電撃文庫MAGAZINE Vol.59 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.59の感想です。
denmaga59.jpg

・時の流れに浮かんで
ヤシロが主人公ということで、『きっと彼女は神様なんかじゃない』のヤシロではないかと予想していましたが、見事に外れました。
というわけで、初代ヤシロこと『電波女と青春男』のヤシロのお話でした。
そう来たかぁ、と思わされるエピソードでこういう系の話に弱い私には効果抜群でした。
ちょろっと木曽川やしまむらが出てくるので、各シリーズのファンも読みましょう、うん。

・『もうひとつの命』イラストレーター
『三日間の幸福』などを担当されたE9Lさんっぽい気がしていましたが、全然別の方でくろのくろさんという初めて聞く方でした。
調べてみるとなんとあの『神様の御用人』シリーズ(補足しておくと現在、MW文庫で1、2位を争うくらい売れているシリーズ)の方みたいです。
これは懸けてますね……!

新刊紹介で若干初出の部分がありました。

彼らの思いは複雑に絡み合い 罪と奇跡を呼び起こした――。

青春を生き迷う少年と少女たちの物語。

命をひとつ犠牲にして、君は何を願うの?

実は入間の間でも少し触れられていたのですが、あえてスルーしていたワード『少年と少女たち』ですよ。
つまり、今回は久々に本格的な群像劇かも? 俄然わくわくしてきたぞぉ!!

・あとがきがわりに……「今年最大の出来事」でひと言
な、なんだってーー!!!
誰よりも短い、たった一単語だというのにこの衝撃ときたら!!
遂に、遂に引っ越されたんですね、鎌倉県に……!!
引っ越すかもしれないと呟いてから少なくとも5年以上経ちますからね、やっぱりもう引っ越さないのかと思っていましたYO!
今年忙しいと仰っていた割には刊行数が少なかったのは、引っ越しで実生活自体が忙しいということだったんですね。
ファンにとっては正直寂しい10周年でしたが、入間さんにとっては生まれ育った土地から離れるという人生においてとてつもなく大きな出来事があり、それに加えて台湾への海外遠征へも行かれたりと激動の1年だったとは。
なんでもっと早く言ってくれないんですか! 水臭いじゃないですか!
というわけで、今年最後の更新ではどこらへんに越されたのかも含めて詳しくお願いしますよ入間さん。

となるとですよ、今後の作品は鎌倉県が舞台になる可能性も出てくるのでは?
ってか『もうひとつの命』のイラスト、海があるから岐阜じゃない→早速鎌倉県が舞台なのでは!?
改めてカバーイラスト見返してみると……
onemorelife
江ノ島っぽくない? ぽくないですか?(実際に行ったことはないので完全な脳内イメージですけど)
新たな舞台には胸躍るんですが、今までのキャラを登場させにくい=クロスオーバーが減るっていう難点があるのは辛いところです。
まぁ、鎌倉県に旅行に来るあいつやあの娘やあの人が見られる可能性が無限大に広がったとポジティブシンキングで乗り切るぜ!!

・電撃25周年記念 お祝い色紙企画
サイン本販売については前回触れましたが、イベント会場に展示されるお祝い色紙が公式HPにて全部公開されています。
実際に観に行くまでのお楽しみじゃないのかよ!

電撃25周年記念 お祝い色紙企画 | 電撃25周年公式サイト

・入間人間さん
shikishi_irumahitoma.jpg
ありがとうございます!!
これきっと先日誕生日を迎えたばかりの私に向けて書いてくれたんだと思います!! などと供述しており……
入間さん、普通に上手な字で書くようになりましたよね。
個人的に『お』の感じがすごく好きです。

・フライさん
shikishi_furai.jpg
びゅーちほっ!
やっぱり妹ちゃんの名前はひまわり以外ないと思います。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2017.12.09(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 発売カウントダウン!
yagasaya300
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム