IRUMAN 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

私から言えるのは


 失敗を恐れなければいけない、ということ。
 自分にとってはよくある一つのミスだとしても、相手にとってはその一度がすべてかもしれないのだ。
 失敗から学べることなど、機会を失うことに比べれば塵芥に過ぎない。
 だから、失敗に恐怖することが大事だ。
 怖がりながら、めいっぱい動くのだ。
 師(仮)として弟子(仮)に教えられることはそれくらいである。
 そしてよく見たら弟子希望はちゃんと賞を取っていました。
 ……まぁいいか。
 私は賞を取った人は内容など度外視してまず褒めないので、珍しさを感じてほしい。珍しいというのは、いいことだ。少なくとも私にとっては。
 そもそもその原稿自体は読んでないしね。
 ……実を言うと今回、本当はこういうことを書いていたのではない。
 去年だか二年前だかに起きた、腹の立った件について書いていたのだ。しかしそれは当然、誰かの悪評を招くし悪口にもなる。そいつらが悪いのは事実だし構わないのだが、そういうのはよくないな、うんとギリギリで思い直して無難なものにしました。やっぱり悪口や文句というのは本人に直接、届くように言わないと意味が薄い。
 だから誰にも届かないように言うと〇〇〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇は〇〇みたいな内容です。
 最後の二つ〇には今回の文章内で使われているなにかが入ります。
 ちょっぴり大人とかは関係ないです。
 透視できたら私と同じ脳を持っていることになります。なにそれ怖い。
 あと最近はグリッドマン観てます。ウルトラ怪獣とか好きだったので楽しいですね。
 それと先日、両親が散歩で山の方へ行ってきた帰りに苦無を拾ってきました。
 落とし物で困っている忍の方がいらっしゃいましたら、忍んでいるところ申し訳ありませんがご連絡お願いします。
 ……子供の頃のなくし物は、なんとなくいつまでも覚えているものですね。
 脈絡と益体のない話の終わりに宣伝しておくと、次回のマガジンには安達としまむらの短編が掲載されます。
 次は12年くらい続けてみようと思います。
 そこまであの雑誌が続いていればね。

おぉ、なんかすごく為になるアドバイスですね!
『失敗を恐れなければいけない』かぁ……入間さんは失敗を恐れずにチャレンジしまくっている気もしますけど、だからこそ至った境地だと考えるととても説得力がある、ような気がします。
残念ながら打ち切りになってしまった作品の数々も、怖がりながら、めいっぱいに動いた結果だったんですかね。
そして、『相手にとってはその一度がすべてかもしれない』という言葉通りに、多くのファンやファンになっていたかもしれない読者を失う結果に終わってしまったと。
現実は非情です。

弟子希望さんおめでとうございます!!
電撃小説大賞でいいのかな?
だとするともう発表されていますが、どの人でしょう?
なんとなくすごく若いイメージがありましたが、受賞者見るとそんなに飛び抜けて若い人いなかったので分かりませんでした……。
とりあえず一番若い(23歳)の成瀬唯さん(受賞作『鈍感主人公になれない俺の青春』)だと予想しておきます。

いるまんが受賞者を褒めるなんて明日は吹雪かな?
という冗談はさておき、そもそも褒めてなくない? どこらへんで褒めてます?
前回の『よく励んだものだな、と心から感心する。』のことでしょうか?
それとも、個別にお褒めの言葉を贈られたのかな?(羨ましいっ!!)

『〇〇〇〇〇〇〇〇と〇〇〇〇は〇〇みたいな内容です。』
 イラストレーターと担当編集は塵芥みたいな内容です。

生憎と透視能力は持ち合わせていませんが、入間さんが関わる相手を考えるとこれしかないでしょう。
固有名詞が入る可能性もありますが(特に○4つの方)、ほぼ同じ内容になるのではないでしょうか。
最後の○○は文章内で使われているなにかということなので、塵芥で間違いないと思います。
最初『機会を失うことに比べれば塵芥に過ぎない。』という言い回しがやや強引に感じましたが、この部分を読んで得心がいきました。
ところで、この内容を掲載しているということはもう入間の間は完全に担当編集ノータッチってことなんですね……。
出版社が運営している公式HPを作家に丸投げするという職務放棄を晒して恥はないんですか?
チェックしてこれをOKしてるなら正真正銘無能だし、本当に救いようがありません。

グリッドマン最近面白いと話題になってますよね。
今期未だに何も観ていないので観てみようかな、と思います。
クナイが落ちてるのも面白いですが、父間さん何拾ってきてるんですか笑
で、笑い話かと思ったら急に子供の頃のなくし物とか意味深なことを言い出す入間さん……私、気になります!

電マガギネス記録更新宣言キタコレ!!
いるまんの記録更新のためにも電マガには続いてもらわねば!!

入間の一問一答の感想はまたのちほど。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2018.10.25(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 発売カウントダウン!
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム