セブン(ティーン)&イレブン いい気分♪

電撃文庫HPにて9月10日発売予定『海のカナリア』のカバーイラスト&あらすじが公開されました。

◆海のカナリア
siroiruka
著者:入間 人間 イラスト:つくぐ

外と断絶した、閉じた夏休み。そこに、ぼくたちは生きていた。

 近所に住む小5女子の城ヶ崎君は、朝から鯨を見に海へ行こうと誘ってくる、行動力だけで生きているような少女だ。そんな彼女に言われるがまま、一緒に海へ向かう高2のぼく。11歳と17歳、恋愛、ではないと思う。2人で過ごすいつもの夏の水曜日。こんな穏やかな日々がずっと続けばいいのに──。

 夏の朝、目が覚めたらいつものように鏡の前で情報整理。「海野幸、十七歳、性別女性、二年C組、両親は健在──」顔にかかる髪を払い、ぼくを私に切り替える。曜日を確かめると水曜日。さぁ、今回も三日くらいがんばろう──。

 そして城ヶ崎さんは宣言する。「この世界を破壊したい」と。
 閉ざされた海辺の街で、ぼくと彼女は今日も出会う。

まずはイラストについて。
全然心配していなかったというかむしろ期待しかしていませんでしたが、期待以上に素晴らしい出来映えでした。
『世界の終わりの庭で』もびゅーちほでしたが、こちらも負けず劣らずびゅーちほでつくぐさんへの信頼度が留まるところを知りません。
ただ、『世界の終わりの庭で』は最初に公開されたイラストと実際のカバーイラストとで大分イメージが変わってしまって(遠景で背景メインな感じだったのが、かなりカメラを寄せ人物メインなデザインになっていた)少しがっかりしたので、今回は是非ともこのテイストを損なわないようデザインしてほしいなーと思います。

あらすじにある『外と断絶した、閉じた夏休み。』というイメージがしっかりとイラストに反映されているのがもう本当に良き。
夏。だけど、どこか仄暗い、ぼくたちの世界。みたいな。
あと、一番エモいのは一見イラストには2人しか描かれていないのだけど、2人の視線の先に明らかに3人目がいて、その3人目が誰なのか? っていう想像の余地があるところなんですよ。
もちろん、これは発売前の話で、発売後というより読了後は「ああ、3人目は○○だったのか……」と表紙を見返して余韻に浸れること間違いなしでしょう。
いわゆる“描かないことで描く”テクニックってやつが最高に好きなので、今回のイラストは個人的にめちゃくちゃ気に入りました。
このテクニックは特に小説で重要だと思っていますが、こうしてイラストでも発揮できる人はすげぇなすごいです。
あとあと、表紙に男がいるのは一体いつ以来でしょうね?
……とゆーわけで調べてみたところ、『ぼくらの16bit戦争』以来でした。
16bit01.jpg
これが出たのが2016年10月なので約3年振りになります。
とはいえ、そもそも男が表紙にいる作品自体かなり希少なんですけど。

やっとこさ、あらすじについて。
ほぼ第一話の内容をぎゅっとまとめてあるだけかと思いきや、城ヶ崎“さん”!?ってどゆこと??
かーなーり誤字の可能性が高そう(その場合は考察とか無駄骨過ぎますし、編集にさんを付けるなデコ助野郎ォ!って叫びたい)ですが、そうではないとすると、城ヶ崎さんって誰ぞ? という展開になってきます。
でも、こんなワールドクラッシャーが2人もいる世界ってある? しかも同じ名字。
であるならば、やはり城ヶ崎君と城ヶ崎さんは同一人物だと考えるのが妥当。
つまり、ぼくと同い年もしくは歳上になった城ヶ崎君を僕は城ヶ崎さんと呼んでいる説が一つ。
それから、第三話ラストでうみゆきの元を訪れた“彼”が城ヶ崎さんである、という説。
ただこれは次の一文と全く繋がらないので多分違いますね。
というわけで、色々考えては見ましたが、今の所、誤字である可能性が濃厚だと思います。

『海のカナリア』は『少女妄想中。』の『銀の手は消えない』みたいな話だ(と思ってる)からまたふわふわしててようわからんって感想が蔓延りそうですけど、夢の話書かせたら右に出るものはいない(当社比)いるまんのまるごと一冊夢小説なんて楽しみでしかないっしょ!! とテンション爆アゲな一方、“そこに、ぼくたちは生きていた。”ここが過去形なのがなんとも物寂しくて、本作の終わり方もなんとなく想像がついてしまって、今から既にちょっと切なかったりもします(気が早すぎる)
久々の300P超えの大ボリュームで贈る、待望のロリコンミーツロリボーイミーツガール『海のカナリア』、どのくらいオススメかと言うと……カナリヤ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [入間人間] | 2019.08.10(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 発売カウントダウン!
 入間人間著作一覧
 最新記事
 最新コメント
 FC2カウンター
 検索フォーム