あの紙ヒコーキ くもり空わって

今更感想シリーズ第八弾。
電撃文庫MAGAZINE Vol.10掲載の電撃作家スペシャルインタビュー『そこまでぶっちゃけていいんですか!?』 時雨沢恵一×入間人間の感想です。
今回は方言でお送りしたいんですけど、ぶっちゃけ何が方言で何が方言じゃないのか分かっていない状態、正直自分はバリバリ標準語だと思ってるんですけど、まぁそんなわけなので喋り言葉でいこうかと。
いわゆる一つの独り言です。







まず、自分は時雨沢さんの作品読んだことないんだよね。
キノの存在くらいは知ってたけど、どんな話なのかも全く知らないし、全く興味がなかった。
だから時雨沢さんのことなんて知る由もなかったけど、この対談読んで少し好きになった。

で、内容内容。

Q.経歴とか自己紹介お願いしたいなーなんて
経歴ね、うん。
生まれたあたりから語って欲しかったな!な!いるまん!
実は逆子で大変だったとかさ!生後何グラムだったとかさ!
自重?糞くらえだっつの!
最初の三人だけ見てそのまま放置なところもらしくて悶えるけどさ、最終選考に残ったって連絡もらって大賞取った気でいたっているまん自信家!
そんなところ大好き。
自分もかなり自信家なんででら気持ち分かるわ。
試験とか受けてもこれ絶対受かったな、とか対して出来てもないくせに自信満々だし。
いや、それとこれとは違うか。でも似てるっちゃー似てるよね。
んで、落ちたって言われてちょっと腹立ったって。嘘でしょ、ちょっとじゃねーでしょ。煮えくりかえったっしょ。それは言い過ぎか。いやでもちょっとではないことは色んな発言からも明々白々。って明々白々なんて口に出して言うことなんかねーな。不自然。まーしゃーない。
んで、いるまん拾ったひと偉い。英断。金の卵を産むニワトリゲットじゃん。安泰。
脱線するけど、自分とこで「えらい」って言うとこの意味と「しんどい」みたいな意味がある。
ん?しんどいも方言だったりすんのかな?ま、いっか。

Q.最終選考に残りつつも、受賞出来なかったことでこういうことがあったとか、学べたこととかある?
時雨沢さんの話シビア、でらシビア。重い重い。
それに対しているまん、復讐してやるってあんたwww言いづらいはずなのに大太字になっちゃってるしw
Q.誰に?
落とした方々に。
逃げて!選考委員の方々ダッシュダッシュ!食われる食われる!殺られるって!
いるまんしっかり調べたりなんかしちゃって激励賞……(´・ω・`)とかってそんなにおまえら、俺のこと嫌いかよって(笑)
笑いごとじゃねーんだよ!自虐ってんじゃねーかいるまん!どえりゃー可哀想だがん。
でも、くそっ!くそっ!なんだよ、なんなんだよ!この、この可愛いいるまんはよぉっ!かわいるまんか!
そんなに俺に賞を与えるのが嫌かって思いました(笑)。
どぅあーくぅあーるぅぁああああああああ!!!笑いごとじゃねーつってんだろーg(ry
ディスプレイに罅入っただろーが弁償しろ!
でもそれをバネに頑張るいるまんマジ尊敬。

いるまんのキーボードのHが外れてんだよねって話。
今読んだら、いるまんはホーマーのHは担当出来んよなーとかそんなこと思った。
ものを大事にするいるまんマジ良い人。

時雨沢さんが選考委員になった話。
確かに今電撃で活躍してる人って賞獲ってない人の方が多い。
てか圧倒的に多いよな。
大賞獲って活躍してる人ってパッと出てくるのアクセルワールドの人くらいじゃん?読んだことねーけど。
よくよく考えるともしいるまんが大賞とか獲ってたら自分読んでなかっただろーから、選考委員のお偉い方マジグッジョブ。

(司会者の視線を受けて)えっ、俺はやってませんよ選考委員。
爆笑したwwwわかっとるちゅーにw
一生回って来ないだろーて、自覚しとるけど、わからんよね。何があるかわからん。
もし、選考委員をやることになったらって話題で、紙飛行機審査法をかなりプッシュし過ぎ。
どんだけ紙ヒコーキ飛ばしたいんだよ。いや、わっかるけどさー。
いやでも、その採点方式だったら自分でもいけるんじゃね、とか思ったけど、最終選考まで残るのがまず無理じゃん(遅)。

お互いの作品についてべちゃくちゃ。
いるまんはキノの雪山で人肉食う話が好きらしい。
なんで、二巻くらいまでは読んでみよーかなー。
時雨沢さんはみーまーより電春派で女々はだってさ。年が近いから、だって。
怖いの嫌い、痛いのは平気、お化けは平気、怖いのはナイフ持ってるやつとか金属バット振り回してるやつとか。
でら現実的。ってかそれなんてにもうと。
パロネタに関しては書いてたら自然と入ってくるんだって。自然に。ナチュラルパロディっつーあれか、そうか。
全部分かる人はいねーだろ、うん。いたら会ってみたい。ごめん、嘘。別に会いたくはない。

Q.お二人は女性人気が高くてですね、そこんとこどーなん?
いるまんwww
この返答にはいるまん成分が凝縮されてんな、ほんと。
女子がいっぱい、嬉しーよ!素直に喜ばな。
ファンレター都道府県全部制覇しよう
いるまんそういうとこほんと少年の心満載でいいね。
やっぱ男だったらコンプリート目指さんとね。
なんてーか、一人でポケモン図鑑完成はデフォだよね、デフォ。ヤドンは進化させんといかんけど。
愛知県に一人、熱狂的なファンがおるらしい。会ってみたいな。うん、今度は本当。
この人が8巻の依頼主のモデルなんじゃ?とかも思ってて、そうだったらこの人嬉しーだろーな。てかでら羨ましい。
岐阜生まれ岐阜育ちだけど、名古屋も地元なんだって!やったね!ジモティー歓喜!

香港でサイン会やったときも女の子多くて中にはスーパーサイヤ人がいたとか自分も行きたかった!
まるごといるまんの一問一答にもあったけど、ここでAMWの社長さんとメル友になったわけか。
この部分、中々友達が出来なかった子がやっと出来た友達のことをお母さんに嬉々として報告してる場面みたいで可愛いんだけど、どうしよう……完全に末期だな。まぁ、望むところだが。

Q.また行きませんか、と言われたら?
あはははは。サワヤカいるまん。
ここであとがき代わりに「思い出のイベント」で一言。について一言。
日本の文化を広めるお仕事ですか
うん、そう。そのとーり。異文化コミュニケーションっつーやつやね。

今は仕事が大変で行けない、今一日に二十時間ぐらい書いてるので行きたくない。
いや、それ行きたくない以前に行けないから。物理的に無理がある。
身体壊したら元も子もないんで本当、お願いしますよ、とこれを読んだ当時は思ったもんだけど、今はなんだかんだ余裕ありそうでアイシンクアンシン。
あと、もう薄々、嘘、厚々気付いてたけど、この司会者って絶対三木さんだよな、どー考えても。
(この子ったら)毎月出すっていうんです。
とか、なんかお母さんみたいだな。

いるまんの反骨精神こそがマイジャスティス。
てか、やっぱり今でも賞欲しいよね
もしかしたら、次回の電撃大賞に入ってるかもわからんなー、と思ってたけど、そんな暇はないみたいなんだよな。
でも、いるまんならホントにやりそうな気がするわ。
まぁ、名前違っても読んだら一発でばれると思うけど。
あ、でも審査員の方々が入間作品未読者ならいけるかも。
頑張れいるまん。
んで、だからどんだけ紙飛行機式をプッシュするのか。面白そーだけどさー。

MW文庫から出す新作についての話になるけど、二人ともひ・み・つと言い張る。
時雨沢さんは絵本を画策してたんだよね、この時。
んで一方のいるまんは夢うつつで書いたやつだから言えない、と。
これがおそらくあの幻の名作になるはずだった『傷跡コミュニティ』なんかな?読みたかったぜ。
メディアワークス文庫でシリーズものを書くとしたら、スタンドの出ない『ジョジョ』的なものを書こうかなとは思っています。
なにそれでららら読みてーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
待ってっから!来世までだろーと待ってっから!いつか書いてくださいお願いします!

いや、もしかしたらボツになる。俺がする。自ボツです。
―――時雨沢さん聞いて下さいよ、入間さんって自分ボツして、テキスト捨てちゃうんですよ。
もったいねーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!
いや、そういう潔さに惚れてるのも事実なんだけど、もったいないお化け出てくる、基本貧乏性なんだよ悪かったな!!
テキストデータでいっぱいになっちゃうってどんなパソコン使ってんだよ。
ネットにも繋いでないし、容量食う要素も何もないだろーし。
ほんと、USBメモリプレゼントしてゴミ箱として使ってもらって、一定期間ごとに新しいのと交換に古いやつ返してもらったり出来んかなぁ……
もう十分、キーボードのHがないことは分かったから、もういいから。


ってわけでね、っんもうサイッッコーーに面白かった。これ以上ない俺得企画だった。
イルマニティー溢れる、幸せ凝縮4ページ。
またやって☆ー、……変換したらこうなったからこのままにしとこ。

対談を終えて、いるまんはどうあっても最後までいるまん。
時雨沢さんが言ってる通り、編集部はなぜこの二人を対談させたのか。
まぁ、どんな理由、意図があったにしろ、自分はただGJということしか出来ん。
それは歴史が証明してくれる、ってことなんでこれからも一挙手一刀足見守ってかねーと。

Leave a comment

Private :

Comments

No title
おぉ、名古屋弁ですか!
天野寂さんの方言記事すごく拝見したかったです。
私の友人にも愛知県出身の人がいるので、「でら」とかは馴染みがあります。
ちなみに「しんどい」の意味の「えらい」も方便だと思いますよ。近畿の方ではそういう意味で使ったりします。ちなみに私の地元ではそのまま「偉い」として使います。

「電撃作家スペシャルインタビュー『そこまでぶっちゃけていいんですか!?』 時雨沢恵一×入間人間」御馳走様です!!
詳細が知りたくて仕方がなかったんですよ。
入間先生のインタビュー内容に目から鱗ですね。
あぁ、いるまんがいるまんいるまんしてているまんがいっぱいでいるまってるー!
『かわいるまん』に私も一票! あ、流行語大賞ですかそうですか。
そういえば、『いるまん』を使ったのは初めてです。

作家を目指している私としても、紙ヒコーキ審査法に期待が湧きますね。
そりゃもちろん、最終審査まで残るつもりですよ。作家を目指すんだったらそれぐらいの気概を持たないと。弱気になっちゃだめです。……私ならできる。……きっと……たぶん……。
あぁでも、賞に選ばれない方がいいのかな。そしたら天野寂さんに読んでもらえますからw

相変わらず入間愛たっぷりの面白い記事ありがとうございました。
Posted at 2010.07.06 (00:36) by つかボン (URL) | [編集]
No title
名古屋弁、ご馳走様です。
何故かあまり違和感ありませんでした。ふしぎー。
何となく意味はわかるので親しみやすいですね。

入間さんと時雨沢さんのインタビューなんてあったのですね。
読んでみたいです。
でもさすがにもう手に入らないですよね。
こうなったら隣町の図書館に置いてある電撃MAGAZINEを借りてくるしかない。

天野さんの記事からでもほとばしる入間さんの可愛らしさ。
『復讐してやる』のくだりには笑いました。

キノの旅は一言で言うとTHEあとがき。
むしろ本編があとがきなんじゃないかってくらい力を入れてますね。
勿論、本編である物語も面白いですよ。
是非ともあとがき・・・じゃなかった。キノの旅読んでみて下さい。
Posted at 2010.07.06 (22:26) by 半熟タマゴ (URL) | [編集]
確かに東京の方ではしんどいことをえらいって言わないらしいですね。
最近の口癖ナンバーワンなんだけどなあ。

名古屋も地元ですか!!嬉しいなあ。それは。
Posted at 2010.07.06 (23:17) by 香音 (URL) | [編集]
Re:つかボンさん
生粋の名古屋弁ではないと思いますけど、一応名古屋弁使いのはしくれとして頑張ってみました。
「でら」はかなりしょっちゅう使います。最近は専ら「でらあちぃー」が蔓延してます。
やっぱりそうですよね。でも、じゃあ他の人は「えらい」ときなんて言うんだろう?と結構不思議に思います。
でも、こっちで「あの人えらそうじゃない?」とか言うとややこしくなったりもしますね。

本当にこの対談は最っ高に面白かったです。
初読時は、感いるまって涙が浮かんだほどでした。
『かわいるまん』イケますかね?流行語大賞取っちゃいますかね?
いやでも、まだまだ新語を編み出していこうと思うので、早計は禁物です。
つかボンさんもついに『いるまん』呼び仲間ですね。その調子です!

飛びやすい紙で送らなきゃ、ですね。
それかもうオリジナル紙飛行機を同封しておくか……それは流石に反則ですね。
自分の場合は意味もなく自信満々なんで、その点は心配無用なのが救い、なんでしょうか?
「人間というのは、自分が望んでいる以上のものには絶対にならない」
↑は敬愛する森博嗣さんの言葉です。
つかボンさんも「俺なら絶対できる!絶対にだ!」ぐらいの強気で攻めていっていいと思いますよ。
そうですねw受賞はしない方が読む気になります……いや、嘘ですよ?
流石につかボンさんが受賞されたらちゃんと読ませて頂きますとも。

そう言って頂けると書いた甲斐があります。ありがとうございます。
Posted at 2010.07.07 (00:07) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re:半熟タマゴさん
違和感なかったとゆーことは、半熟さんは今から名古屋に住むことになっても大丈夫そうですね。
名古屋はいいとこなんで、機会があれば是非いらしてください。
地下鉄とかみーまーキャラがわんさかいるんで、それだけでもファンなら楽しめると思います。

そうですね、古本屋を巡るかヤフオクとかじゃないと無理だと思います。
え?電マガが置いてある図書館なんてあるんですか?
それはなんだかすっごい羨ましいような……

いるまんの可愛さは無限大です。
そこはもう抱腹絶倒ポイントでしたから。お腹が三周くらい捩れました。

そうなんですか。THEあとがき、ですか。
じゃあ立ち読みであとがきだけ読んでみようかな。
本編もきちんと読んでみようと思います。
とりあえず、件の2巻まではトライしてみます。
Posted at 2010.07.07 (00:31) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re:香音さん
東京人はえらいときなんて言うんでしょうね。
いや、「しんどい」って言うんでしょうけど、やっぱ「えらい」の方がしっくりきます。
自分も「あーえら」とか「えっれー」とかかなり多様するなぁ。

嬉しいですよね!!名古屋に生まれてホント良かったです!!
Posted at 2010.07.07 (00:39) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード