃって(ホロリ
娘たちにサンタの存在を信じさせているのはマユの方針なのか、自分の母親のように子供の夢を壊したくないという親心なのか、どっちなのかな、あっきゅん。

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード