電撃文庫MAGAZINE Vol.57 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.57の感想です。
DGyPmNhWAAAKErJ.jpg
・安達としまむら『旅行のススメ』
あとがきでの予告通り修学旅行への導入的な内容でした。
付き合うことにはなったものの、相変わらずの温度差からは不穏な予感しか感じません。

ついに作品ページに入間の間の宣伝すらなくなり、10周年の扱いがこれなのかと寂しい気持ちでいっぱいです。
売れてなんぼのシビアな世界だと頭では理解できても辛いものは辛いです。

・あとがきがわりに……「わたしの暑さ対策」でひと言
なんかこの流れでそんなこと言われると泣きそうになるからやめてくださいお願いします。
いや、全然関係ないってことはわかってますけども。

夏は電気消して暗闇の中でひっそり過ごすに限ります。
電気代の節約にもなりますしいいこと尽くめ!

次号予告
予告で『入間人間新作』じゃなくてちゃんと作品名が載ったのはいつ以来でしょうか?
正直、次回もどうせすぐ文庫に収録されるであろう『安達としまむら』なのは残念でしかありません。
せめて電マガの短編でくらい夢見させてくださいよ……

というわけで、以上Vol.57の感想でした。
超短いですけど、本当にこれだけしか書くことないという悲しい事実。
今回はよっぽどのファンでない限り買う価値は薄いと思います。
個人的には入間さん関連以外で楽しみにしている数少ないコンテンツである『野崎まど劇場』がなくなってしまったのがショックでした(今回だけお休みだったのかもしれませんが)
見る目のない人間ばっかりの世界マジ地獄。


以下に最近の入間関連情報をまとめておきます。

・コミカライズ版『安達としまむら』次回最終回
やっと面白くなってきたと思ったらこれですよ。
『トカゲの王』のときと同じ展開かよ! っていうね。
あわよくばアニメ化とかあるんじゃね? みたいな淡い希望は見事に潰えました。こりゃないなって。
むしろ、以前から言っていますが原作も次回で完結なのではないかという予感がより強まりました。

・loundraw 原画展「夜明けより前の君へ」コメントゲスト
打って変わって大活躍も大活躍中のloundrawさんが個展を開かれるそうで、それに際して入間さんもコメントを送られています。
omedetolound.jpg
クソ真面目すぎてつまんないです(※面白いコメントをするコーナーではありません)
でも、loundrawさんがここまでブレイクするとは正直微塵も思っていませんでした。
それが最早時の人と言ってもいいくらいのクリエイターになって、この歳で個展まで開催することになるなんてなぁ……ぜひとも個展は行ってみたいですけど、流石に渋谷は遠すぎます。
せめて秋の祭典と開催期間が被っていたらよかったんですけどね。

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
10/10更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード