映画だ わっしょい!!

暑いですね、超暑いです。
もうなんか腹立ってきたので、思い切ってTOPに自絵を飾ってみました。
普通はもっと横長な気がしますが、描き始めた時はなんにも考えてなかった結果です。
こんなに暑いのになんで長袖ブレザーなんだよ!と見てるだけで暑苦しく感じますけど、それには理由があって、かくかくしかじかなわけです。
一巻を読んだ時、マユが真夏にも長袖なのは昔の傷が残っているのを隠す為(もちろん、それだけではありませんが)だと思っていて、まぁ今も思っているんですけど、最近結構露出している腕なんかもすごく綺麗でいらっしゃいますよね。
白桃のような肩には傷一つないってあっきゅんも見とれてましたし、あんまりイラストでリアルに再現してもちょっとアレですもんね。
でも、挿絵まーちゃんの太腿にちゃんと傷跡が描いてあったのを見たとき、「ああ、この人には一生ついていこう」と思ったものです。
あれから、2年未だにその気持ちは揺るぎません。

前置きながいですね、見苦しい息苦しい暑苦しいの三重苦。

ちゅーわけで実は、他にも色々バージョンがあったりしますので御紹介。
まだかなーオムライス600
題字は『PN.みーくんのお嫁さん(女子高生・19歳・岐阜県)』さんにケチャップで書いて頂きました。
PN.みーくんのお嫁さん、ありがとうございました。

はい、というわけで、なんと下の黄色いものはオムライスだったことが判明しました。
美味しそうですけど、なんか食べるのが勿体無いです。
記念に飾っといたら、半日で腐りました……。

実はこれが初期案。
まだかなーsy600
題字は『PN.岐阜の浴衣伝道師(作家・24歳・岐阜県)』さんに書いて頂きました。
PN.岐阜の浴衣伝道師さん、ありがとうございました。

これかなり気に入っているんですけど、流石にTOP絵に裸はまずいかなって思いまして。
まぁ、全然エロくないんで大丈夫だとは思ったんですけど。
というかエロい絵ってどうすれば描けるんでしょうか。ムヅカシイ……。
ちなみにこの絵は別にエロくしようって書いたわけではアリマセン。
涼しい絵が描きたかったんです。

※筆者は暑さのせいで妄想と現実の区別がついてない箇所がありますので、くれぐれも丸のみしないように注意が必要です。ですが、これでも筆者は幸せですので、そっと暖かい目で見守ってやってくださいまし。


では続きから、『茹ったテンションでみーまーSSを書いてみた』をどうぞ。





「みーくんみーくん!」

どたどたどたと三半規管が夏休みな足取りでマユがこちらへ駆け寄ってくる。

どうやら我らがヒロイン、御園マユに「すててて」との縁はないようである。いや、こっちの話ね。

「どしたまーちゃん?それとみーくんは一回っていつも言っ「あのねあのねまーちゃん、映画館でおデートしたいのです!」

「えっと、それは前にダメって言ったような」

ん?デジャヴ?前にもあったよな、こんなやり取り。

「なにぃー?みーくんまだ暗い所怖いの治ってないのきゃー」

あ、噛んだのかな今の。

というかトラウマさんコンニチワなのはマユさんの方だというのに、まだ在らぬ誤解が組んず解れつぐーるぐるではないか。

なんと答えたものかと第○回脳内サミットを開催していると、

「でも今度はダメです!ダメダメなのです!ちゃんと学校もお休みだって、まーちゃんもう調べはついているのです!」

「いやでも、映画館はやっぱり、ちょっと……」

「むー、この期に及んで駄々こねるなんておーじょーぎわが悪いですぞみーくん!」

やまびこさんに御登場願いたい。さんはい、りぴーとあふたーみーくん。

「分かった。デートしよう。それで、まーちゃんの好きなこと全部しよう。でも、映画館だけは無し、はダメかな?」

「どぅわぁーっめっ!!絶対に映画観るの手繋ぐのポップコーンはむはむするの!!」

ざわざわ森の恐竜少女もかくや、といった頑固っぷりである。これは一筋縄ではいきそうにない。

「何か、理由ってある?」

「あるに決まっとるわー!!」

おお、まーちゃん姫がさらにおキレになられた。

ついでに、台詞に追随したマユのおみ足キックが脛とかに当たって超痛いってのも付け足しておこう。

「ほら!これ!この映画を観るの!」

何度も何度も見返していることが一目で分かる程手垢に塗れた雑誌の切り抜きらしきものを取り出し、掲げるマユ。

「……………………………………………」

その記事によるとどうやら、とある作家の代表作、その実写映画化ということらしい。

あらすじはどこかで聞いたことのあるストーリーで、別段興味を惹かれるようなものでもない。

端の方に小さくこの小説家のプロフィールが掲載されている。

……要約すると『いつも浴衣を着ているヘンテコ作家』と書かれているのを読んで、若干心当たりがあるような気もしたが、二秒で勘違いだと決めつけた。

まぁ、大体の状況は把握できた。

といっても念の為、本人に確認しておくのも偶にはいいかもしれない。

僕たちがいくら恋人同士だって言ったって、万が一思い違いをしているとも限らないし。

「えっと、まーちゃんはどうしてこの映画が観たいの?」

「みーくんそんなこともわからないのかー!みーくん失格ですな!」

今にも語尾にプンプンと付きかねない勢いで憤るマユ。プソプソは不可。

何気に後半のは結構グサッと来た。ダメージでかい。

「うん、分からないんだ。こんな僕に正解を教えてください、まーちゃん先生」

「んにゅ、先生?ま、まったくしょーがないなーみーくんは。困ったちゃんですなー」

先生呼ばわりがお気に召したのか、僅かに機嫌を直した御様子。

一方、時を同じくしてバカップルの片割れは、まーちゃんはやっぱりめんこいなぁと惚れ直していたという嘘だけどまーちゃんがめんこいのは本当。

「そんなのタイトルに『みーくん』ってついてるからに決まってるでしょっ!」

「なるほどー」

分かってたけどね。タイトルを目にした瞬間、ファイナルアンサーも可能だった。

まーちゃんがみーくん以外に関心を持つはずがない。

こんな基本問題、今更出さないでくれよ恥ずかしい。

「分かったら、早く準備しなさい!」

四十秒では無理そうだから、早々に諦めてもう一度、記事に目を通す。

「暗い所怖くってもまーちゃんお姉さんが一緒にいてあげるから安心しなさい!おててもずっと繋いでてあげますからねー。おねえさんにぜーんぶ任せてればだいじょーぶ!」

本人とは打って変わって自己主張の控えめな胸を限界まで張って、保護者っぷりをアピールしてきた。

何度か熟読し、間違いなく確認し終わったので一度、目を瞑る。

んー、どうしたもんかな。

これ、公開するの来年じゃないか。

































その後、そんなの関係ないの!行くったら行くの!みーくんも一緒に!と一向に引く様子のないマユを宥めながら、来年までにはどうにか何か別のもので気を逸らせるだろうと日和る結論に
至った。

まぁ、少し経ってDVDが出たら明るいリビングで一緒に鑑賞すればいい。

ソファの上だって手は繋げるし、ポープコーンも頬ばれる。ほら、完璧じゃないか。

だけど、この家にはレコーダーが無いから、それまでにバイトでもして買わないといけないなぁ。

でもバイト、バイトねぇ。

……僕でも働けるところはあるのだろうか。

ウォーミングアップを終え、キレの増したマユの三度目の頭突きに意識を奪われる寸前、僕はそんなことを考えていた。

Leave a comment

Private :

Comments

前回の返信コメ、名前の気づかいありがとうございます。
トップ絵にびっくりしてたりしていたら西尾維新の新作がでてました。
月一冊に読めばいい、とかいってくれましたけですみません。週二冊ペースで読んでます。そういえばこの前二冊みーまーを買いました。お金が危ないです。
文章のほうは天野さんがいかにもかきそうな内容なはなしだったようなきがしなくなかったりしなかったり、、
塾で寒がってた結果頭痛がやばい人間より。
Posted at 2010.08.02 (17:04) by 首吊り(偽名) (URL) | [編集]
わーお! でっかいまーちゃんだー! なんてブログを覗いてすぐにテンションが上がっちゃいました。
それにしても見事な自絵ですな。
文庫の裏表紙を模した無数のみーくんの列挙やら、ポップな入間人間という文字。そして何より、虚ろな眼差しで微かな微笑をたたえるまーちゃんがたまらんです。
夏の暑さとは怖い怖い。こんな名画を生み出すとは。……という賞賛の言葉はさすがに大袈裟すぎますかね?
とはいえ、本当に素晴らしいと思います。以前の多摩湖さんも好きでしたが、やっぱりまーちゃんですね。
個人的には『PN.みーくんのお嫁さん(女子高生・19歳・岐阜県)』が題字を務めた二つ目が好きです。『入間人間』の『間』がハートなのがグッドです!

『茹ったテンションでみーまーSSを書いてみた』も読ませていただきました。
さすが天野寂さんですね。よくみーまーを読みこんでいらっしゃる。まさか自分達の映画ネタを引っ張ってくるとは。
茹ったテンションというだけあって、遊び心満載でしたね。非常に面白かったです。
今後もちょくちょく読みたいです。

追記。
またもや失礼。イラストの文字は「入間人間」ではなく、「入門人間」でしたね。
どうやら私も茹るような暑さに頭が目がボイルされているようです。
Posted at 2010.08.03 (00:25) by つかボン (URL) | [編集]
Re:首吊り(偽名)さん
いえいえ、首吊りさんがあの名前で活躍される日を楽しみにしてますよ。
びっくりして貰えたなら、頑張って描いた甲斐がありました。
西尾さんの新作っていうと、猫物語ですよね。
それはまだ読んでないですけど、化傷偽は読んだことあります。図書館レンタル。講談社BOXはちょっと高すぎます。お金も危なくなろうというものです。
週二冊ですか、結構読んでますね。
まぁ、息抜きも大切です、週二冊くらいどうってことありませんよ……多分。
なんだか後半大丈夫じゃないような気がしなかったりしなかったりしますが、大丈夫でしょうか?
以上、塾とかって無駄に冷房強いですから、かえって身体壊しやすかったりするので強がるのもほどほどに御自愛くださいと言うのが遅すぎる人間がお送りしました。
Posted at 2010.08.03 (00:47) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re:つかボンさん
でっかいまーちゃんです。けど、原寸はなんと3400×2500というバカみたいな特大サイズです。
顔だけで画面一杯です。
ちょっと大袈裟な気もしますけど、褒められると超嬉しいです。
基本、単純人間なので煽てときゃ大抵は喜びの舞踊ってます。
絵はちゃんと涼しい環境で描きました、文章はあっつい中で書き散らしたのでこの有様だったりします。
PN.みーくんのお嫁さんの題字いいですよね!ハートなところがとってもキュート!
つかボンさんにも気に言って頂けたようなので、気まぐれにtop絵をコロコロ変えていこうと思います。

もし、みーくん達が映画館行こうと思っても行けないんだろーなーとミ゛ーン゛ミ゛ーン゛という蝉の声と朦朧とする意識を遠くにやりながらぼーっとする頭で考えたのがきっかけでした。
今後もちょくちょく書いていきたいです。
Posted at 2010.08.03 (01:04) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード