SheBet

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

・電波女と青春男『夏の日に』
マリオちゃんかわいすぎ問題。
久々のトーエだぁやったぁ!
これでJC or JKになった藍ちゃんが出て来れば文句なしでした。
一番良いふぇーを頼む。
電波女後日談は本当にはずれがないですね。
和みの極みとはまさにこのことでしょう。
10周年記念に期待が募るばかりであります!

☆入間さんからのコメント

はいこんにちは。書き出しが大体これだと思いました。
でも挨拶は大事ですからね。挨拶しなかった日って今までないんじゃないでしょうか。
それも何十年と経ったら分かりませんが。まぁそれも生きるってことですね。
関係ありませんが、以前に書いた少女妄想中はあるゲームの影響を受けてと書きました。
そのゲームのタイトルをメールで聞かれたので答えておくと「SeaBed」ってゲームです。
作中で示唆はされても明示はされないような謎を考えるのも楽しいお話ですよ。
更に関係ありませんが本のタイトルは聞かれたら私も考えて提案しますが、通ったり通らなかったりします。
通らなかった場合は最後かひとつ前の章タイトルに使っていることが多いです。
注目したりしなかったりしてください。
今週は海外出張的ななにかです。飛行機乗るのも久しぶりです。
がんばります。

挨拶しなかった日がないって地味にすごいことじゃないでしょうか。
挨拶は大事ってのもそうなんですけど、なにより当たり前に挨拶をする相手がいるということ。
それってすごく幸せなことだと思います。
金子みすゞさんじゃないですけど、「おはよう」っていうと「おはよう」って返してくれる人がいる、たったそれだけのことでその日も一日頑張れるもんなんですよきっと。
というわけで、今年こそ入間さんと挨拶したかったな! 残念だな!

少女妄想中。の元ネタ的ゲームの詳細待ってました! メールした方ぐっじょぶ!
というわけで、早速調べてみました。

RJ170840_img_main.jpg
過ぎ行く時はとてつもなく深い海の底に沈み続けている。
ときに浮かぶあの日の景色と匂いは揺れて泡のように消える。

心療クリニックの精神科医楢崎は、人がものを忘れる仕組みについて研究していた。
人はなぜ忘れるのか、大事なことを忘れない方法はあるのか。
彼女はある患者の心の奥深くを探るうちに、深い深い海の底へと辿り着く。

都内に事務所を構えるデザイナー佐知子は、取り憑かれたようにものを作り続ける。
同僚の心配も他所に、仕事を続けた彼女は心を病み過去の恋人の幻が見えるようになる。
彼女は恋人の跡を追って暗く長いトンネルを見つける。

療養所で暮らしている貴呼は、幼稚園からずっと一緒だった同性の恋人とどのように別れたのか思い出せない。
彼女は恋人に似た女性と出会い、徐々に思い出を取り戻していく。
記憶の扉を開き続けていく彼女は、最後に冷たく静かな部屋へと足を踏み入れる。

それぞれの目的の元、過去を求めさまよう三人が行きつく場所は何処か。
三つの物語は淡々とした日々の中で静かに進行し、やがて同じ場所へと還っていく。


・公式サイト:seabedprv
・販売ページ(DLsite):SeaBed

軽くサンプル見てみましたけど、かなり良さげな雰囲気でした。
なんと言ってもこのボリュームでこの値段はめちゃくちゃ安いです。
約文庫1冊分の値段で3冊分の文量ですからね。
まぁ、長けりゃいいってもんじゃないですし、重要なのは量より質ですから一概に買いだ! とは言えませんけど。
ただ、少女妄想中。が好きな人はすごく合いそうな雰囲気はすごく伝わってきます。
というわけで、早速購入したので、プレイというかリードしてみます。

注目したりしなかったりさせて頂きます。
その理屈でいくと『少女妄想中。』は『君を見つけて』が入間さん案だったのかな?
その前の『少女物語』は誰案だったんですかね? 気になります。
正直、妄想というワードがしっくりこなかったので個人的には『少女夢想中。』がよかったのではと思ったり思わなかったりしました。
夢想だと少し語感がよろしくありませんが。

海外出張お気をつけて。
私も最後まで悩みましたが、母と祖母の初盆の準備諸々があるので今回ばかりは無理でした。
非常に残念ですが、入間さんが万事無事に帰国されることを祈っています。

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード